ホーム >> ニキビコラム >> スキンケア >> 顎にできるニキビの原因は?早くキレイに治しましょう!

ニキビコラム

更新日 2018.5.24
顎にできるニキビの原因は?早くキレイに治しましょう!

しっかり洗顔しても、スキンケア用品を変えてみてもなおかなか治らない顎ニキビにお困りではありませんか?今回は正しい顎ニキビの治し方、予防法をご説明します!

 

 顎にニキビとは?

ニキビの画像

 

 

ニキビは顔の至る部分にできてしまうものですが、中でも厄介なのが顎にできるタイプです。同じ場所に繰り返しできてしまったり、腫れて跡が残って汚い肌になってしまうことも多いです。他の部位にできるタイプと比べてもなかなか治らず、髪やメイクなどで隠すことも難しいのでコンプレックスに感じている人も多いでしょう。

顎にできるタイプは他のタイプと違い、原因が体の内側にあることが多いという特徴を持っています。

外的要因が原因ではないので、スキンケアだけではなかなかキレイに治すことができません。いくつもの原因が複雑に影響し合っているケースも多く、何が原因だとすぐに突き止めるのも難しいでしょう。このため効果的なケアや治療が行えず、何度も繰り返してしまうのです。

 

 

顎ニキビの場合、最も大きな原因はホルモンバランスが乱れていることだと考えられます。ストレスが溜まり過ぎたり、生活習慣が乱れてしまうと、その影響を受けて自律神経が正しく働けなくなり、ホルモンをきちんと分泌できなくなります。

特に要注意なのが男性ホルモンで、過剰に分泌されてしまうと皮脂の分泌が促進されて雑菌が繁殖しやすくなったり、肌の保湿機能を低下させてニキビができやすい状態にしてしまいます。

女性も一定量の男性ホルモンが分泌されているため、ホルモンバランスが崩れれば男性ホルモンが優位に立って肌が荒れてしまいます。つまり、生活習慣やストレスなどの影響でホルモンバランスが乱れている場合は、それをどうにかしない限りはニキビが綺麗に治らないと言えます。

 

また、私たちの普段の食生活も大きく影響を与えています。本来、顎は顔の中でも皮脂の分泌があまり多くないはずの部分です。しかし、食生活の欧米化や偏った食事内容などにより、私たちは日ごろから脂肪分過多な食事を摂っています。

甘いスイーツや脂たっぷりのお肉は美味しくて幸せな気持ちになれますが、そういったものばかり食べていれば血液中の脂肪分も増え、皮脂の分泌も多くなってしまいます。

脂肪分や糖分、添加物なども皮脂の分泌に繋がるので、食べるのが大好きな人は要注意です。

 

さらに、女性に多いのが無理なダイエットで体に不調をきたしているケースです。食事の量が少なかったり栄養不足に陥ると、血行不良になったり便秘が悪化したりします。すると身体の中の老廃物や水分がスムーズに流れなくなり、肌のターンオーバーを促す栄養も足りなくなるので顎にまでニキビができやすくなります。

 

男性と女性でも顎ニキビができる原因には違いがあり、男性の場合は皮脂の分泌が多いという内面的な影響の他に毎日の髭剃りも大きく関わっています。どんなに肌に優しいシェーバーを使っていたとしても、毎日毎日カミソリの刃で肌を削っていればダメージは相当なものになります。

髭の伸びが早い人だと1日に2回剃ることもありますし、髭が濃ければ必要以上に深剃りして肌にダメージを与えてしまいます。

すると肌のバリア機能が低下して雑菌の繁殖を防げず、ニキビができてしまうのです。

 

女性の場合は、生理周期に従って体内のホルモンバランスが急激に変化し、肌の新陳代謝を低下させるホルモンが優位に立つ生理前は特にニキビができやすいです。

また、毎日のメイクによって毛穴に汚れが詰まりやすく、しっかりメイクを落とさないと肌に負担がかかり続けてバリア機能が低下してしまいます。 このように、顎ニキビができやすくなる原因は様々なことが影響しており、全てが複雑に絡み合っていることも多いので全てに対してケアすることが重要です。

どれか一つだけに気を付けても不十分なので、綺麗なツルツル肌にするためには身体の内側からのケアに特に気を配るようにしましょう。

 

顎ニキビは特に内側からのケアが大切と書きましたが、具体的には何をすればよいのでしょう?顎ニキビの対策の1つに、サプリメントで栄養バランスやホルモンバランスを補うというものがあります。最近ではニキビケアに特化したサプリメントも登場しているのでご紹介します。

 

緑の知恵

緑の知恵

【ニキビのないキレイなお肌に】
*内側からお肌改善するならコレ!
自然由来のこだわり成分で効果実感!
*製薬会社による安心安全のサプリメント

 

公式サイトを見る→

 

 

緑の知恵では、ビタミンCなど4種類のビタミンを補うことができます。それだけでなく、腸をすっきりさせてくれる植物性乳酸菌が新配合されさらにパワーアップしています。食生活が乱れている方、普段の食事では栄養バランスに自信がない方はぜひこのサプリメントで補いましょう。

 

ハトムギCRDエキス+舞茸エキス

ハトムギCRDエキス+舞茸エキス

【すべすべ肌を手に入れるなら】

ニキビ肌に体の中から働きかける!

ハトムギ+舞茸の美肌パワーをギュッと凝縮

食品会社が作る確かな安全品質

 

公式サイトを見る→

 

 

次に紹介するのは、美肌に効果があると言われているハトムギエキスと、エイジングケアに効く成分を多く含んだ舞茸エキスを凝縮した「ハトムギCRDエキス+舞茸エキス」というサプリメントです。あまり聞き馴染みのないサプリメントかもしれませんが、成分を見てみると美容成分たっぷりです。

ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

 

 正しいスキンケアを学ぼう!

顎ニキビがなかなか治らないと、どうしても原因や治し方ばかりに気が向いてしまいがちです。しかし毎日何気なく行っているスキンケアにも、肌を傷めてニキビができやすい環境にしてしまう原因があります。

間違ったスキンケアを続けているといつまで経ってもニキビが治らないので、正しいスキンケアを身につけるようにしましょう。

 

肌にニキビができてしまう原因が皮脂の過剰分泌にあるということは、今ではほとんどの人が知っていることです。このため、キレイに治すにはとにかく皮脂を落とせば良いと思い込んで、毎日必死に洗顔を頑張っている人も多いでしょう。 しかし、実はこれが大きな間違いなのです。皮脂は本来肌の表面に膜を張って水分が蒸発してしまうのを防いでくれています。

 

もちろん過剰に分泌されれば雑菌のエサになって肌荒れを招いてしまうのですが、ある程度の量は残っていないと、逆に肌が乾燥してバリア機能が低下してしまいます。皮脂を落とせば良いというわけではないので、毎日何度も洗顔フォームで洗ってしまうのは絶対に止めましょう。洗顔しすぎて皮脂の量が足りなくなってしまうと、肌はそれを感じ取って慌てて皮脂を余分に分泌しようとします。

 

顎はそもそも皮脂の分泌が多くないので、分泌量が一気に増えればすぐに毛穴が詰まってしまいます。毎日このようなことを繰り返していれば、自分で肌を痛めつけているようなものです。

 

また、1日1回の洗顔を心がけていたとしても、皮脂を落とそうとしてゴシゴシと力を入れて洗うのも厳禁です。肌は摩擦に非常に弱く、力を入れて擦ってしまうと簡単に組織が崩れ、バリア機能が衰えます。肌の環境が悪くなればニキビの原因になる雑菌の繁殖を止めることができませんし、治りも遅くなってしまいます。

洗顔する時には決して力を入れず、洗顔フォームをしっかり泡立て、泡だけで優しく洗うことが大切です。

これだけでも十分に毛穴の汚れやメイクを落とすことはできるので、必要以上に力を入れないようにしましょう。 ちなみに、洗顔の時に温かいお湯を使うのもあまりお勧めできません。寒い時期などはどうしてもお湯を使いたくなりますが、お湯を使うと皮脂が溶けやすくなってしまいます。

言うまでもなく、溶けた皮脂は流れやすくなってしまうので、肌が皮脂不足になって過剰分泌や肌荒れを招いてしまいます。できれば水で、寒い時期は38度以下のぬるま湯で洗うように注意しておきましょう。

 

洗顔が終わったら、きちんと保湿ケアをすることも大切です。洗ったままでは肌の水分がどんどん蒸発して乾燥してしまうので、必ず化粧水や乳液、パックなどを付けて保湿を忘れないようにしましょう。男性は何も保湿ケアしていない人も多いでしょうが、保湿が必要なのは男性も女性も同じです。

男性は男性の肌に合わせた化粧水や乳液が売られているので、それを使ってください。

 

また、スキンケア商品は肌質によっても適したものが大きく異なります。乾燥肌なのにオイリー肌用のサッパリした商品を使っていても効果は得られないので、乾燥肌は乾燥肌用のしっとり系の化粧水などを使うことが大切です。

男性も女性と同じように化粧水と乳液、美容液にパッククリームなどを組み合わせて使うことで、より保湿効果を高めることができます。

 

毎日いくつもスキンケア商品を塗るのが面倒だという場合は、全ての成分が入ったオールインワンジェルなどもあるので、それを試してみると良いでしょう。大切なのは自分の肌質にあったタイプの商品を使うということなので、スキンケア商品選びも慎重に行う必要があります。ニキビケアに特化した商品もあるので、色々と試してみましょう。

 

 顎ニキビを治すには

目立つ顎ニキビができてしまう原因は、ホルモンバランスや間違ったスキンケア、食事内容や生活習慣などあらゆることが関わっています。できてしまったニキビを治してツルツル肌にするためには、こういった全てのことに注意して改善していく必要があります。

セルフケアで改善できるケースもあれば病院で治療が必要になるケースもあるので、顎ニキビの改善に役立つことを知っておきましょう。

 

顎ニキビの直接的な原因はホルモンバランスによるところが大きいので、まずはこれを改善することを目指します。ホルモンバランスを管理しているのは自律神経で、自律神経の働きが低下するとバランスが崩れやすくなってしまいます。

 

自律神経はストレスや睡眠不足などで簡単に機能が低下してしまうので、まずは毎日質の高い睡眠をたっぷり摂ることが大切です。私たちは日中は交感神経が活発に働き、睡眠中は副交感神経が優位に立ちます。このメリハリが非常に重要なのですが、睡眠不足になると常に交感神経が働いている状態になり、メリハリをつけることができません。

これでは自律神経が正常に働けず、ホルモンをバランスよく分泌できなくなってしまいます。

副交感神経を優位に立てることが大切になるので、眠る時間が近づいたらテレビやパソコンを消し、好きな音楽を聴いたり温いお風呂にのんびり浸かるなどして、リラックスできる時間を作りましょう。そうすれば徐々に副交感神経が優位に働き始め、いざ眠った後もぐっすりと質の良い睡眠を摂ることができます。

毎日早寝早起きを心がけ、自律神経をしっかり働かせるようにしましょう。

また、睡眠は自律神経を整えるだけでなく、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンを分泌する効果もあります。

ターンオーバーによって肌の角質が活発に入れ替わるようになれば、ニキビを早く修復して綺麗なツルツル肌にすることができます。一般的に夜10時から深夜2時までの時間帯に最も豊富に分泌されるので、できるだけこの時間帯にぐっすり眠れるようにしておきましょう。

 

食事内容については、できるだけ余分な皮脂を分泌させないように脂肪分の多い食べ物は避けるようにしましょう。洋菓子や脂っこい食事は我慢し、肌の再生を促すビタミンが豊富な野菜を中心に食べるようにします。肌の老廃物をスムーズに排出するために、水分をタップリ摂ったり運動をして血行を良くすることも大切です。

 

スキンケアについても、肌へのダメージを避けるために毎日何度も洗ったり力を入れて洗うのは止め、洗顔フォームを泡立てて優しくマッサージするように洗うのがポイントです。洗いすぎると皮脂を流しすぎたり肌を傷めてしまうので、1日2回までを目安にしておきましょう。

 

こういったことに注意してセルフケアを続けていても、なかなか顎ニキビが治らないことも多いです。あまりに治りが遅い場合は、セルフケアは諦めて皮膚科を受診するようにしましょう。ただのニキビで病院へ行くのかと驚く人もいるでしょうが、頑固なニキビはできるだけ早く治療しないと赤みや跡が残ったり酷く悪化して化膿してしまうこともあります。

遠慮する必要は無いので、皮膚科に相談してみてください。

 

病院では、炎症を抑える塗り薬や抗生物質、毛穴の汚れを取り除いたりレーザーなどを利用して治療を行います。症状によっては保険を適用できるものもあり、数百円から数千円程度で治療できることもあります。自費でもそこまで高額になることはありませんが、レーザー治療など特殊な内容になると数万円かかることもあります。

個人ごとの症状を見て治療法を決めることになるので、担当の医師とよく相談するようにしましょう。

 

 顎ニキビを予防するには

顎ニキビは単純な原因だけでできるものではないので、一度できるとなかなか治すことができない厄介な存在です。そもそも作らせないことが一番なので、日ごろから予防を心がけておくことが重要です。

ニキビのできにくい体質づくりを実践しておけば、多少生活習慣が乱れたりストレスが溜まったりしても、すぐに顎がブツブツとしてしまうこともないでしょう。

 

ニキビは肌の環境が悪化し、原因菌であるアクネ菌が異常に繁殖してしまうことが直接の原因です。これを防ぐためには常に肌の環境を良くしておくことが大切で、そのためには必要な栄養素をしっかり摂ることが欠かせません。毎日3食しっかりと食べ、特に肌の生成やターンオーバーに役立つビタミン類を積極的に食べるようにしましょう。

ビタミンは特に野菜に多く存在するので、毎食違った野菜をメニューに取り入れるようにしましょう。

 

女性はダイエットなどで食べる量を減らしたり、低カロリーのものばかり食べてしまいがちですが、そんなことを繰り返していると栄養が足りずに肌がボロボロになってしまいます。食べる量が減れば便も作れなくなり、酷い便秘にもなるでしょう。腸と肌は密接に関係しており、腸内環境が悪化すると肌にすぐ影響が現れます。

老廃物が溜まってしまうのでターンオーバーも低下し、古い角質がいつまでも肌に残ってニキビが治りにくくなります。キレイな肌を目指したいならダイエットは我慢し、必要な栄養をしっかり摂取することを最優先にしましょう。

 

また、自律神経を整えてホルモンバランス乱れを防ぐために、睡眠をしっかり摂るのと同時にストレスを発散することも大切です。大人になると毎日生活しているだけで多くのストレスに晒されてしまいますが、毎日それをため込まずに発散させてください。

ストレスは自律神経に大きな悪影響を与え、肌の環境を悪化させる男性ホルモンを多く分泌させてしまいます。

これを防ぐために、好きな趣味に没頭したり運動したりする時間を作り、ストレスを毎日しっかり発散させるようにしましょう。ストレスは特に溜まっていないと感じている人でも、何をしても楽しくなかったりイライラしやすくなったり、なかなか眠れなくなったり食事が美味しく感じなくなったりすると実はかなりストレスが溜まっている状態です。

自覚していなくてもストレスは溜まってしまうものなので、こういった症状に心当たりがある人は、積極的にストレス発散に向けて行動しましょう。

 

特に運動は体内のストレス物質を排出するだけでなく血行を促進させる効果もあるので、老廃物を押し流して肌のターンオーバーを促すという一石二鳥のメリットもあります。毎日きつい運動を日課にすると、それがプレッシャーになって返ってストレスが溜まってしまうので、無理なく続けられるレベルの運動にすることがポイントです。

 

毛穴の汚れが気になる場合は、普段からピーリングをするのもお勧めです。 ピーリングとは特殊な石鹸などを使い、古くなった肌の角質を落とすスキンケアのひとつです。

ターンオーバーが低下していると古い角質がずっと残り、なかなか新しくキレイな肌が出てきません。これでは肌環境も悪化しやすくなりますし、いざニキビができた時も治りにくくなります。

古い角質を自分で落としてあげることで、常に新しくバリア機能の高い細胞が表面に出やすくなります。ターンオーバーも促進されるので、ニキビケアには非常に役立ちます。 ただ、ピーリングをした後は薬剤の影響で肌がかなり敏感になっているため、いつも以上に念入りに保湿ケアをする必要があります。

角質が落ちることで一時的に肌が薄くなるので、紫外線などのダメージも受けやすくなるので注意しておきましょう。

 

マイルドピーリング効果がある洗顔料と言えば、プロアクティブ+です。古い角質を取ってくれるためお肌がツルンとなるそうです。ぜひ試してみましょう。

プロアクティブの画像

プロアクティブ

【毛穴の汚れをすっきり】

ニキビ予防ができる

肌にやさしいソフトスクラブで

古い角質や余分な皮脂をオフ!

公式サイトを見る→

 

 

 まとめ

いかがでしたか? 顎ニキビは不断の生活習慣が大きく影響することがわかって頂けたと思います。まずはサプリメントで栄養を補ってみましょう。

同時に洗顔料や化粧水などニキビケアに特化したものに変えてみるのもおすすめです。それでも効果が実感できない場合は、思い切って皮膚科やクリニックに相談してみましょう。