ホーム >> ニキビコラム >> クリニック >> 青森でニキビ・ニキビ跡治療できるおすすめクリニック5選
更新日 2019.3.22

青森でニキビ・ニキビ跡治療できるおすすめクリニック5選

皮膚科でニキビ治療をするメリット

大きさや程度にかかわらずニキビができてしまうことで悩んでいる人はとても多く、肌のトラブルの中でも広い年代の人が抱えている悩みのひとつです。

ニキビができやすいからという理由で、ニキビ用の洗顔料や化粧水、乳液を使ってケアをしている人も多いのですが、間違ったスキンケアになってしまっている可能性があります。

10代の人にできる思春期ニキビ用の洗顔料や化粧水、乳液は、ホルモンの分泌が盛んになり皮脂の分泌が増えている思春期の人のための物なので、あごや口の周り、フェイスラインにできてしまう保湿不足やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどが原因になっている大人ニキビができやすい肌に使用することは逆効果です。

また、思春期の人でも洗浄力が高い洗顔料で一日に何度も洗顔をすると、表面はべたついてニキビができやすいのに肌の内側は乾燥して皮脂の分泌量が増えてしまうインナードライ肌になってしまうことがあります。

自己流のスキンケアをしていてもニキビが何度も再発したり、治りにくかったりする場合には自己流のスキンケアがあっていない可能性があるのです。

ニキビは、肌にできる炎症性の皮膚疾患で、尋常性挫創という名称の病気です。

放っておいても治ることはありますが、炎症が悪化したり、化膿したりすることを繰り返していると、肌に跡が残ってでこぼこが治らなくなってしまいます。

また、治るまでの期間が長くなるほど、肌へのダメージが大きくなったり、ストレスがかかったりするので皮膚科に行って早くきれいに治すことがおすすめです。

ニキビで病院に行っても良いのか悩む人もいるのですが、炎症性の皮膚疾患であり、病気なので皮膚科に行くと丁寧に診察をしてもらい、適切な治療を受けることができます。

皮膚科で肌の専門医に症状や肌質を診察してもらうことで、ニキビができてしまう原因が分かったり、適切な治療をしてもらうことができることが大きなメリットです。

ニキビを潰して治す人もいますが、雑菌が入って化膿したり、肌にダメージを与えたりすることがあるため、跡が残ってしまうリスクがあります。

皮膚科では、衛生的な専用の器具を使って、組織を傷つけないように医師が内容物を排出してくれるため、肌にダメージを与えたり化膿したりする心配がなく、安全に処置をしてもらうことができることもメリットです。

自分ではよいと思って続けてきたスキンケアが間違っているために、できないはずのニキビがたくさんできてしまっていたり、治りにくくなってしまっていたりすることがあります。

皮膚科での治療を受けると、肌質はもちろん体質やスキンケア方法もチェックしてくれるため、自分がしているスキンケアが間違っている場合には肌に合う方法を教えてもらうことができるというメリットがあります。

また、食生活や生活習慣、ストレスへの対処法などのアドバイスをしてもらうことができたり、おすすめのスキンケアアイテムや方法などを教えてもらうことができたりするというメリットも魅力です。

皮膚科では、できてしまったニキビの治療をするだけではなく、ニキビができやすい肌を改善してできにくい状態にケアしたり、でこぼこになってしまっている肌の表面をなめらかにする治療を受けることも可能です。

肌の新陳代謝が乱れて、新しい細胞と入れ替わるターンオーバーが遅れていたり、バリア機能が低下して刺激に弱くなってしまっている肌の状態を回復させるための治療など、肌のことなら何でも相談に乗ってもらうことができるところが皮膚科で治療をすることのメリットのひとつになります。

ニキビを治すために病院に行くことに抵抗があるという人もいますが、尋常性挫創という皮膚疾患なので治療に通っている人が最近増えてきており、きれいな肌を保つための近道です。

皮膚科で治療をするようになると、症状が軽いうちに受診するようになる人が多く、早くきれいに治すことができます。

また、正しいスキンケアの方法を教えてもらって実践しながら、ニキビができにくいように予防することもできるようになるため、跡が残ってしまうリスクを低減させることが期待できます。

炎症がひどくなる前に治療を開始したり、気軽に医師に相談して予防したりするようになることで、なめらかできれいな肌をキープすることができるようになるので、肌トラブルによるストレスが軽くなる効果があります。

青森のおすすめ皮膚科5選!

青森市は青森県の県庁所在地で、青森県のほぼ中央に位置しています。

中核市にも指定されており、青森県内の人口数も第一位となっている都市です。

そのため医療機関も多く、皮膚科や美容皮膚科もあります。

青森タウン形成外科クリニックは、JRの青森駅から徒歩で2分ほどの場所にあるクリニックです。

美容医療について豊富な経験と高い技術力を持っています。

美容医療を提供しているクリニックでは最新治療を謳っているところも多いですが、安全性や効果がきちんと実証されていないことも少なくありません。

それに対して青森タウン形成外科クリニックでは、安全性や効果をじっくりと検証して吟味したものだけを紹介しています。

そのため一人一人の体質やその時の状態に合った治療を提供することができます。

青森タウン形成外科クリニックのニキビ治療には、ケミカルピーリングやライトプリペアなどがあります。

ケミカルピーリングは皮膚にフルーツ酸と呼ばれる薬剤を塗って、角層の一部を取り除く治療になります。

皮膚の再生を促すことができるので、ニキビやニキビ跡の治療に効果的です。

また、ライトプリペアは、レーザーを使って行う治療になります。

毛穴の黒ずみや凹凸のあるニキビ跡に効果を発揮する治療法です。

東京美容外科は東京を中心に全国に高品質な美容医療を提供しているクリニックです。

青森駅から徒歩1分の場所に東京美容外科の青森院があります。

東京美容外科のニキビ治療には、スキンピールバー、ディカルアクネケア、アミノ酸ピーリング、ミルクピーリングなど色々なメニューが豊富に揃っています。

メディカルアクネケアは、繰り返しやすい炎症性のニキビを根本から治療する方法になります。

ニキビの原因となる皮脂腺に直接アプローチして破壊してしまうという治療法です。

炎症性のニキビは毛穴に溜まった皮脂によって細菌が増殖し炎症を起こすというメカニズムになっています。

皮脂腺を破壊することでニキビの根本原因を断つことができますし、再発を防ぐこともできます。

皮脂腺以外にダメージを与えることはないのでとても安全です。

東京美容外科では、水光注射というオリジナルの治療も行っています。

水光注射とは美容大国である韓国で生まれた治療法で、皮膚の浅い層である表皮に美容成分を注射するという治療です。

美容成分を正確に注入できるというメリットがあり、内側から輝くような肌をつくることができます。

美容成分は広い範囲に均一に行き渡るので、あらゆる肌トラブルに効果があります。

肌のバリア機能を高めて、乾燥や紫外線などのダメージから守ることもできます。

ニキビ跡で悩んでいる人におすすめの治療法です。

青森県内には、弘前市や五所川原市などの都市もあります。

皮膚科や美容皮膚科もあり、地元の人が多く通っています。

はらクリニックは、青森県弘前市にある地域密着型のクリニックです。

弘前駅から徒歩で7分ほどの場所にあります。

地元の人が多く通っているクリニックで、ニキビ治療には抗生物質の塗り薬や毛穴の詰まりを取り除くディフェリンゲルを使った治療を行っています。

ニキビに効果がある外用薬も次々に新しい物が登場しています。

ニキビが原因となったシミにはハイドロキノンの内服薬やレーザー照射による治療を行っており、ケミカルピーリングといった治療メニューもあります。

ニキビができにくくなる生活習慣のアドバイスも実施しています。

いたい皮膚科は、青森県五所川原市中央4丁目にあるクリニックです。

皮膚の疾患で悩む患者が気軽に受診できるクリニックを目指しています。

保険診療の範囲内であれば、大学病院などと同じレベルの診察技術や治療を提供することが目標です。

いたい皮膚科では、ケミカルピーリングや活性型のビタミンCの外用薬を使ったニキビ治療を行っています。

田町小山クリニックは、青森県五所川原市田町にあるクリニックです。

内科・小児科・外科など様々な診療科がありますが、美容外科のフォトフェイシャル部もあって美肌治療を行っています。

フォトフェイシャルやピーリング、イオン導入を行っているのでニキビを改善するのにも役立ちます。

五所川原駅から車で5分程で、駐車場も完備されています。

皮膚科、クリニックでは何をしてくれるの?

ニキビで皮膚科を受診すると、その症状に合わせて様々な薬が選ばれ処方されます。

ニキビは放置しておくと深刻な症状になってしまったり跡になることがありますので早期の治療が推奨されています。

実際インターネットなどでも治療を推奨する広告なども出ているくらいですので数に限らず頻繁に出るようであれば通いやすいクリニックを受診するのも一つの方法です。

ニキビ治療に定評のある病院をはじめから選ぶと手ごたえのある治療がうけられます。

治療をして効果が見られないようであれば転院してよくなる事もあるので観察することも重要です。

ニキビには洗顔が重要と言われていますが、同じくらい生活習慣も重要と言われています。

たとえば症状が悪化しているときに脂っぽいクリームで毛穴をふさいだりファンデーションを長時間塗るのはさらなる悪化を招きかねません。

又、食生活に気を付けるのも重要で、栄養バランスの取れた食事をとり、便通を良くしておくこともニキビを増やさないためには大切な事です。

こうした指導内容はリーフレットや書面などで初回の診察の時に渡されたり説明を受けることが多く、生活習慣の乱れによるニキビの改善には効果があります。

ニキビ治療で皮膚科を受診すると、現在症状が出ているところに塗るための薬が処方されます。

薬はダラシンゲルやディフェリン、ベピオゲルといったゲル状の抗菌剤が配合されたものが多く、透明なゲル状なので塗りやすくメイクなどを妨げませんし、しっかりと肌に浸透して菌を抑えてくれますので雑菌が増えることによってニキビが悪化しやすい人の治療に使われます。

何の薬を選ぶかについては症状を見ながら変更することがありますが、どの薬にも言えるのは耐性菌が出やすいので同じものを使い続けるのは推奨されていません。

外用薬で効果がある場合にも、初診の際にシナールというビタミンCとBの複合材や、ビタミンB2やB6が処方されるケースは少なくありません。

これらは体の内側から働きかけて脂質の代謝を調整したり活性酸素を除去する働きがあるため、現在出来ているニキビをなおすだけでなく新しいものを作らないように作用してくれる働きも期待できます。

その他抗生物質などのない服は菌を抑えるのに役立つため、ルリッドやビブラマイシンといったものが処方されることがあります。

これは長期服用には向かず、耐性菌が出る可能性があるためです。

ニキビに外用薬をつけてもあまり効果がないケースでは、ビタミン注射や点滴を併用すると効果が出るケースがあります。

ビタミン剤は内服でも処方されますが、点滴や注射はより高い効果が期待できますし、プラセンタ注射では人の胎盤を原料としたものが摂取できますので様々な栄養がとれるため自律神経や免疫系に働きかけて肌のトラブルを解消してくれることがわかっています。

何の治療に効果があるのかは人によって違いますが、クリニックによっても扱っているところといない所があります。

いくつかの注射や点滴を試してみて効果があったものを続けるのが良いでしょう。

女性のニキビに限ってはホルモンバランスの乱れに注目した治療でホルモン療法というものがあります。

これは生理前に悪化するニキビや顔の下半分に多く出ているケースで色々な治療に効果が薄い場合に試されることが多いものです。

この治療を行っていないクリニックの方が多いですが、最近ホルモンバランスとニキビの関係は密接という説が有名になってきており、美容系の得意なクリニックでは取り扱うようになっている治療です。

ニキビの改善に効果が期待できるマーベロン等が処方されるケースが多く、利尿剤のアルダクトンという薬を併用することもあります。

アルダクトンは男性ホルモンの数値を下げる働きがあります。

クリニック内にエステが併設されているところも最近多くなっています。

治療とは別にスキンケアの一環でケミカルピーリングを取りいれると肌のターンオーバーが正常化されて肌のコンディションが整ってニキビが改善することがあります。

これは肌に弱い酸を塗ってターンオーバーを促す方法で、クリニックでも施術を受けることが出来ます。

メディカルエステでは肌のコンディションを整える施術の他にニキビ肌に最適な化粧品なども販売されています。

治療をするだけでなくより肌を美しくしたいという人は治療と並行してこうしたメディカルエステを受けることが推奨されることがあります。

まとめ

皮膚科では自分で市販薬を使ったケアをするのに比べて、格段に新しい治療で自分の肌のコンディションに合った治療がうけられます。

日々進歩する医療ではよりニキビが治りやすい薬を選んで処方してもらえます。

青森でもそうした治療が受けられるところが多くありますので5選を参考に通院を検討してみてはいかがでしょうか。

皮膚科・クリニックでは肌の状態に合わせて内側と外側からのケアをするサポートをしてくれます。

悪化する前になおすことで跡になるのを防ぎます。