ホーム >> ニキビコラム >> 大人ニキビ >> ニキビは冷やすことで治せるのか?ニキビの効果的な治療法とは
更新日 2018.11.20

ニキビは冷やすことで治せるのか?ニキビの効果的な治療法とは

赤く炎症を起こしたニキビ、かゆみを伴うニキビ、冷やすことで治せると思っていませんか? 結論から言うと、それは間違いです! 正しいニキビの治療方法を一緒に見ていきましょう!

ニキビを冷やすことに治療効果はある?

ニキビの画像

ニキビが赤く目立ってしまうとき、ニキビがかゆくて我慢できないとき、に効いを冷やすことで炎症を鎮めようとする方も多いと思います。

しかし、医学的にはニキビを冷やすことは推奨されていません。お肌に余計な刺激を与えてしまうことになるからです。

そもそも、ニキビの原因は古くなった角質が毛穴を塞いでしまうことです。 そして、その毛穴の中に溜まった皮脂をエサとしてアクネ菌などのニキビの原因菌が増殖することで悪化していきます。 つまりニキビ治療には、このアクネ菌を退治することが最優先なのです。

ニキビを冷やしてもアクネ菌をやっつけることはできません。ただ、お肌に余計な刺激が与えられ逆にニキビの悪化につながるのです。 そのときに必要なのは、アクネ菌などのニキビの原因菌を殺菌する効果がある抗菌剤やグリチルレチン酸などの抗炎症作用がある薬です。

例えば、ニキビケア商品で有名なプロアクティブにもアクネ菌を殺菌する効果が含まれています。自己流のケアでニキビを悪化させる前に、プロアクティブで根本からニキビを治しましょう。

ニキビを冷やすことによるダメージとは

では、ニキビを冷やしてしまうことによってお肌やニキビにはどのようなダメージを受けるのでしょうか?

顔の血管は毛細血管という細い血管が集まっている場所です。ですから、顔にできたニキビの場合、冷やすことでによってその血管が縮んでさらに細くなってしまいます。 そして、ニキビを冷やすことによってその部分が血行不良となります。

その結果、お肌に血液や栄養が届かなくなるという状態になるのです。そして、ターンオーバーと呼ばれるお肌にとって重要な再生周期が乱れてしまい、逆にニキビが治りにくくなってしまいます。 また、たとえばニキビを冷やす場合氷などで冷やすこともあるでしょう。この場合、冷やし過ぎてしまうとお肌の細胞に急激なダメージを与えることになります。

単にダメージを与えるだけでなく、最悪の場合は皮膚自体が軽い壊死を起こすこともあるのです。壊死を起こしてしまうということは、ニキビ内の細胞も壊死してしまうことを意味します。 壊死すると細胞が死んでしまうので、その結果、悪化したニキビの痕跡がそのままニキビ跡として残ってしまうことがあります。

たとえば、炎症がひどくなっていた赤ニキビがさらに紫ニキビやもっと濃い紫色の色素沈着を引き起こす可能性があります。そうなると、ニキビ治療どころかニキビ跡を作る結果になるので、注意するべきです。

さらに、ニキビを冷やすことで生じるマイナス効果としてお肌を乾燥させてしまうという点も挙げられます。

ニキビを冷やすときに、氷や保冷剤を使ったりすることも多いはずです。このとき付着した水分が原因で顔の皮脂が流れ落ち、お肌に必要な潤いが失われ乾燥してしまうのです。

お肌が乾燥してしまうと、周囲の毛穴にニキビが次々とできやすい状態になります。特に、大人ニキビの場合、乾燥が原因となっていることが多いのでさらに悪化することが考えられます。 ニキビを冷やす手段によっても、お肌の乾燥を招くことになることを知っておきましょう。

冷やすと効果のあるニキビとは?

ニキビの画像

では、冷やすことはニキビにとって悪い影響を与えるだけなのかというとそうでもありません。実は、冷やすことで治療効果が期待できるタイプのニキビも存在しています。

具体的に「冷やすことで治療効果が期待できるニキビ」を挙げると、それはいわゆる赤色ニキビや黄色ニキビなどの炎症を起こしているニキビです。 ニキビは、その炎症の度合いによって色で区別されており一番軽症なのが白ニキビで、もう少し悪化すると黒ニキビとなります。

そして、さらに悪化すると赤ニキビになり、もっと重度になると黄ニキビになります。 この4種類の段階のニキビの中で重症の部類に入る赤ニキビと黄色ニキビは、膿を持つなどの炎症を伴うことが多いニキビです。

そもそも、これらの重症化したニキビというのは、増殖したアクネ菌を抑え込むために血液から白血球が出てきて戦っていることでできたニキビです。 そのために熱が生じてくることも多く、その熱の炎症を抑えるためには冷やすという処置が効果的だといわれています。

その理由は膿を持っている赤ニキビや黄色ニキビは冷やすことによって、そのニキビができている部分の細胞の働きが衰えていくからです。冷やすことにより、炎症が抑えられ、症状として出ていた痛みや熱や腫れなどがなくなっていくなどの効果が期待できるのです。

つまり、冷やすことによって、毛細血管を収縮させることができ、その結果、血液の流れが悪くなります。そのため痛みを感じさせる成分や腫れる原因となる水分が出て来ることを阻止することができるのです。 ただ、これはどこまでも炎症が重症化している赤ニキビや黄ニキビについてのことです。

しかも、赤ニキビや黄ニキビの炎症を抑える一時的な応急処置です。 炎症が起きていない白ニキビや黒ニキビにはまったく効果が望めないことも覚えておきましょう。 炎症の起こっていない白ニキビや黒ニキビの場合は、冷やしても何の効果も得られません。

逆に身体を守ってくれている白血球の働きを抑えることになるので、アクネ菌が衰えることなく活発な状態のままになってしまいます。そして、せっかくの自然治癒力が働かずニキビがなかなか治らないという結果になってしまいがちです。その点の処置を間違えないように注意したいものです。

また、炎症を起こしたニキビを冷やすときにはそのタイミングも重要です。ニキビが重症化していたなら、いつでも冷やせばいいというものではありません。冷やすことで効果が期待できるのは、痛みや熱、腫れなどがひどい急性期の時期だけです。

たとえば、赤ニキビができたばかりで痛みや熱、かゆみ、腫れなどがひどくてつらいときなどがそれに相当します。 このようなつらい症状が出ている急性期に、一時的にそのつらい症状を抑えるために冷やすのは正しい処置方法です。

ただし、このニキビを冷やす時期は本当に短期間にしておくことが大切です。一時的につらい炎症を和らげるために冷やすという応急処置的な方法です。それ以降になってからは、ニキビを冷やすことはおすすめできません。

ですから、ニキビの炎症が治まったあとにも冷やし続けるのは逆効果になるので注意しましょう。 ニキビを冷やすことで、ニキビの周囲の血行が悪くなり逆にお肌のターンオーバーを乱れさせてしまいます。 さらには、前にも述べたようなお肌の細胞の壊死を起こす原因となることもあります。

お肌の細胞の壊死にまで至ると、お肌のダメージは計り知れません。また、肌の乾燥も進めてしまう危険性もあり、ますますニキビの炎症が悪化につながる危険性があります。 冷やすと治療効果があるのは「急性期」だけです。「慢性期」に冷やすと悪化させることになるので注意しましょう。

ニキビの急激な痛みや熱などの症状が引いたら、ニキビはすでに慢性期に入ったと考えましょう。ですから、すぐに冷やすことはやめることが重要です。そして、今度は身体の自然治癒力を高めるために血管を広げて血行を良くしていきましょう。 いつまでも冷やし続けているとニキビが治らないどころか悪化するので気をつけてください。

ニキビを冷やすことについては、場合によって治療効果がある場合もあることをおわかりいただけたでしょうか?ただし、それにはタイミングがとても重要であることを覚えておきたいものです。急性期のみの炎症の場合にだけ、冷やしてこそ効果が期待できます。 逆に、ニキビが慢性期になった場合は温めることが重要です。

ニキビの場合急性期の状態であることは、ほんの短い期間だけです。つまり、多くの場合ニキビは慢性期の状態にあるわけです。そう考えると、ほとんどのニキビは温めることが大切だということがわかります。温めることによって、ニキビの周りの細胞の修復が徐々に行われていきます。

ですから、ニキビ治療において、冷やしていい時期を見極めることが大切だということを心に留めておきましょう。

ニキビを冷やすことがすすめられる時期や状態でも、その冷やす方法には適切なやり方があります。間違った方法で冷やすと悪化させることもあるので注意しましょう。たとえば、炎症を鎮める目的でニキビを冷やす場合、氷やアイスノン、保冷剤などを使うのはよくありません。

氷やアイスノン、保冷剤などの使用はあまりに冷たすぎてお肌への刺激が強くなりすぎます。 冷やすときにも適切な温度で冷やすことが大切です。 ニキビ用のローションを冷やしておいて、それをコットンに浸み込ませて炎症を起こしているお肌のニキビができている部分に貼るという方法はおすすめできます。

乾いてきたら、また、冷えたニキビ用ローションを少し浸み込ませて貼るという方法でクールダウンさせましょう。これも、ニキビに余計な刺激を与えないで簡単にニキビを冷やすことのできる方法です。

エアコンの冷風などを使ってニキビを冷やそうとする人もいるかもしれませんが、これは、エアコンの乾いた風でお肌を乾燥させて逆効果になるのでやめましょう。保湿しながら冷やしていくことをおすすめします。

ニキビができたら温める方がいい理由

ニキビの画像

ニキビを冷やすことはお肌にとって悪影響だと分かりました。逆に、ニキビは温めたほうが良いと言われています。その理由をご説明します。

実は、ニキビ治療には、ニキビを冷やすよりも温める方が効果を期待できます。ニキビは炎症を起こしている急性期には冷やすことも効果的ですが、それはほんの短期間のことです。その後は慢性期に入るので、炎症が徐々に引いてきたら次はそのダメージを受けたニキビ部分の細胞を修復していくことが重要になります。

ただ、この慢性期のニキビの状態は急性期よりプロセスがゆっくり進んでいくので、治っていく過程が緩やかです。 ですから、急性期にできていたニキビ部分の腫れなどは引いても、ニキビの炎症の跡の赤みなどは残ってしまうことが多いです。

その理由は、お肌の炎症部分を修復するために必要な成分を送っていく目的で、ニキビ部分の血管を広げる必要があるからです。また、それだけではなく、さらに新しい血管を増やしたりして血流を増やそうという自分の身体の自然治癒力が働きます。

そのため、ニキビのできた部分はすぐには赤みが消えず残ってしまうのです。 赤みが残るのは、ニキビでできたお肌の炎症部分を修復するためなので気長に待つ必要があります。ただ、この時期にニキビ部分を温めてあげることによって血行を促進し、お肌に十分な血液や栄養が届いて患部が治るのを助けることができます。

最初にご紹介したように、ニキビにはアクネ菌などの原因菌があります。実は、ニキビができた部分を温めるとこのアクネ菌が活発に働くのを抑えることができるといわれています。そのメカニズムを説明すると、まず、ニキビ部分を温めることによって、毛穴が開きやすい状態になります。

それによって、ニキビの原因となっている毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂が排出されやすくなるのです。 これらの毛穴の中の皮脂や汚れは、アクネ菌などニキビの原因菌のエサになっています。そして、それらがなくなることによって、ニキビの原因菌の繁殖を抑えることができるようになるわけです。

アクネ菌などを抑制することができれば、ニキビによる炎症も抑えやすくなるのでニキビを早く治すことが可能になります。ぜひ、ニキビができたら温めることによって、原因菌の繁殖を抑えることができることも知っておきましょう。

皮膚科など、ニキビ治療の専門医が行うニキビ治療でも、ニキビを温めて治すという方法が用いられています。具体的な治療をご紹介します。

クリアタッチは2種類のレーザーと温熱効果によりニキビを治すという治療方法です。熱を与えることで、ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌する効果があります。それだけではありません。

過剰な皮脂の分泌を抑える効果や、毛穴に詰まった角栓の溶解する効果、血行を促進し、お肌の調子を整える効果も期待できます。

ニキビ治療としてクリアタッチを導入しているクリニックは多くありますが、その中でもおすすめのクリニックを紹介します。

城本クリニック

【経験豊富な医師による安心治療!】
★お得な初回トライアル実施中!
10万件以上の症例実績!
カウンセリング無料!

_

城本クリニックでは専門医がカウンセリングから治療まですべて行ってくれるので安心して治療にのぞめます。

無料カウンセリングを行っているのでまずはお近くの店舗で相談してみましょう。

シロノクリニック

【レーザー治療専門のシロノクリニック】
★薬治療でなかなか治らなかった人におすすめ
★お肌へのダメージが少ない
無料相談実施中!

_

シロノクリニックはレーザー治療専門のクリニックなので、クリアタッチによる症例実績を多く持っています。顔全体の治療と頬+鼻+口の周りの治療では料金が異なり、部分的な治療をしたい方におすすめです。

まずは無料カウンセリングに行ってみましょう。

ピュアアクネスもニキビを温めることによってニキビを治療していく方法です。クリアタッチとの違いは、クリアタッチがじんわりと熱を伝える治療であるのに対して、ピュアアクネスは熱を集中的に伝えるという点です。

さらにニキビの改善だけでなく、肌質改善、コラーゲンの増殖効果も期待できます。産毛や角質を取りなめらかな肌にしていきます。 ニキビ治療にピュアアクネスを取り入れているクリニックはあまり多くありません。

ニキビの患部を温めることも大切ですが、実は、それだけでなく身体の内側から温めることも重要です。両方から温めていくことによってニキビが治りやすくなります。

また、ニキビを治すだけではなく、身体全体や身体の内側からも温めていくことによってニキビ予防にもなるといわれています。 たとえば、お風呂に入って身体全体を温めていくことによって毛穴が開いていきます。 そして、その状態で顔や身体を洗うと毛穴の中の汚れが落ちやすくなります。

さらに、身体を温めて血行をよくすることでお肌の新陳代謝が活発になります。つまり、お肌のターンオーバーが正常化しやすくなりニキビの治療や予防に効果が期待できるのです。ぜひ、毎日ちゃんとお風呂に入って身体全体を温めましょう。

外側から温めることばかり考えず、身体の内側から温めていくように努めていきましょう。 身体を温めることによって、全身の血行がよくなりその結果お肌の血行もよくなります。

それが、お肌のターンオーバーの促進にもつながり、結果としてお肌のターンオーバーの周期が整っていきます。お肌のターンオーバーを整えることはニキビ治療にとって、とても大切なことです。ぜひ、この点にも留意してニキビを治していきたいものです。

ニキビ跡を冷やすことはニキビ跡にどのような影響を与えるのでしょうか?

実は、ニキビ跡を冷やすことにはお肌にとって逆効果となりニキビ跡治療の効果は望めません。ニキビ跡ができる理由はニキビができたとき、お肌をニキビから守るために身体の自然治癒力によってお肌が自らメラニン色素を作り出すことが原因となっているといわれています。

そして、そのメラニン色素がそのままお肌から排出されることなくとどまっている状態がニキビ跡です。 ということは、このメラニン色素をお肌から排出すれば、お肌に残ってしまった赤みを帯びるなど色素沈着したニキビ跡は消すことができるということになります。

では、メラニン色素をお肌から排出するための方法というものはあるのでしょうか? ニキビ跡の赤みや色素沈着を消すカギは新陳代謝をよくしていくことです。 お肌の新陳代謝をよくしていくことでお肌のターンオーバーが活発になります。

それによって、ニキビ跡の赤みや色素沈着を消すことができる可能性が高くなります。 また、女性の場合、身体の構造上男性よりも内臓が冷えやすい傾向にあります。ですから、男性よりさらにお肌のターンオーバーが遅くなりがちだといわれています。

そのため、ニキビ跡の原因となっているメラニン色素がいつまでも分解されないままお肌に残りやすくなるのです。 では、どうすればいいのかというと、一番重要なのは身体を温めることです。つまり、身体を温めることによってニキビ予防だけではなくニキビ跡の治療にも効果が期待できます。

ニキビ自体を温めるのではなく、身体全体を温めることが重要です。要するに、身体の外からではなく、身体内部からの治療が必要となります。たとえば、ニキビ跡は身体を温めることで効果が期待できるからとニキビ跡をホットタオルなどで温めても効果は期待できません。

お肌のターンオーバーに必要な栄養や酸素が行き届くことで、お肌のターンオーバーが活発化してニキビ跡の原因であるメラニン色素がお肌から排出できるようになります。ダメージを受けたお肌の細胞を新しい細胞に次々と生まれ変わらせていくことができます。

それによって、徐々にニキビ跡が消えていく可能性が高くなるのです。 つまり、身体を冷やすことを避ける生活習慣をつけていくことでニキビ跡の治療の効果が期待できます。 直接温めるのではなく、身体の内側から温めていくという方法は、一見遠回りしているように感じられるかもしれません。

ある程度の根気も必要となるでしょう。しかし、ニキビ跡は根本的な原因から見直して治療していくことが、実は近道となります。ぜひ、毎日の生活習慣の中から身体を冷やす生活習慣を取り除いていきましょう。 

ここではニキビの効果的な温め方をご紹介します。

ニキビが慢性化した場合、ホットタオルを使ってお肌の血行をよくするという方法があります。これによって、ニキビの治療効果を高めていくという方法です。ホットタオルを顔などお肌にのせることによってお肌の血行をよくしていくことが可能となります。

そして、お肌の血行がよくなると毛穴が開き、同時に毛穴の中に詰まっていた汚れや皮脂などをきれいに除去していく効果が期待できます。 このホットタオルを使う方法は、やり方もとても簡単です。思いついたら気軽にできる点もおすすめです。

やり方をご紹介すると、まず、フェイスタオルを水で濡らし、くるくる巻いた状態にして20秒ほど電子レンジで加熱します。その後、電子レンジから取り出してホットタオルがちょうどいい温度になったことを確認した後、顔全体に広げて温めます。

ホットタオルは電子レンジで簡単に作れるので、習慣にすると続けることができます。 これを毎日続けることによってお肌の毛穴が広がり、その後、洗顔料やニキビ用スキンケア用品を使用しても効果がさらにアップすることが期待できます。

毛穴から汚れや皮脂が浮き出てくるので、洗顔をしても毛穴の奥まできれいにすることができるのが魅力です。ニキビ用ローションなどもお肌の毛穴の奥に浸透しやすくなるはずです。

ホットタオルを作ること自体を面倒に感じる人は、ぬるま湯で洗顔をすることもおすすめです。ただ、ぬるま湯で洗うことはお肌の皮脂を過剰に取り去ってしまい、お肌を乾燥させてしまうリスクもあるため石鹸や洗顔料は使いません。

それでもぬるま湯自体にお肌の血行を促して毛穴の中の汚れや皮脂を排出させる効果が期待できるので、洗顔料を使わなくてもしっかり汚れを落とすことが可能です。 温度としては38度くらいに設定するのが適切です。38度くらいのぬるま湯で顔をやさしく丁寧に洗っていきましょう。

洗うのは10回程度で十分です。 石鹸や洗顔料を使わなくてもいいので、毛穴の奥に詰まっている汚れや皮脂を落としつつお肌の乾燥を防ぐことができるのでおすすめです。洗顔後にはお肌の引き締め効果のあるローションやニキビ用のローションなどで保湿しておきましょう。

身体を冷やすこともニキビの原因に?

ニキビの画像

ニキビ治療の重要なポイントのひとつとして、身体の内側から温めることの大切さについてもご紹介してきました。これは、逆にいうと身体を冷やすことがニキビの原因になるということにもつながります。つまり、ニキビ予防やニキビを悪化させないためには身体を冷やすことを避けることが大切です。

なぜ、身体を冷やすとニキビの原因になるのかというと、一言で言うと新陳代謝が悪くなるからです。

これは、身体を温めることでニキビ治療やニキビ跡治療が可能になりやすいということの裏返しでもあります。 ですから、普段から身体を冷やす生活習慣を持っている人はニキビができやすくなったり、ニキビができた場合悪化しやすくなったりする可能性が高くなります。

特に、夏は冷たい飲み物を飲んだりすることで身体の中から冷やす生活をしている人が少なくありません。 さらに、クーラーを低い温度にして使用することで身体は冷えます。自分ではクーラーを適温にして使いたいと思っていても、職場など自分の思い通りの温度設定にできない環境で生活している人もいます。

それによって、身体の新陳代謝が衰えてニキビができやすくなったり、ニキビが悪化しやすくなったりするケースもあるのです。 夏でもクーラーの温度設定が低い場所で生活しないといけない場合は、できるだけ薄着を避けて身体を守りましょう。

最終的には皮膚科での治療がおすすめ

ニキビの画像

いままでご紹介してきたように、ニキビには冷やすことが適切な時期と温めることが適切な時期があります。そのように自分なりに対策を取っていくことも重要です。ただ、赤ニキビや紫ニキビにまで悪化している場合やニキビ跡がひどく残ってしまった場合などは、皮膚科など専門医の治療を受けることをおすすめします。

自分で治すことにこだわり続けることで、ニキビを悪化させることもあります。 ニキビで病院を受診するなんて大げさだと感じる人もいるかもしれません。

しかし、悪化してニキビ跡が残ってしまうとのちのち後悔することにもなりかねないので、早めに専門医の治療を受けた方が賢いでしょう。 白ニキビくらいの軽症のニキビなら、自分でドラッグストアなどの薬を活用するなどして治療することも可能です。

しかし、ある程度悪化してしまった場合、自分で治療することに固執していると、さらにひどい状態に達してしまうこともあります。 ですから、ある程度、ニキビが悪化したと感じたならぜひ皮膚科などニキビの専門医に診てもらいましょう。

もちろん、白ニキビなど初期の段階でのニキビ治療も皮膚科で行っておくと悪化が防げます。「たかがニキビ」などと甘く考えていると、ニキビ跡が残る事態にもなりかねません。いつまでもきれいなお肌を保つためにも専門医を受診することはニキビ治療においてとても大切なことであることを覚えておきましょう。

東京アクネクリニック

【ニキビ治療専門皮膚科】
ニキビの再発を防ぐオリジナル治療
ダウンタイムの短い治療
★お得な割引プランも!

_

ニキビ治療には東京アクネクリニックがおすすめです。このクリニックはニキビ治療専門皮膚科です。新宿・梅田・大阪の3院を構えています。

東京アクネクリニックによるニキビ治療の1番の特徴は、ニキビを“繰り返さない”治療を行っている点です。ニキビの発生源である皮脂腺を破壊することで皮脂量を徐々に減少させていきます。これによりニキビの再発を防ぎます。

繰り返すニキビに悩んでいる方はぜひ一度カウンセリングに行ってみてくださいね。

まとめ

ニキビの画像

いままで「ニキビ治療は冷やすことが効果的」だと考えていた人もいるかもしれません。確かにニキビの炎症がひどくなっている急性期には、冷やすことが重要だといわれています。

ただ、ニキビにおける急性期というのはとても短期間です。それを過ぎた後、ニキビの状態が慢性期になった場合は温める治療に移行することが重要です。ニキビを冷やすことは急性期を除いて、やらないことが賢明です。

この点をしっかり把握しておくことで、ニキビができてもニキビ跡を残すことなく効率よく治療を行うことができます。

いままで、ニキビができた場合冷やすことに重点を置いていた人は、冷やすことが必要な時期は限られていることを知っておきましょう。 特に女性はニキビができただけで、一日のテンションが下がってしまうことも少なくありません。

できるだけ早く治すためにも、ニキビ治療の基本的な知識をもっておくことをおすすめします。

東京アクネクリニック

【ニキビ治療専門皮膚科】
ニキビの再発を防ぐオリジナル治療
ダウンタイムの短い治療
★お得な割引プランも!

_