鼻ニキビでお困りの人へ 8つのポイントと役立つ対策|ニキビット
ホーム >> ニキビコラム >> 思春期ニキビ >> 鼻ニキビでお困りの人へ 8つのポイントと役立つ対策
更新日 2018.8.11

鼻ニキビでお困りの人へ 8つのポイントと役立つ対策

ニキビには様々な種類がありますが、それらの中でも鼻ニキビができてしまうと年齢に関係なく困ってしまうのではないでしょうか?

特に女性の場合には明日からの仕事や数日後に控えた彼とのデートも、少し躊躇してしまうかもしれません。

このような鼻ニキビで困らないためのポイントや役立つ情報をご紹介させて頂きます。

今夜からでもぜひ実践してみてくださいね!

ニキビの種類や症状にはどんなものがある? 

ニキビの画像

鼻ニキビなどについて、改善できそうな役立つ情報を模索している人は、世の中に多いかもしれません。

体質的に皮脂の過剰分泌傾向がある場合には、ニキビを引き起こしやすいですね。

初期段階ではまず皮脂による毛穴の詰まりなどがあります。

さらに毛穴へ膿が溜まるレベルまで進行すると炎症ということになるでしょうか。

こういった肌トラブルは非常に辛いものがあると思います。

まずはじめに炎症を起こす前のニキビについて、いくつかご紹介させて頂きましょう。

参考になさって下さい。

「微小面ぽう」というニキビを耳にされたことはあるでしょうか。

こちらはあまり目立たないため、目で確認するのは難しい場合もありますね。

ちなみにニキビのレベルとしては、皮脂や角質の詰まり始めということです。

次に紹介するのは「白ニキビ」ですが、こちらは「微小面ぽう」と比べると目視しやすい状態だそうです。

「微小面ぽう」より症状がレベルアップしたもので、毛穴のアクネ菌が増殖されることにより症状が進行するわけですね。

あわせて「黒ニキビ」という症状もありますが、こちらの場合は皮脂が空気に触れて酸化することで、毛穴から分泌された皮脂が黒く変化する症状だそうです。

炎症を起こす前のニキビレベルとしてはマックスの状態でしょう。

鼻ニキビなどご注意下さい。

それでは炎症を起こしてしまった後のニキビには、どのような種類があるのでしょうか。

まずはじめに「赤ニキビ」があります。

一般的によく見られる赤く腫れあがった状態ですね。

毛穴でアクネ菌が増殖することで引き起こします。

次に紹介するのは「黄ニキビ」ですが、膿が黄色い色をしていることからこのような名前になったそうです。

先ほどの「赤ニキビ」が進行して引き起こす症状でしょう。

こちらの場合は見た目もめだつので、できれば避けたいですよね。

参考:顔に目立つ赤ニキビ、効果のある薬は?

あわせて色素沈着を起こすことにより、「黄ニキビ」になるとニキビ跡の確率もアップしてしまうということです。

また真皮にもダメージが大きくなり、クレーター肌になる可能性も高いそうです。

最後にご紹介する「紫ニキビ」ですが、最もニキビ跡を引き起こす可能性が高い症状になります。

「ゴリゴリ」した感覚が触れると自覚できるでしょう。

こちらは「膿」と「血液」が毛穴の奥で固まってしまう症状です。

鼻ニキビなどで発症すると辛いのでお気をつけ下さい。

以上、ニキビの種類や症状について、炎症を起こす前後に分けた情報をお伝えさせて頂きました。

役立ちそうな情報は見つかりましたでしょうか。

炎症で悩んだりニキビ跡を作らないためにも、できそうなことからお試し下さい。

ニキビと紫外線の関係について 

鼻ニキビなどを引き起こすと少しでも早く症状を改善したいので、様々な方法を取り入れる人もおられると思います。

こういったニキビと紫外線とは何らかの関係があるようですね。

ニキビに効果的な紫外線対策についてご紹介しましょう。

まずはじめにニキビができる前のUV対策は当然必要ですが、ニキビができてしまった状態でも紫外線はガードする必要があります。

「ニキビができている上からUVケアクリームを塗るのは少し抵抗あるかも!」という人もいるでしょう。

ちなみに「皮膚の過角化」という現象をご存知でしょうか。

UV対策が全くされていない私たちの皮膚は、肌を守ろうという防御反応が起こります。

この時に皮膚は厚く硬い状態へ変化し、結果としてニキビを増やしてしまうそうですね。

ご注意下さい。

あわせて鼻ニキビなどの改善以外にも美容効果を高めるために、ピーリングを取り入れている場合には留意すべき点があります。

それはピーリングをすることで、皮膚がダメージを受けやすい状態になりますので、特に念入りなUVケアをお願いします。

例えば鼻ニキビで悩んでいる人の中でも、毛穴対策はパーフェクトに近い状態なのに、UVケアが全くゼロだったという場合もあると思います。

鼻ニキビがある状態でも安心なUVケア商品をここでご紹介しましょう。

参考になさって下さいね。

まずはじめにひとつ確認をさせて頂きますが、「ニキビができる肌状態=ダメージをうけやすい皮膚細胞」である傾向が高いようです。

「紫外線吸収剤」という成分を含むUVケア商品は避ける方がベターでしょう。

また油分が含まれているUVケア商品も、様々な肌トラブルを起こす要因となり、結果としてニキビを増やすことへつながります。

できればオイルフリーのものが無難でしょうか。

インターネットでも入手可能ですので検索してみましょう。

それから香料や着色料などもニキビ対策やUV対策には不要なものですよね。

これらが含まれていないものを選ぶといいでしょう。

基本的な知識として留意して下さい。

以上のような項目を注意しながら鼻ニキビを改善して下さいね。

もしかしたら大人ニキビかも? 

鼻ニキビ予防に効果的なスキンケアがあれば、聞いてみたいという人は世の中にたくさんおられると思います。

こういったスキンケアを効果的に進めるためにも、大人ニキビの特徴についてご紹介させて頂きましょう。

まずはじめに性別に関係なく大人ニキビの原因として一般的に考えられるのは、ストレスや食生活の乱れなどがあります。

職場や家庭などでストレスをためない生活が大事ですね。

中でも女性に絞り込んでお伝えすると、原因として考えられるのは女性ホルモンのバランスの乱れなどがあります。

あわせて毎日の化粧品なども自分に合わないものを使用するとニキビの原因になりますね。

ご注意下さい。

それからもしかすると、あなたは乾燥肌タイプではないでしょうか。

こういった肌質の女性も大人ニキビを引き起こしやすいそうです。

特に鼻ニキビでお悩みでしたら、まずは保湿のお手入れから念入りに取り入れて下さいね。

それでは大人ニキビの予防に効果的なスキンケア法をご紹介させて頂きましょう。

前段でもお伝えしましたが鼻ニキビに限らず、皮膚を乾燥させることはよくありません

洗顔後は時間をあけずに、保湿のお手入れをしましょう。

また紫外線にあたりすぎるのも肌トラブルを起こしてしまいニキビの要因となります。

いつまでも美肌をキープするために、UV対策は不可欠でしょうか。

UVケアだけでなく毛穴対策も必要ですね。

いつも毛穴を清潔にしましょう。

男女に関係なく鼻ニキビなどを引き起こすと、明日の出勤も少し躊躇してしまうものですね。

前述のような項目を試してみても改善されないなら、生活習慣を見直してみることも一案だと思います。

いくつかお伝えさせて頂きましょう。

参考になさって下さい。

まずはじめに睡眠とニキビの関係ですが、寝不足状態が続くと男性ホルモンがたくさん分泌されるそうです。

その結果、ニキビができやすい肌状態になりますね。

まずはたっぷりと熟睡できる環境を作りましょう。

それからバランスのよい食事メニューもニキビ対策には必要だと思います。

食事が乱れると便秘を引き起こすため、結果としてニキビを発症しやすくなりますね。

野菜よりもお肉メインのメニューの場合には、改善策が必要でしょう。

あわせて職場や家庭などでストレスが蓄積すると、ホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまいます。

こういった状況も鼻ニキビなどの原因になりますね。

ストレスフリーの生活を送れるように、趣味やスポーツなどで上手にリフレッシュして下さい。

参考:スキンケア、食べ物、ニキビ対策のあれこれ

もしかしたら思春期ニキビかも? 

鼻ニキビの中でも十代の頃にできるものは、もしかすると思春期ニキビかもしれません。

こちらのニキビは男性ホルモンや女性ホルモンの分泌量が変化することで起こりますね。

思春期に皮脂量がアップすることが原因のひとつです。

まずはじめに基本的な知識として留意する点は、順調に成長をとげている男女であれば、誰でも思春期ニキビは起こるものですね。

それではここでお悩みの人にとって役立ちそうな情報をご紹介しましょう。

参考になさって下さい。

ところで思春期ニキビは、心身の成長により成長ホルモンがアップすることで、症状となって現れるそうです。

またニキビの現れる場所や原因が、大人ニキビと思春期ニキビと違いが生じるということですね。

覚えておいて下さい。

あわせてUゾーンとTゾーンを耳にされたことはあるでしょうか。

Tゾーンとは額から鼻にかけての部位で、Uゾーンとは頬からアゴにかけての部位になります。

思春期ニキビは皮脂が多いTゾーンにできることが大半でしょう。

それから男性ホルモンがアップするとターンオーバーが正常に作用しなくなるため、ニキビを誘発することになります。

こういった状況を引き起こす要因としてストレスがありますので、ストレスの蓄積にはくれぐれもご注意下さい。

それでは鼻ニキビなどでお悩みの人に、その仕組みと治療法をお伝えさせて頂きます。

その前にひとつ確認になりますが、思春期ニキビというのは一部の人を除いて、十代後半あたりで目立たなくなるのが一般的でしょう。

ちなみにこういった思春期の年代というのは、身体の成長やホルモンバランスなど、様々な面で大きな変化をとげていく時期ではないかと思います。

例えば受験などを通じてストレスが蓄積することでニキビを誘発する場合もあるでしょう。

また前段でも紹介しましたが二十代になっても鼻ニキビなどが残る人は少ないですので、思春期ニキビをそれほど気に病むことはないと思います。

しかしながら、長期間放置するとニキビ跡をこじらせる場合もありますね。

それから炎症性のニキビの中でも「赤ニキビ」などを例にとると、抗生剤を服用すれば比較的改善できるようです。

ニキビの原因につながる皮脂量を調整することで症状が抑制できるということですね。

お知りおき下さい。

上記のような方法とあわせてビタミン剤を取り入れることも、より効果的に皮脂量を調整することが可能だそうです。

自分に合いそうな方法を様々試してみた上で、ベストな治療法を決めて下さいね。

鼻ニキビはかなり改善されると思います。

鼻のニキビ跡ができている人へ 

男女に関係なく美肌というのは誰もが憧れるものですね。

例えば鼻のニキビ跡ができている人にとって「思わず手で触れたくなるような美肌!」は、まさに夢物語かもしれません。

こういったニキビ跡にはいくつかの種類があります。

まずはじめにニキビ跡の中でも「色素沈着タイプ」ですが、もともと赤紫や茶色っぽい斑点状のものが皮膚にあるなら、こちらのタイプかもしれません。

肌を守ろうとするメラニンの作用によって、ニキビ跡になってしまうそうです。

次に紹介するのは「クレータータイプ」になりますが、炎症の度合いが皮膚細胞の深層部まで進行している症状ですね。

その箇所がクレーター状になることから「クレータータイプ」のニキビ跡と呼ばれます。

くれぐれもご注意下さい。

それから「赤みタイプ」のニキビ跡ですが、こちらの場合はある程度の日数が過ぎると目立たなくなるということです。

「赤みタイプ」も皮膚細胞の深層部での炎症が、軽度ですがまだ残っている時に起こるニキビ跡ですね。

最後にご紹介する「しこりタイプ」のニキビ跡ですが、こちらの症状はニキビ跡の中でも少し厄介かもしれません。

何度も炎症・化膿状態が起こるという症状ですね。

しかも同じ定点で引き起こす可能性もあるのでご注意下さい。

それではここで以上のようなニキビ跡に、効果的な治療法をご紹介しましょう。

どれだけ症状が進行していても、きっと改善できる方法があると思います。

決してあきらめずに、自分にとってベストな方法を見つけて下さいね。

まずはじめに「赤みタイプ」の場合ですが、こちらのニキビ跡なら市販のニキビケア商品でも、ある程度の効果が得られるようです。

この症状はニキビの周りに血液が集まることで起きるので、薬の力で血液の流れを改善できるわけです。

さらにもっと専門的な治療を受けたい人には、美容皮膚科でのレーザー治療などもおすすめでしょうか。

一例として、サイトンプロフラクショナル・アファームマルチプレックスなどが一般的な治療法ですね。

関心のある方はお試し下さい。

鼻などのニキビ跡に効果的なその他のポイントとして、皮膚細胞のターンオーバーを促進するスキンケアも大事だと思います。

同時に毎日の睡眠や食事バランスなど、生活習慣も改善をしていくように少しずつ努力しましょう。

あわせて女性にとっては切り離すことができない毎日のメイクですが、できる限り肌への負担を軽減するオイルフリーの商品がいいですね。

インターネットでも購入可能ですので、自分に合いそうなものを一度検索してみて下さい。

ストレスや睡眠不足が原因かも? 

ニキビの画像

鼻ニキビでお悩みの人にとっては、一日でも早くニキビの症状を治めたいところだと思います。

ここでひとつ基本的な知識として留意する点は、ニキビの原因にターンオーバーの乱れが何らかの影響を及ぼしているということですね。

ちなみにターンオーバーという言葉を今まで耳にされたことはあるでしょうか?こちらは私たちの肌が再生される 新陳代謝の周期のことで、ほとんどの人は約1ヶ月で再生されますね。

これによって皮膚細胞が新しく生まれ変わります。

以上のような皮膚が再生される周期には、1ヶ月という目安はあるものの、人によって多少の違いはあるみたいです。

こちらの周期に乱れが生じた時、肌に古い角質が溜まりますね。

この蓄積によってニキビが生じるというわけです。

あわせて毛穴にアクネ菌が繁殖することなども鼻ニキビの原因につながるそうですね。

ターンオーバーの不調によって乾燥肌を引き起こす場合もあります。

その結果、毛穴をつまらせてしまわないように、くれぐれもご注意下さい。

それからニキビを引き起こす原因には、ストレスや睡眠不足なども影響しているようですね。

一例として、最近職場で夜も眠れないほど、大きなトラブルはなかったでしょうか。

それがニキビの原因の場合もあるということです。

ところであなたは毎日の食事がほとんど外食メニューになっていないでしょうか。

栄養バランスの乱れも鼻ニキビを引き起こす要因となることがありますね。

身に覚えのある場合にはくれぐれもご注意下さい。

それではここで鼻ニキビなどに効果的な食事についてご紹介させて頂きましょう。

まずはじめに油分や糖分を摂取しすぎるのは避けるべきだと思います。

しかしながら、過度な食事制限も結果として逆効果という場合もありますよね。

食事制限という忍耐のストレスからニキビが増えてしまうというケースもよく聞きます。

こういった結末では何のためのニキビ対策か分からなくなりますよね。

とにかく心身ともにベストな栄養バランスを維持できるように努力しましょう。

サプリメントも活用下さい。

あわせて食事以外のニキビ対策として便秘解消という項目も大事なポイントになります。

大人ニキビの典型的な原因のひとつでしょうか。

ミネラル水や食物繊維を普段以上に摂取できるように、様々な工夫を心掛けましょう。

それ以外でもアルコールやタバコも、鼻ニキビ対策におすすめではありません。

皮脂腺が刺激されたりビタミンCを破壊することで、ニキビを促進することになりますね。

以上、基本的な知識として留意する点をお伝えさせて頂きました。

参考になさって下さい。

赤ニキビについて 

ニキビの画像

鼻ニキビでお悩みの人にとっては、赤ニキビになってしまうと痛みなども伴うので、あまり気分のいいものではありません。

ひどいニキビ跡を作らないためにも、正しい対処が必要だと思います。

ここでは赤ニキビについてご紹介しましょう。

まずはじめに炎症があまりにもひどい場合には抗生物質を注射するという方法もありますが、比較的軽度なら内服薬や外用薬ですむこともあるそうです。

注射を使用する時には「しこり状」のニキビもかなり改善できるみたいですね。

以上の中でも外用薬を使用する場合には、できてしまった赤ニキビだけでなく、予防的な効果も期待できるそうです。

フルーツ酸を含む外用薬のパワーで、毛穴のつまりや角質を改善してくれますね。

関心のある方はぜひ一度お試し下さい。

こういった赤ニキビというのは炎症がすでに起きてしまっている状態なので、この炎症を鎮静させることが大事なポイントになります。

以上のような治療法を取り入れることで、くりかえす赤ニキビの予防にも効果的だそうです。

鼻ニキビなどができてしまった箇所をより美しく完治させたいなら、美容皮膚科などのクリニックで相談するのがおすすめでしょうか。

毛穴に詰まった芯のようなものを自力で除去するのはおすすめではありません。

「第3ステージのニキビ」という別称があるくらい、赤ニキビは少し炎症が進行したレベルになります。

中にはそのまま放っていても完治する人もいますが、できればクリニックなどで専門的な治療を受ける方が間違いないと思います。

例えば鼻ニキビができてしまってもひどいニキビ跡を作らないためには、赤ニキビを放置しないことですね。

化膿して黄ニキビになると、完治させるには時間がかかってしまいます。

いつも早めの段階で治療を始めるようにしましょう。

ここでひとつ確認をさせて頂きますが、赤ニキビをパーフェクトに予防するには、その前段階のニキビを作らないことがポイントでしょうか。

それを実現するには、皮脂の分泌量を正常に維持しながら皮膚細胞の再生能力をアップするしかありません。

あわせて日々の食生活が乱れてくると、皮膚細胞のターンオーバーがスムーズに促進されないそうです。

あなたの栄養バランスは大丈夫でしょうか。

例えばタンパク質やビタミンB群が不足しないように、ご留意下さいね。

それから睡眠時間が極度に少ないのも皮膚細胞のターンオーバーを促進できません。

思うように睡眠時間がとれないなら、一日のスケジュールを見直して、生活時間を改善できるようにしましょう。

鼻ニキビにきっと効果的だと思います。

白ニキビについて

鼻ニキビの中でも白ニキビとはどのような症状でしょうか。

こちらの場合、ニキビレベルとしては初期段階になりますね。

抗生物質などで治療する赤ニキビと違って、炎症を起こしていない状態ということです。

覚えておいて下さい。

ニキビを治す方法の中でも「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」という治療法を耳にされたことはあるでしょうか。

これによってニキビの内側にたまった角質などを除去できますが、毛穴がつまった白ニキビの表面に穴を作って行います。

クリニックで行う「面皰圧出」は保険適用ですが、一回の通院で施術できるニキビの個数に上限がある点は、事前に知っておいた方がいいでしょう。

専用の器具を駆使することで毛穴の詰まりをパーフェクトに改善します。

「面皰圧出」では、できてしまったニキビを比較的速やかに除去できるのが嬉しい点だと思います。

しかしこちらの治療法は予防的な効果はほとんどありません

ニキビ予防の効果を狙うなら別の治療がおすすめですね。

参考:ニキビは皮膚科で治す!大阪のおすすめ皮膚科5選!治療法徹底紹介

参考:おすすめのニキビ治療薬とニキビ治療の出来る病院 厳選10選!!

参考:今やニキビは皮膚科で治すもの。

間違った自己流してませんか?

あわせてニキビというのはどのような種類であっても、鼻など同じような場所に繰り返しできてしまうという傾向がありますよね。

まずは体質改善や生活習慣の改善を進めてみましょう。

おそらく解決法は見えてくると思います。

それではここで白ニキビの効果的な治療法をご紹介させて頂きましょう。

まずはじめに「ケミカルピーリング」ですが、できてしまった白ニキビだけでなく白ニキビ予備軍に対しても、効果が期待できそうな治療法だそうです。

次に紹介するのは外用薬「トレチノイン」ですが、こちらの成分は人の体内にも存在するので、どちらかというと安心な治療薬だと思います。

ケミカルピーリングの代用療法としてもポピュラーですね。

毛穴の詰まりをきれいにしてくれます。

同じく外用薬の「アダパレン」をご存知でしょうか。

こちらのニキビ薬は効果が期待できる分、副作用的も体質によって起こるようです。

もしもニキビの炎症がひどいならあまりおすすめではありません。

代用薬を探しましょう。

ところで「閉鎖面皰(クローズドコメド)」との別称がある白ニキビですが、古い角質や皮脂・角栓などが原因につながるようです。

ちなみに赤ニキビはこの白ニキビの炎症が進行した状態ですね。

くれぐれもご注意下さい。

それから毛穴にアクネ菌が繁殖する状態まで置いておくと、炎症が進行するということですね。

白ニキビの期間に症状を抑制できればニキビ跡の心配もほとんどないでしょう。

以上のような項目を参考にしながら鼻ニキビを完治させて下さい。

鼻ニキビのセルフケア 

鼻ニキビでお悩みの人にとっては、自宅などでセルフケアができればお手軽で嬉しいですよね。

ちなみに皮脂の過剰分泌がニキビの原因のひとつであるということは、基本的な知識として、まずはじめに留意する点かもしれません。

こういった皮脂の過剰分泌という現象ですが、どちらかというと思春期ニキビの原因となる場合が多いようです。

大人ニキビの原因につながるのは、ホルモンバランスの乱れなどがメインでしょうか。

あなたの場合はいかがでしょう。

あわせてあなたのニキビ対策は、スキンケアなどに限定された項目になっていないでしょうか。

前述のようなホルモンバランスの乱れは、不規則な生活などが大きく影響しているということですね。

くれぐれもご注意下さい。

また誰でも自宅でできそうな鼻ニキビのセルフケアとして「洗顔を見直す」という方法があります。

一例として角質などを蓄積しないように、清潔な手のひらで洗顔して下さい。

洗顔のあとは充分な保湿のお手入れでプルプルお肌を実感しましょう。

参考:ニキビの洗顔の注意点とオススメ洗顔料

参考:乾燥やニキビ跡を化粧水でのケア方法と注意点

正しい洗顔方法を理解することで、鼻ニキビ対策はスムーズに進めることができると思います。

洗顔用の一般的な石鹸で大丈夫ですので、まずは充分に泡立てて下さい。

このホイップのような泡を転がすように洗顔しましょう。

それからあなたは洗顔する時にお水派でしょうか。

それともお湯派でしょうか。

ちなみにお湯で洗顔をする場合には、潤いがなくなり乾燥肌を促進するようです。

ベストな温度はぬるま湯だそうです。

覚えておいて下さいね。

ほとんど熱さを感じないくらいのぬるま湯が、ニキビ対策にはちょうどいい温度でしょう。

泡を洗い流す時には洗顔料が顔に残らないよう、念入りに洗い流して下さい。

毛穴の奥深くから泡を浮かび上がらせるイメージでお願いします。

しっかりと洗い流したら、保湿効果の優れた化粧水でタップリと水分補給をしましょう。

これだけでは物足りないという人には、同じく保湿効果の高い乳液やクリームなどでスキンケアをして下さいね。

お顔全体がモッチリすると思います。

以上のような項目以外にも鼻ニキビのセルフケアとして大事なポイントがあります。

まずはじめにメイクですが、ファンデーションの厚塗りはニキビ対策に悪影響です。

毛穴が呼吸しにくい状況になります。

ご注意下さい。

あわせてバランスのよい食事メニューもニキビ対策には欠かせない項目でしょう。

糖質や脂質中心のメニューでは皮脂の分泌をさらに促進することになりますね。

ニキビ対策には逆効果となりそうです。

くれぐれもご注意下さい。

参考:ファンデーションはニキビの元!オススメのファンデーションは?

鼻ニキビの皮膚科治療 

鼻ニキビを効果的に改善したいなら、美容皮膚科などの皮膚科治療がおすすめだと思います。

ちなみにあなたは今までにクリニックなどで、「毛穴の深度が深い」と言われたことはありませんか。

こういった状態もニキビの原因のひとつだそうです。

一例としてビタミンCイオン導入や、ケミカルピーリングなど、皮膚科での治療法は様々な種類があるようですね。

鼻の部分は極力ニキビ跡を作らないようにしたいので、このような治療法を試してみるのが効果的かもしれません。

参考:デコルテにできるニキビが治らない!皮膚科での治療法は?

参考:気になる背中のニキビ 美容外科じゃないと治らない?

毛穴や皮脂の詰まりを重点的に改善したいなら、ケミカルピーリングがおすすめでしょうか。

蓄積された古い角質を効果的に除去できる治療法だそうです。

これを取り入れることで皮脂の分泌がスムーズになるということですね。

こちらのケミカルピーリングはニキビが炎症状態にあると、より効果を発揮してくれそうです。

それはピーリング剤に含まれる酸のパワーで、毛包部のアクネ菌に作用するからですね。

結果として炎症が鎮静されるというわけです。

ちなみにピーリング剤として使用するのはグリコール酸が一般的だそうです。

サトウキビにも含まれている成分ということで、安心して治療が受けられそうですね。

グリコール酸はフルーツ酸の一種です。

お知りおき下さい。

次に紹介するのはビタミンCイオン導入という治療法ですが、抗酸化作用の働きで鼻の黒ニキビをしっかりと改善してくれそうです。

イオン導入という方法を取り入れることで、美肌には不可欠なビタミンCを効果的に取り込めるようです。

そもそも黒ニキビとは皮脂が毛穴の表面で酸化し黒く固まっている症状になります。

ビタミンCには抗酸化作用があるため、酸化してしまった黒ニキビを撃退することが可能というわけですね。

関心のある方はぜひ一度お試し下さい。

それではここで鼻ニキビなどに予防効果が期待できる治療法をお伝えさせて頂きます。

「皮脂腺凝固法」という治療法をご存知でしょうか。

こちらは特殊な絶縁電気針を使用し永久に皮脂腺を封じ込めるという治療法になります。

どんな人でも皮脂量がアップするTゾーンのニキビ対策には非常に期待できそうですね。

この治療法で一度封じ込められた皮脂腺は、二度と皮脂を分泌しなくなります。

今まで何をしても効果がない人にはおすすめの治療でしょう。

例えば鼻ニキビまではなくても、鼻の黒ずみが最近目立つようになったということはありませんか。

こういった黒ずみにも「皮脂腺凝固法」は効果的だそうです。

ニキビが早期に予防できますね。

ぜひ一度お試し下さい。

鼻のニキビ跡の治療

鼻のニキビ跡ができている人にとっては、ニキビ対策として役立ちそうな情報なら、何でも知っておきたいという場合もあると思います。

ちなみに鼻というのは顔の中でも中心の位置にありますので、一日も早くニキビ跡を消したいですよね。

ニキビ跡にできてしまった醜いクレーター状の皮膚は、鏡を見る度に落ち込む人も少なからずおられるでしょう。

例えば毛穴の黒ずみを無理に除去したりという経験はないでしょうか。

こういった無理なスキンケアも原因のひとつになります。

鼻のニキビ跡に限らずニキビ全般に言えることですが、皮膚細胞というのは一度大きなダメージを受けると、自然治癒力だけで美肌を取り戻すのは非常に難しい面もありますね。

ただしクレーター状の肌を目立たなくするのは可能だと思います。

「皮膚細胞のターンオーバー」をスムーズに促進することで、以上のような鼻のニキビ跡を相当改善できるということですね。

「ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)」を活発にすることで、クレーター状の肌を目立たなくできるそうです。

それではどうすればターンオーバーが活発になるのか、ここでご紹介させて頂きましょう。

まずはじめに皮膚細胞の水分量が正常に維持されている状態だそうです。

中でもニキビ跡には充分な保湿のお手入れが効果的ですね。

あわせてレチノール配合コスメを使うと、こちらも鼻のニキビ跡対策に期待できそうです。

中でもお肌のハリ弾力を若い頃のように取り戻したいなら、高濃度レチノール配合の商品がより効果的でしょう。

覚えておいて下さいね。

それからレチノール配合コスメには美肌に不可欠なコラーゲンをアップさせる働きもあります。

また毛穴を小さくしてニキビの原因につながる皮脂の分泌を抑制することも可能ですね。

アクネローションを併用するのがおすすめだと思います。

鼻ニキビ跡に効果的な方法を知りたい人へ、日常生活で留意すべき点をお伝えさせて頂きます。

参考になさって下さいね。

まずはこれ以上症状を悪化させないためにも、ニキビの箇所を指でいじったりしないことがポイントです。

また「お肌のゴールデンタイム」というのを耳にされたことはあるでしょうか。

これは夜10時~深夜2時に睡眠をとることで、いつまでも美肌を維持できるそうです。

夜更かしや夜遊びを避けてこの時間には就寝するようにしましょう。

あわせて毎日の生活の中で 「メイクをしたまま寝る」という習慣はないでしょうか。

こちらも皮膚細胞の再生能力を落とし、結果としてニキビ跡にもよくありません。

規則正しい生活の見直しでベストな肌状態をキープして下さいね。

鼻の内側のデキモノはニキビかもしれない 

鼻の内側にデキモノができてしまい今までに困った経験はないでしょうか。

それはもしかするとニキビかもしれません。

時々症状が現れる人にとっては、できることなら改善策を知りたいところですよね。

役立ちそうな情報をお伝えさせて頂きます。

まずはじめにどうして鼻の内側にニキビができるのか、原因について探ってみたいと思います。

これは様々な要因が引き金となり鼻の内側が菌に感染してしまうことで起こるそうですね。

抗生剤の塗布などが一般的な治療になります。

例えば「鼻をほじるとか、鼻毛を抜いたりする」といった習慣はないでしょうか。

こういった習慣のある人は可能性が高いので要注意でしょう。

身に覚えのある場合には以上のような癖を直すことが最優先かもしれません。

「鼻毛を抜いてしまう」という行為自体は原因ではないのですが、鼻毛を抜いた後の毛穴に問題があります。

細菌による感染などトラブルを起こしやすい状態になるということですね。

中には高熱や痛みを伴うケースもあるそうです。

鼻ニキビの中でも前述のような鼻の内側にニキビを作らないためには、いったいどのようなポイントがあるのでしょうか。

それではここでご紹介させて頂きましょう。

自分に合いそうなものをぜひ一度お試し下さいね。

まず「鼻毛を抜いてしまう」習慣のある人の場合ですが、どうしてもその癖をやめられないなら「鼻毛が伸びる前にカットする」ということを習慣付けるようにしましょう。

また無意識に鼻の内側へ指が向かう人は、いつも手指を清潔に保って下さい。

しかしながら、もしも鼻の内側のニキビらしきものができてしまった時には、病院での受診を敬遠せずに一日でも早く治療を受けるようにしましょう。

皮膚科や耳鼻科などがおすすめだと思います。

鼻の内側のデキモノをすっきりと改善しましょう。

まとめ

以上、鼻ニキビでお困りの人に役立ちそうな情報を、様々ご紹介させて頂きました。

興味のある項目はありましたでしょうか。

何かひとつでも明日から実践することで、ニキビ対策は進むかと思います。

どれほど注意をしていても鼻ニキビというのは、ほとんどの人が繰り返しできてしまうものです。

本当に厄介なものですね。

こういったニキビを作ってしまう原因には、ターンオーバーの乱れやストレス、偏食などがあります。

あわせて間違ったスキンケアなどもニキビを引き起こす原因につながるようです。

例えば毎日の洗顔時にゴシゴシ強くこすっていないでしょうか。

もしくはメイクをつけたままで就寝していませんか。

これらすぐにでも改善できるものです! それから「鼻毛をすぐに抜いてしまう!」といった習慣はないでしょうか。

これも鼻ニキビの原因のひとつになります。

中でも鼻の内側にできてしまうニキビの引き金となるそうです。

ご注意下さい。