ホーム >> ニキビコラム >> 特集 >> 抗生物質「ミノマイシン」ってニキビに効くの?

ニキビコラム

更新日 2018.5.21
抗生物質「ミノマイシン」ってニキビに効くの?
カテゴリ

 

皮膚科で処方される代表的な薬「ミノマイシン」。本当にニキビに効果があるのでしょうか?その効果や副作用をご紹介します。また、他にもおすすめの洗顔料やクリニックもご紹介しているので、ぜひ参考になさって下さい。

 

 

 

 ニキビの基本知識

ニキビの画像

 

ニキビができると見た目にも影響が大きくなるため、注意が必要になってきます。ごくごく軽度のものであればメイクや髪型などでカバーしていくこともできますが、極端に症状が進んでしまった場合にはそれだけでは見た目をカバーしきることができません。

 

皮膚の表面が凸凹としたものから赤みのあるものまで、症状が悪化するとその跡が長期間残ってしまうこともあるので、注意していきましょう。

 

では、そもそも、ニキビができる原因にはどういったものがあるのでしょうか?ニキビができるのは毛穴に皮脂やほこりなどの汚れが蓄積されることが要因となってきます。

もちろん、この他の要因もいくつかありますが、こうした毛穴にたまった汚れに雑菌が繁殖して患部に炎症が引き起こされていきます。

患部の炎症が極端になれば、腫れや赤みなどニキビ特有の症状があらわれてきますし、時に症状が悪化すれば膿や痛みなどの症状を伴うことになります。極端に症状が進まないうちに対処していくことが大切になってくるわけです。

 

こうしたニキビの対処方法としてまず挙げられるのは、毎日のスキンケアです。ニキビの炎症を抑えるために消炎効果のある化粧品を用いるのもおすすめになってきます。また保湿成分が豊富に含まれている化粧品を使うことで、肌機能の低下を防ぐことができます。

もちろん、人によってはそれだけでは効果が得られないこともありますが、毎日続けていく事で着実に肌の状態を改善していく事が出来ます。

 

ニキビの対処方法として、それぞれの症状・状態で使用する化粧品は異なってきますが、一番に重要になってくるのが洗顔によって患部の汚れを取り除いていくことです。それ以上毛穴に汚れや雑菌がたまらないように、殺菌効果の強い洗顔料を使えばより高い効果を期待していく事が出来ます。

 

洗顔料を使用する際には、そのままの状態で使用するのではなく、しっかりと泡立てた上で使用していきます。

 

こうすることで肌への過度の刺激を避ける事が出来ますし、泡の自然な力で毛穴奥の汚れを書き出していく事が出来ます。この時、肌を軽くマッサージするようにすると患部の血行を良くすることが出来るので効き目があらわれやすくなっていきます。

 

参考:顔に目立つ赤ニキビ、効果のある薬は?

参考:本当に【ニキビに効くサプリメント】を知ってますか?

 

ニキビの対処法の1つとして正しい洗顔を挙げましたが、ここではニキビットおすすめの洗顔料を2つご紹介します!

 

テレビCMでもおなじみのプロアクティブはなんと14年連続日本売上第1位の人気商品です。まだニキビケアを何も試したことないという方は、まずプロアクティブからはじめてみても良いかもしれません。効果が実感できなければ、使い切っても60日間返金保証がついているので安心してお試し下さい。

プロアクティブの画像

プロアクティブ

【毛穴の汚れをすっきり】

ニキビ予防ができる

肌にやさしいソフトスクラブで

古い角質や余分な皮脂をオフ!

公式サイトを見る→

 

メディアクネールは満足度、リーピート率共に90%超えの実感度の高い商品です。洗顔料と化粧水のセットです。初回980円という驚きの安さでお試しできる上、全国どこでも送料無料という嬉しいポイントもあります。試してみて損はないはずです!

ニキビケアに特化した医薬部外品「Medi Acnar メディアクネール」

メディアクネール

【お得に効果を実感したいなら】

初回4,900円オフでお試し可能!

医療機関でも販売される信頼品質

リピート率92.8%の実感率!

公式サイトを見る→

 

ここで挙げたケアの方法はあくまで素人でも手軽にできるものばかりです。こうした方法で症状が緩和されるようであればいいのですが、そうでない場合には個別に医療機関を受診していくのもおすすめになってきます。

医療機関であれば、より確実に症状を緩和させていくことが出来ますし、必要に応じてニキビ跡の治療も同時に進めていく事が出来ます。

 

保険が適用されるのかどうか、こうした点も注目するべき点ではありますが、いろいろなケアをしているのにも関わらず症状が一行に良くならないという人は参考にしていくといいでしょう。もしかすると単純なニキビの症状ではなく、その他の病気が関係して症状が引き起こされている可能性も出てきます。

 

こうした可能性をチェックしていくことも時には大切になってきます。

何より、セルフケアよりも短期間で見た目に変化を実感していく事が出来るので、手っ取り早く効果を実感していきたいという人は参考にしていくといいでしょう。具体的に治療ではどんな治療方法が用いられることになるのか、それも一緒に把握していくのがお勧めです。

 

セルフケアでは肌荒れを解決できない場合の医療機関受診の必要性について説明しましたが、実際どこのクリニックに行けばよいの?そんな方のために信頼できるおすすめのクリニックをご紹介します

 

湘南美容クリニックは全国的に有名な美容クリニックで、美容整形のイメージが強いかもしれませんが、美容皮膚科にも力を入れています。ニキビ/ニキビ跡治療も充実しており、一人ひとりにあった治療を提案してくれます。

美容整形

湘南美容クリニック

【ニキビの根本解決で美しく】

どんなニキビ・ニキビ跡も改善!

丁寧な無料カウンセリングで最適な治療を!

美容医療の専門医に診てもらえるから安心!

公式サイトを見る→

 

こちらも有名な美容クリニックです。特にネットでの評判が良く、悪い評判が目につかない点で信頼のおけるクリニックと言えます。無料診察、カウンセリングを行っているのでまずは専門医に相談してみて下さい。

フェミークリニック ニキビ

フェミークリニック

【美肌を実現するなら】

一人ひとりに合わせたニキビ治療!
ニキビの出来にくい肌質に
お気軽に無料診察・カウンセリングへ!

公式サイトを見る→

 

 ミノマイシンってどんな薬?

ニキビの画像

 

では、具体的にニキビの症状を改善するために治療にはどういった方法が用いられていくのでしょうか?簡単な方法であれば薬物療法が挙げられていきますが、極端に症状が進行しているという場合にはレーザー治療などが個別に行われることになります。とはいえ、大半のケースでは外用薬や内服薬を用いた方法が用いられることになるので、治療の際には参考にしていくといいでしょう。

 

「ミノマイシン」は皮膚科で処方される代表的な飲み薬です。ミノマイシンはテトラサイクリン系に分類される抗生物質で、ペニシリンなどでも効果がない細菌の対処にもおすすめになってきます。実際に、幅広い細菌に効き目を発揮していく為、ニキビ治療の他、幅広い治療に用いられていくのが特徴です。 そもそも、ニキビの炎症が起こっている部位には細菌が残っている状態です。

炎症を食い止めるためには、まずはこの細菌の存在を何とかしなければいけません。その為に抗生物質が用いられるわけですが、ミノマイシンを用いれば比較的スピーディに体内の細菌を弱らせ撃退していく事が可能です。

 

抗生物質「ミノマイシン」と一口にいってもその種類にはいくつか挙げられます。まず子供でも気軽に服用することができる顆粒タイプです。抗生物質のため苦みもあるのですが、子供でも気軽に服用できるように甘みもプラスされています。

 

1日1回から2回の服用が勧められますが、大人の場合には錠剤やカプセルを使って治療を進めることが多くなっていきます。

 

大人の場合、カプセルや錠剤が使用されることになりますが、服用のタイミングやその回数はそれぞれの症状・状態によって変わってきます。多くは子供用の顆粒と同じように1日1回から2回程度の服用が勧められることになります。

 

こうした服用薬は継続して服用することで見た目に症状を緩和させていく事が出来ますが、この他にもミノマイシンには点滴を用いる方法もあります。点滴であれば体への吸収率も高くなるため、より高い効果が期待できます。

ただ、この治療方針を決定していくのは治療を担当する医師となるので、こうした方法を希望する際にはあらかじめ医師に相談をしていくようにしましょう。

 

抗生物質ミノマイシンはニキビの治療として、実際に多くの皮膚科で処方が勧められています。日本皮膚科学会のガイドラインにも、ニキビの治療にミノマイシンが適しているという記述もあるため、その信頼性は高いといえます。しかも、この抗生物質はニキビの治療だけでなく、あらゆる細菌感染の治療に効果が期待できます。

 

もちろん、人それぞれで使用する薬は変わってくることになるのですが、マイコプラズマ肺炎やクラミジアの治療薬としても使用していくことがあります。ニキビの症状と平行して他の感染症が引き起こされているという人であれば、こうした抗生物質を用いていくといいでしょう。

 

そして、これはあまり知られていませんが、赤ら顔の治療としてもこのミノマイシンが用いられることがあります。

 

赤ら顔は極端なケースだとメイクでもカバーすることが出来なくなるため、注意が必要になってきます。ニキビが原因でこうした赤ら顔の症状が引き起こされているという人であれば尚の事、参考にしていくといいでしょう。

 

 ミノマイシンに副作用はないのか?

ニキビの画像

 

ただ、このミノマイシンには使用の際に注意しなければいけない点も存在しています。こうした抗生物質は細菌感染による症状を解消するには打ってつけの方法となってくるのですが、その分体への負担が多少伴う場合があります。人によって重大な副作用があらわれてしまうこともあるので注意が必要です。

 

もちろん、ミノマイシンを服用したからといって絶対に副作用があらわれるというわけではありませんが、顆粒タイプの場合であれば全体の5パーセント前後、カプセルや錠剤タイプであれば14パーセント前後の確率で副作用があらわれるというデータが残っています。

 

では、具体的にこの薬にはどういった副作用のリスクがあるのでしょうか?まず代表的なものであれば、下痢や腹痛、吐き気やめまいなどの症状が挙げられていきます。極端な症状があらわれた場合には仕事やプライベートにも影響がでてくるので注意していくべきです。

 

めまいや吐き気の症状はカプセルや錠剤タイプを服用した人の3パーセント前後の割合で引き起こされていきます。

 

顆粒の場合はこの発生確率が幾分低くなっていくわけですが、それでも子供の急激な体調変化には気をつけていきましょう。通常であれば、薬の服用量が多ければ多い程、症状が引き起こされやすくなっていきます。

 

対処方法としては、服用する薬の量を減らしたり、一時的に服用を中止すれば症状は改善されていきます。ただ、薬の量を減らしたり、服用を中止するなどの判断は素人ではつきにくいため、まずは担当する医師に相談していく事からはじめていくのがおすすめです。

 

こうした対処法を試しても症状が改善されない場合にも、医師に相談して今後の対処方法を考えていきましょう。

 

この他にも、ミノマイシンの副作用には肌に関するものも挙げられていきます。ニキビの炎症を食い止めるためにおすすめの抗生物質ではあるのですが、時にこの薬の影響で発疹や発熱、口内炎や皮膚炎を引き起こしてしまう事があります。

 

実際に薬を服用していて肌や口腔内に違和感を感じる事があれば、すぐにでも医師に相談していくのがベストです。

 

ミノマイシンで起こり得る代表的な症状として先に挙げたようなものが挙げられますが、重大な副作用となれば時に命の危険が伴うこともあります。もちろん、ここまで症状が重度になるケースはごく稀ですが、アレルギーを持っている人であればアナフィラキシーショックや血液障害が起こってしまうことも考えられます。

 

治療の際にはあらかじめ、自身の症状や状態、体質についてしっかり医師に相談していくのがおすすめです。

 

あらかじめ体調やアレルギーの有無について知っている状態であれば、何らかの症状が伴ったとしても臨機応変に対応していくことができます。命の危険がある場合にはもちろんですが、それ以外の副作用があらわれた場合でも症状が悪化する前に対処していくことが大切です。

 

 まとめ

抗生物質「ミノマイシン」は確かにニキビに効果の高い薬ではあるのですが、治療の差にはこうしたリスクも伴うのだという点は押さえておくに越したことはありません。治療でこうした抗生物質を用いる場合にはここでの情報を十分に参考していくようにするといいでしょう。

 

また、医療機関を選ぶ際にもアフターフォローが徹底しているところを選ぶことで、治療に安心感を持って臨むことが可能になります。

 

参考:本当に【ニキビに効くサプリメント】を知ってますか?