ホーム >> ニキビコラム >> クリニック >> 栃木でニキビ・ニキビ跡治療できるおすすめクリニック5選!
更新日 2019.3.6

栃木でニキビ・ニキビ跡治療できるおすすめクリニック5選!

皮膚科でニキビ治療をするメリット

画像

おでこや頬にたくさんできてしまい、赤く腫れたり、化膿してしまうことがある思春期ニキビの悩みやフェイスラインやあご、口の周りなどにできやすく、治りにくい大人ニキビで悩んでいませんか。

ニキビは、放っておいても治るもの、指で潰して中身を出してしまえば治ると思っている人も多いのですが、放っておいても治るけれども繰り返し同じ場所にできてしまったり、指で潰して跡になってしまうことが嫌だったりする人は皮膚科での治療をおすすめします。

最近では、若い人から30代、40代の人まできれいな肌をキープするために、皮膚科でのニキビ治療を選ぶ人が増えてきています。

ニキビができてしまうことのストレスやスキンケア方法やスキンケアアイテムが分からないという悩みを解消して、跡が残ってしまうリスクを軽減することができることから、皮膚科での治療を選択する人が多くなってきているのです。

肌に炎症が起きていたり、化膿してしまったりすることがあるニキビは、皮膚科で治療することにより炎症や化膿が早くおさまり、早くきれいに治ることが期待できます。

皮膚科で治療を受けた人は、長年悩んでいたニキビの治療を皮膚科でするようになってから、治るのが早くなったのでストレスが減ったり、メイクを楽しめるようになったという人が大変多く満足度が高いことが特徴です。

炎症や化膿が長引いたり、指で潰したり触ったりすることで悪化してしまったりすると跡になってしまうリスクが高くなるので、皮膚科で治療を受けることで跡になるリスクを軽減できるという安心感も満足度が高い理由のひとつです。

市販薬やニキビ用のコスメを購入するよりも費用を抑えることができるようになったという人や肌質に合うスキンケアの方法を教えてもらったのでニキビができにくくなったという人も多く、自己流の対処法で悩んでいるよりも、皮膚科に行った方が満足度が高い治療をすることができるということが分かります。

ニキビを指で潰したり、頻繁に触ってしまうと悪化して炎症や化膿が起き、長引いたり、跡が残ってしまったりする可能性が高くなります。

皮膚科に行くと、毛穴の中にたまって炎症や化膿のもとになる古い角質や皮脂、菌などを衛生的な専用の器具を使って、医師が皮膚の組織に傷をつけないように取り出してくれるため安心です。

また、症状に合わせた適切な薬を塗ってくれたり、炎症を抑える処置をしてくれたりするので早く治ります。

ニキビ治療薬は市販されている物を使っているという人も多いのですが、市販の薬は病院の薬よりも成分量が少なかったり、成分の種類が少なかったりします。

誰にでも安全に使うことができるように、効果も控えめになっていることが市販薬の特徴なので、効果的に治したい場合には、成分の含有量が多く、市販では手に入らない成分が含まれていることもある病院で処方された医薬品を使用することをおすすめします。

病院では、医師が適切な医薬品を選択して、使用料や使用方法の指導を行うことが前提になっているので、効果が高い医薬品を処方することができるのです。

保険適用の医薬品なら、費用の負担も軽く、自分の症状に合った効果が高い医薬品を手に入れることができるというメリットがあります。

ニキビが繰り返して同じ場所にできてしまう場合や治りにくくていくつものニキビができてしまうという場合には、普段のスキンケアを見直す必要がある場合が多いようです。

肌質に合わない誤ったスキンケアを続けていると、ニキビができやすい状態になってしまうだけでなく、治りにくく長引くために悪化して跡が残ってしまうリスクが増したり、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが乱れて、肌の傷を回復することができずに跡が深くなってしまったりすることがあります。

できてしまったニキビを治療することはもちろんですが、肌に合わせたスキンケアをすることで肌の健康を保ち、なめらかできれいな肌をキープしやすくなるため、皮膚科でニキビ治療を受けて、自分に合ったアドバイスをしてもらうことは大きなメリットです。

スキンケアのアドバイスだけでなく、生活習慣や食生活、ホルモンバランスの乱れなどによる影響を正しく知ることができたり、生活習慣や食生活を改善する方法を教えてもらうことができる場合も多く、きれいな肌を保つことができるようになったり人がたくさんいるおすすめの治療法が皮膚科での治療です。

栃木のおすすめ皮膚科5選!

画像

栃木県は関東地方の北部に位置する県で、日光や那須などは観光地としても有名です。

県庁所在地は宇都宮市で、人口も多いため皮膚科や美容皮膚科も宇都宮市に多く存在しています。

栃木県内で十年以上も続くクリニックもありますし、比較的新しく開院したクリニックもあります。

品川スキンクリニックの宇都宮院は、JR宇都宮駅の西口から徒歩で1分ほどの場所にあるクリニックです。

総合的な美容医療を提供しており、ニキビやニキビ跡に対しては美肌エイジングケア治療・パール美肌(インフュージョン)・フォトシルクプラス・ケミカルピーリング・シルク美肌・レーザー美白といった治療メニューが用意されています。

美肌エイジングケア治療は、レーザーで皮膚に微細な穴を開けて成長因子を浸透させる治療法になります。

皮膚を再生させる効果が高いので、ニキビ跡で悩む人におすすめです。

品川スキンクリニック 美容皮フ科

【低価格と安心のアフターケアなら】
800万件を超える症例実績で安心!
★全国の主要都市40院展開だから通いやすい!
★カウンセリング、メール相談無料

_

品川スキンクリニックには、内服薬と外用薬を組合わせたニキビ対策セットもあります。

ニキビに効果があるビタミンCやビタミンB6、ビタミンB2などの内服薬と殺菌作用を持つ抗生物質の塗り薬がセットになっています。

クリニックの処方薬なので、安心して使用することができます。

湘南美容クリニックの宇都宮院は、栃木県宇都宮市東宿郷2丁目にあります。

JR宇都宮駅からは徒歩で4分程の距離です。

ニキビで悩んでいる人に最適な治療を実施しています。

治療メニューには、ケミカルピーリング・イオン導入・ロアキュタン・ベビースキン・アクネライト・ダーマペンといったメニューがあります。

慢性的な炎症性のニキビには、アクネライトやロアキュタン、イオン導入がおすすめです。

アクネライトとは医療用レーザーを使ってニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌するものです。

ロアキュタンはビタミンAの一種で、皮脂の分泌を抑えたりアクネ菌に対する抗菌作用を持っている薬剤になります。

重症化したニキビにも効果があります。

湘南美容クリニック

【ニキビの根本解決で美しく】
*全国75院展開で通いやすい
*どんなニキビ・ニキビ跡も改善!
*丁寧な無料カウンセリングで最適な治療を!

_

湘南美容クリニックの宇都宮院では、周期的にできる白ニキビに対してケミカルピーリングとイオン導入を推奨しています。

ケミカルピーリングは薬剤によって皮膚の表面を剥がれやすくし、肌のターンオーバーを正常化する治療になります。

イオン導入は、電気の力で効率的に薬剤を浸透させるものです。

ケミカルピーリングとイオン導入を組合わせることで、より効率的にニキビを改善することができます。

栃木県内には皮膚科や美容皮膚科が色々ありますが、提供している治療にそれぞれ特色があります。

価格などもクリニックによって違うので、事前にリサーチすることがとても重要です。

東京中央美容外科宇都宮院は、JR宇都宮駅の西口から徒歩1分の場所にあるクリニックです。

ニキビ治療では、内服療法とトレチノイン療法をメインに提供しています。

内服療法では、炎症を抑えたりニキビ跡の色素沈着を改善したりする働きを持つ薬を処方します。

トレチノイン療法は、皮脂腺の活性化を抑制する作用のあるトレチノインを使った治療法です。

ニキビを治療するだけではなく、肌質を改善したり肌荒れを予防したりする効果が期待できます。

宇都宮スキンケアクリニックは、宇都宮で開院してから15年以上の歴史を持つクリニックです。

皮膚の専門医による最高水準の治療を提供しています。

ニキビの治療には、ダーマローラー・ケミカルピーリング・パールフラクショナル・フォトフェイシャルアクネスなど様々な治療法があります。

ダーマローラーは肌の真皮層に栄養を与えて、肌の色素沈着を減少させたり美肌をつくる治療です。

ニキビ跡の改善に効果的で、治療費用も割安になっています。

宇都宮竹内クリニックは、カウンセリングからアフターケアまでトータルで高品質な医療を提供しているクリニックです。

JR宇都宮駅の西口から徒歩で3分程の場所にあります。

ニキビに効果的なケミカルピーリング治療を行っています。

ケミカルピーリングは薬剤を肌に塗ることで、古くなった皮膚細胞を優しく剥がす治療法です。

瑞々しい肌に再生してくれるので、ニキビを改善する効果があります。

また、宇都宮竹内クリニックでは、遠方で住んでいる人のために自宅でケアが出来るホームピーリングも用意してあります。

皮膚科、クリニックでは何をしてくれるの?

画像

皮膚科でのニキビの治療の一つに外用薬による治療方法があります。

菌の繁殖を抑える薬、炎症を緩和する薬、毛穴のつまりを改善する薬など様々なものがあり、症状に合わせて処方されます。

まずは原因となるアクネ菌を殺菌して皮膚の炎症を鎮めるために効果的なのが抗生物質の外用薬を使用することです。

特に炎症を起こして赤くなっている症状の改善に効果的だと言われています。

ただし、肌にはもともと様々な常在菌が存在し、肌表面を健康的な状態に保つ働きをしています。

抗生物質の軟膏などの外用薬を使用することで、にきびの原因となるアクネ菌の殺菌だけでなくその他の常在菌にも影響を与える為、常在菌を殺菌することで別の影響が現れる事も考えられます。

また、殺菌作用と角質溶解作用、さらに皮脂の分泌を抑える作用のあるイオウを含む塗り薬が使用されることもあります。

毛案付近のつまりを解消し、表皮の顆粒細胞が角質細胞に変化するのを予防することでにきびの発生を抑えるのがディフィリンゲルなどの外用レチノイドです。

ニキビが出来上がる過程に直接作用する薬で、初期の症状に対しては特に効果が期待できると言われています。

ただし、外用レチノイドはニキビの発生を予防する効果はありますが、炎症を鎮める作用はないので赤くなった炎症を伴う症状にはレチノイド外用薬だけで治療が済むわけではありません。

症状によっては炎症を鎮める抗生物質を補う必要があります。

外用薬とは別に、体の中からニキビができる原因を取り除いて治療する飲み薬による治療法もあります。

皮膚の炎症を抑える効果が期待できる抗生物質の飲み薬は、炎症を起こして患部が熱を持って赤くなっていたり、膿を持っているような症状に効果があります。

具体的にはミノマイシンやルリッドなどが挙げられます。

抗生物質の飲み薬を服用することはにきびの炎症を抑える働きがある反面、体内の他の菌にも影響を与える事が考えられます。

また、抗生物質はすでにできてしまったにきび跡を改善する効果は期待できません。

皮膚科でのニキビ治療ではその人の症状に合わせてビタミンCやビタミンB群などの飲み薬が処方されます。

これらは皮脂の分泌を抑える効果がある成分であり、過剰な皮脂分泌によってニキビができやすい状況になるのを防ぐ働きが期待できます。

また、繰り返しできるニキビはホルモンバランスの乱れが原因で起こる事もあり、その場合にはホルモン剤が処方されることもあります。

そしてニキビによる色素沈着などの皮膚トラブルを改善するためにはトラネキサム酸の飲み薬が効果的だと言われています。

トラネキサム酸は女性に多い肝斑などによる色素沈着の改善のためにも処方される飲み薬です。

さらに体質的にニキビのできにくい状態へと導く事を目的に漢方薬が処方される場合もあります。

飲み薬や塗り薬とはべつに、ニキビに直接的にアプローチする治療方法があります。

ニキビの表面に小さな穴をあけて毛穴に詰まった皮脂や膿などを取り除く方法です。

医療器具を使用して正しい方法でニキビをつぶす治療法なので、跡が残ってしまう心配はないのですが、赤くなって腫れているなど炎症を起こしている場合にはあまり向かない方法です。

肌表面の古くなった角質を専用の薬剤によってはがすことで、新しい肌への生まれ変わりを促進するのがピーリング治療です。

古くなった皮膚表面の角質層がはがれる事で角栓ができにくい状態が一定期間保たれ、ニキビができにくい環境に整える効果が期待できます。

ただし、ピーリング治療は酸性の薬剤を肌に直接塗布するため皮膚には大きな負担がかかり、人によっては肌の発赤やひりひりするといった症状が出る事も考えられます。

その為敏感肌の人に施術するには向かない方法です。

激しい炎症を起こしている部分に直接薬剤を注射する治療法があります。

一般的にはステロイド剤を局所注射に使用することで、短時間で症状を緩和する効果が期待できます。

ステロイド剤の局所注射は薬の効果によって一時的に炎症を抑えるのがその役割なので、ニキビをできないようにするという根本的な治療法ではありません。

また、炎症を起こした重傷なニキビの跡の治療にヒアルロン酸注射を用いて皮膚にできた凹凸を解消するという方法もありますが、これもやがては体に吸収されるため永続性のある治療法ではありません。

まとめ

画像

ニキビは思春期の年代だけのものではありません。

様々な原因によって繰り返し何度もできるニキビは、根本的な原因を正しく理解して、より効果的な治療を受ける事が大切です。

自己流のケアを続けてなかなか効果が上がらないと嘆くよりも、まずは信頼できる皮膚科を受診して、専門医の診察を受ける事がおすすめです。

原因が判明すればやるべきこともはっきりとするので、より安全に効果的にニキビの治療ができます。

そして治療以外にも日々の生活習慣を整える事も重要なポイントです。