ホーム >> ニキビコラム >> クリニック >> デコルテにできるニキビが治らない!皮膚科での治療法は?
更新日 2018.8.10

デコルテにできるニキビが治らない!皮膚科での治療法は?

女性の美しさを象徴する部位は様々挙げられると思いますが、その1つに、首から胸元の辺りを示す、デコルテがあります。

傷や凹凸、むくみのない滑らかな肌を保てるような努力を行なったり、華奢な印象を与える鎖骨近辺の血流を促すなど、お手入れ次第で、より魅力的なボディを演出することが可能です。

しかし、現代社会において肌トラブルはつきものです。

日々の生活の中で気を付けていたとしても、もしそのデコルテ部分にニキビが出来てしまったら、どうしたら良いのでしょうか。

すぐに対応できるセルフケアや、皮膚科へ足を運んだ場合の治療法など、疑問に思われる点や、挙げられる不安・心配について、お答えいたします。

デコルテにできるニキビの原因は?

一般的に、ニキビは顔に出来るものというイメージがありますが、加齢とともに、デコルテ箇所にも出来やすくなってきます。

その原因として、洗顔や洗髪の石鹸成分がしっかり洗い流されておらず、くぼみの箇所にとどまって炎症を起こしてしまう場合があります。

また、からだを洗う際に、必要以上に力を掛けてしまい、その摩擦が影響している可能性もあります。

他に、毛先に付いていた雑菌が肌に触れてそこから荒れてしまったり、毛先がニキビを刺激して、悪化させてしまうケースもあります。

髪はできる限りアップにしたり、結んだり、短くしてニキビに触れないように注意しましょう。

また、清潔なルームウェアを用意し、汗や汚れのついていないものを着用すると良いでしょう。

保湿を意識してボディクリームを使用する際には、過剰な油分がニキビを促すことを念頭に、出来ればニキビ専用のものを使うことをおすすめします。

また、長時間太陽の光を浴びる機会がある際には、日焼け止めクリームやスプレー、つばの大き目な帽子を被るなどしっかりと対策し、活性酸素の発生を抑えましょう。

短時間だからと思わずに、日焼けをしないよう心掛けてください。

他に、食生活においてヨーグルトやチーズといった乳製品、甘いお菓子、果汁、炭酸飲料などを好んで摂取する人は、食べ過ぎ飲み過ぎに注意しましょう。

そして、心身ともに疲れを溜めないように、日頃から規則正しい生活リズムと、バランスの取れた食事内容で、「健康」を意識してみてください。

ホルモンバランスの乱れがきっかけで、ニキビが出来やすい環境を生んでいる場合もあるので、気を付けてください。

プロアクティブ

【有名人も多数愛用!】
★初回限定3000円オフ
★今だけ洗顔+ボディブラシプレゼント
60日間返金保証でリスクゼロ!

_

デコルテにできるニキビは皮膚科で治療を受けよう

デコルテに出来たニキビは、顔に出来るものと違い、目で直接確認しづらく、セルフケアが難しいと思います。

意識して、清潔を保とうとしても、衣服の擦れや就寝時の体勢などで、炎症を悪化させてしまったり、改善がみられても、また同じような症状が出てしまうこともしばしばあります。

そんなお悩みに頭を痛める前に、ぜひニキビを見つけたら、すぐに皮膚科へ足を運ぶことをおすすめします。

美しい肌を取り戻すためには、多くの患者や状態を診てきた医師に頼ると良いでしょう。


皮膚科ではニキビの様子を診てもらい、カウンセリングで、疑問や不安、治療の希望などを確認します。

その後総合的に判断、具体的な治療内容の提示がされて、その内容に納得、同意した上で処置が始まります。

必要に応じて、ニキビ菌に働きかける抗生剤や、ビタミンAを処方される場合もあります。

内服薬でからだの内側から、ニキビの改善に向けて対処するのです。

他に、ホルモンバランスの乱れが一因と判断された場合には、ホルモン治療が施されます。


内服薬の継続や中止は、肌の様子や問診で決定していくので、些細なことでも何か気になることがあれば、医師に相談しましょう。

また、皮膚科によってはフォトフェイシャルやケミカルピーリングで毛穴の汚れを取り除き、清潔にする治療も受けられます。

ニキビの原因となるアクネ菌の滅菌、死滅を目的に、理想的な肌の状態に向けて、その人に合った内容を提案してもらえるでしょう。

湘南美容クリニック

【ニキビの根本解決で美しく】
*全国75院展開で通いやすい
*どんなニキビ・ニキビ跡も改善!
*丁寧な無料カウンセリングで最適な治療を!

_

市販のニキビ用薬でのオススメは?

忙しさから、すぐに皮膚科へ行けない場合もあるでしょう。

そんな時、夜遅い時間まで営業しているドラックストアは、私たちにとって心強い味方です。

ニキビは色みで症状の段階が判断できるのですが、軽い順に、白、黒、赤、黄色と変化します。

ここでは、赤ニキビにも使用できる市販薬(テラ・コートリル、ペアアクネクリームW、メンソレータムアクネスニキビ治療薬、オロナインH軟膏)を紹介します。

テラ・コートリルは、炎症にすぐ働きかけてくれます。

症状の悪化を防ぎたい場合に適しています。

ペアアクネクリームWは透明なので、ケアを施した上にメイクが可能です。

アクネ菌を滅菌してくれる成分も含んでいます。

メンソレータムアクネスニキビ治療薬は、痛みを伴うニキビにも対応可能です。

毛穴の汚れを取り除き、ニキビの赤みや腫れを抑える作用があります。

また、オロナインH軟膏もニキビ菌を殺菌する効果のある油分を含んでおり、患部に塗れば、赤ニキビも落ち着くと思います。

手軽に購入できるので、緊急時やご自分の都合に合わせて、これらを利用してみてはいかがでしょうか。

ドラックストアには薬剤師が在中しているので、相談した上で商品を選べば、なお安心です。

まとめ

年齢の出やすいデコルテに、ニキビが出来て悩まないためには、信頼できる皮膚科を探しておくことが一案です。

また、すぐに病院へ行けない場合の緊急処置として、ドラックストアなどで市販薬を購入、常備しておくことも大切です。

初期症状のうちに手を打っておけば、ニキビを悪化させずに済むでしょう。

また、根本的に心や体の負担を減らしたり、音楽を聴いたり、スポーツで汗を流したりと、自分なりに癒しの時間を過ごして、疲れを溜めないようにすると、長きにわたり美しい肌を保てると思います。

どうしても自分ではニキビの対策がわからない、自分に合った治療を受けたい、という方は、本サイトの病院検索からニキビ治療のプロを探すことをおススメします。

間違った方法で対処してしまうと、悪化する可能性があるため、まずは、病院を探すところから始めましょう。

病院検索はこちらから

アクネケアたっぷりおためしキット

【お得にニキビケアするなら】
皮膚科医共同開発だから安心!
毛穴の目立たない理想のお肌に
たっぷり30日分手軽にお試し

_