ホーム >> ニキビコラム >> 大人ニキビ >> 長野でニキビ・ニキビ跡治療できるおすすめクリニック5選!
更新日 2019.3.19

長野でニキビ・ニキビ跡治療できるおすすめクリニック5選!

皮膚科でニキビ治療をするメリット

ニキビと言うと誰にでもできるよくあることなので、病気と思う人はあまりいませんが、実は皮膚疾患のひとつです。

赤ちゃんや子供にはできませんが、思春期に入るとホルモンバランスが変化して、皮脂量が多くなり毛穴が皮脂で詰まってしまいやすくなるため、ニキビができやすくなります。

また、20歳を過ぎた頃からはホルモンバランスの乱れやストレス、新陳代謝の乱れや肌の乾燥、生活習慣など様々な原因が重なることで大人ニキビができやすくなります。

思春期のニキビとは原因が異なり、年代も20代~40代と広いことが特徴で、口の周りやあご、フェイスラインなど発生する場所も思春期とは異なります。

ニキビができてしまうとなかなか治らなかったり、悪化してしてしまったりする人や同じ場所に繰り返して発生してしまう人はスキンケアの方法が間違っている可能性があります。

思春期の場合には、皮脂の分泌量が増加することによる毛穴のつまりが原因になり、原因菌が毛穴の中で繁殖しやすい状態になっているため、洗顔をしっかりと行うことや殺菌をすることなどが必要ですが、20歳以降に口元やあご、フェイスラインにできるようになった場合には、肌の乾燥が原因になっていることが多く、ストレスや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスや新陳代謝の乱れなど原因が思春期とは異なります。

同じケアを続けていると原因が改善されないため、治りにくく悪化しやすかったり、繰り返し再発してしまったりするのです。

思春期ニキビの場合でも、一日に何度も洗顔をしたり、洗浄力が高い洗顔料を使っているために肌が乾燥してしまい、さらに皮脂の分泌量が増えてしまいニキビが増えてしまう悪循環に陥っていることがあります。

肌のてかりが気になるので、さっぱりタイプやニキビ用の洗浄力が高い洗顔料や化粧水、乳液を使っていたけれども、実はインナードライ肌で保湿をしっかりとするようになったらニキビができにくくなった、ということはよくあります。

皮膚科に行くと、肌質を皮膚が専門のドクターが診断してくれるため自分の肌質を知ることができ、肌質に合ったケア方法を教えてくれるというメリットがあります。

皮膚科に相談することによって間違ったケアを改善するきっかけになり、自分の肌質やニキビができてしまう原因を見極めて正しいケアの方法や生活習慣の改善などができるようになります。

ニキビができたら潰したり、洗顔に力を入れたりと対処法は人それぞれですが、皮膚にダメージを与えたり、乾燥したりして悪化してしまったり、化膿してしまったりするリスクがあります。

悪化したり、化膿したりしてしまうと跡になってしまうことがあるため、皮膚科に行く適切な治療をしてもらうことができるため、早くきれいに治すことができます。

自分で潰したり、気にして触ったりしてしまうことで化膿してしまうことはよくありますが、皮膚科なら衛生的で安全に治療をしてもらうことができるため、化膿してしまって跡になることを防ぐことができます。

市販されている薬でも効果が期待できる場合もありますが、皮膚科へ行くと処方箋が必要な医薬品での治療をすることができるため、効果的に治療をすることができます。

市販されている薬は誰にでも安全に使うことができるように、病院で処方される薬よりも濃度が低かったり、成分が限られたりしているのですが、医師が処方してくれる病院の薬は市販されている薬よりも濃度が高かったり、市販できない成分が含まれていたりするため、効果的に治療をすることができるというメリットがあります。

また、医師が適切に判断をして処方するため、自分に合った薬を使うことができる安心感があることも大きなメリットです。

皮膚科に行くと、できているニキビを治療するだけでなく、肌質や体質、生活習慣なども総合的に判断して適切なアドバイスをしてもらうことができ、ニキビができにくくなるというメリットがあります。

肌質に合ったケア方法や食べ物、生活習慣などのアドバイスをしてもらうことができ、薬や処置による治療と並行させて対策することができるようになることがメリットです。

また、肌やニキビの状態に合わせて段階的に薬を処方してもらうことができたり、初期の段階のニキビにも適切に治療してもらうことができたりするので、ニキビが繰り返しできて悪化するストレスからも解放されます。

長野のおすすめ皮膚科5選!

ニキビ治療を行う際には専門のクリニックに通院するのが非常に良い方法です。

しかし専門的なクリニックの中には様々な治療法を行う病院も多いため、しっかりと症状を分析し治療法を説明してくれる病院を選ぶのが非常に重要となります。

以下に紹介する5つの病院はどこもしっかりとした治療法を確立しており、また症状に合わせて適切な治療を行ってくれると評判も高いのでニキビ治療の際には検討をすることが良い病院です。

ニキビは皮膚の炎症と考えている人も多いのですが、症状によっては重大な病気を引き起こすものとなってしまい、その症状が重くなると外科的な手術などを伴うことも少なくありません。

そのため適切な治療を行う病院を早く見つけて通院することが必要です。

いかに紹介する病院は美容外科で非常に著名な病院であり、様々な治療法の中から症状に合わせた適切な治療を行ってくれる所となっています。

湘南美容クリニックは美容外科の専門的な治療を適正な価格で行う美容外科の病院として非常に有名です。

長野においても多くの美容外科の治療を求める患者が通院しており、その治療の適正さとリーズナブルな価格には定評があります。

総合的な美容外科の様々な治療を行っている実績から、ニキビ治療においても最適な方法を選び適正な治療を行うことで定評があり、さらにニキビの症状に合わせて効果的な治療を行う点でも長野地区で評価が高い病院です。

城本クリニックはTVCMでも全国的に有名な美容外科の病院で、美容に関する様々な治療を患者の症状に対して適正に行っているほか、皮膚の様々な症状にも対応している病院で知られています。

都心のクリニックとして非常に有名ですが、長野でも全国的な知名度に劣らない高度な治療を行っている病院で知られており、ニキビ治療もしっかりとした治療計画の中で患者の症状や様々な要求に合わせて適切な治療を行う病院とその知名度が高くなっています。

ニキビは毛穴の中に脂質が溜まりこれが変化することで起こる症状ですが、その状態によっては肌トラブルを発生させてしまうことも少なくありません。

そのため肌の治療をしっかりと行わなければならない事はもとより、治療を行った後の適切なケアについても十分な知識を持つことが重要です。

そのため、治療法とともに健康な状態を維持するための適切な管理の指導を行う病院を選ぶことが必要です。

長野の上野医院は長野で初めてレーザー治療を導入した病院で地元では非常に有名な美容外科となっています。

院長が現在の美容外科の世界において高い技術と能力を持っている点が高く評価されており、全国的にもその治療の確実さと美容外科における先進的な治療法の導入により評価されている病院です。

ニキビ治療においても様々な方法の中から患者に最適な治療法を選ぶ事はもとより、その後の適切な維持に関してもしっかりと指導してくれる点が評価されています。

治療費に関する相談にも応じているため、保険適用の範囲内での治療を依頼したい場合でも気軽に相談できる点が魅力のクリニックです。

美容外科の病院と聞くと様々な外科的な手術を思い浮かべると言う人が少なくありませんが、ニキビの治療においては大げさな外科的な手術ではなく薬による治療など様々な方法の中から自分に合った方法を選び手軽に治したいと言う人も多いものです。

このような人にとってはクリニック田中はお勧めの病院といえます。

院長の方針により外科的手術を含めながら本人の希望とその症状の改善にとって最適な方法を選びしっかりと提案してくれることがメリットであり、大げさな外科的な手術を行わなくても美しく治療をしてくれることも多いので信頼できるクリニックとして地元の評価が高くなっています。

さらに形成外科の高い能力からその信頼も厚く、希望に応じて様々な治療を行っている点も通院しやすいポイントとなっているのです。

長野県上田市で開業しているクリニックですが、患者に対して親身になって治療法を考えてくれるクリニックで地元の信頼が厚いのが特徴となっています。

ニキビは人によってできやすい状態となっている人も多いのですが、この皮膚の状態をしっかりと分析しその人に合わせた治療法を提案するのが特徴です。

外科的な手術も行っていますが皮膚科としての技術も高いため、保険適用の範囲内で適正な治療を行う能力も非常に高く、本人の希望に合わせた最適な治療を行っているクリニックであり地域に密着した活動を行っているのが特徴です。

皮膚科、クリニックでは何をしてくれるの?

皮膚科でニキビを治療すると健康保険を適用して治療を受けたときは、1度受診したときに必要となる治療費は、およそ2千円から5千円ぐらいです。

クリニックによって初診料や診察料、再診料が違うので少し金額に開きがあります。

人によって差があるのですが治療期間は、およそ3ヶ月ぐらいになることが多く、最終的に、およそ1万円から1万5千円ぐらい必要となることが一般的です。

自由診療の治療を受けるときはクリニックにより価格設定が違うので、もっと金額の幅は大きくなります。

前もってクリニックの公式ウェブサイトで費用を確認しておくのが良い方法です。

ほとんどの場合、皮膚科のクリニックではお肌の質や症状の重さ、体質に応じてジェル状やクリーム状の軟膏が外用薬として処方されます。

外用薬の中には妊娠しているの可能性がある方や赤ちゃんに授乳している方は利用することが出来ないものや、2次的な合併症状や副作用を引き起こすことがある外用薬もあるため用法や用量と一緒に説明をしっかり聞いておくことが必要です。

アダパレンという有効成分が0.1パーセント以上配合されている外用薬は角質細胞が生成する作用を抑えてニキビが発生するのを防ぐのと同時に角質と毛穴の詰まりを除去する働きがあります。

角質を除去するピーリング作用は別の外用薬よりも抑えられていて、初期的な症状に対して効果が期待出来るのです。

角質細胞の数が少なくなるので、それに伴った症状としてお肌が乾燥したり、赤みがかったり、お肌にピリピリとした痒みを感じたり、皮膚が乾燥して剥がれたりすることが少なくありません。

しかし、このような症状は、およそ2週間から1ヶ月ぐらいで治まっていきます。

クリンダマイシンが有効成分として配合している外用薬は化膿を起こす原因となるブドウ球菌やニキビを引き起こす原因となるアクネ菌などを殺菌する上に炎症を抑える働きもあり、化膿したり赤くなったニキビに対して使用される場合が多いです。

とても安くて利用しやすい外用薬ですが、長い期間継続して利用していると薬の有効成分に耐性が出来た菌が発生してしまうデメリットもあるので短い期間でピンポイントに利用するのが適しています。

過酸化ベンゾイルが有効成分として配合されている外用薬は1960年代から海外で利用されていて薬局で買うことが可能な外用薬だったのですが、日本では最近まで健康保険に適用されていませんでした。

2015年の4月に日本でも認可されて今では健康保険が適用された状態で利用することが可能となったのです。

過酸化ベンゾイルは殺菌作用が高い上に厚く積み重なったなった角質細胞を剥がし取るピーリング作用もあります。

ニキビの炎症の症状がより一層進行しているときには内服薬の処方が治療方法に選ばれることも多いです。

しかし、飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼしたり薬本来の効果が薄れてしまったりすることがあるため薬局やクリニックにお薬手帳を持って行くなどして体調に支障を来たさない内服薬を処方してもらう必要があります。

ミノサイクリンが有効成分として配合されている内服薬はニキビの原因となる細菌のエサになるタンパク質が生成される働きを妨げて細菌が増殖するのを抑制する作用があり中でもブドウ球菌の繁殖するのを抑えるのに効果を得ることが期待出来るのです。

日本国内では1980年代から利用している内服薬でニキビを治療する内服薬としては最も一般的な医薬品の1つ一つと言えます。

しかし副作用として腹痛やめまい、悪心などを引き起こす可能性があり妊娠している人や授乳している人は服用することが出来ません。

そして長い期間に亘って服用すると耐性菌が出現してしまいます。

ロキシスロマイシンが有効成分が配合されている内服薬は中でも赤みがかったニキビを治療するのに効果が期待出来ます。

ミノサイクリンが有効成分の内服薬よりも身体に優しい効き目で副作用を引き起こすこともほとんどないということで良く知られている医薬品ですが、稀に下痢や腹痛、吐き気などといた副作用を引き起こす可能性があるのです。

そのため妊娠している人や喘息や肝臓病を患っている人が服用するのは避けた方が良いとされています。

効果はとても高い内服薬ではあるのですが、抗生物質なこともあって利用するのは一部に限られているのです。

そして値段も高い傾向にあります。

ニキビの症状を治療するためにビタミンCやビタミンB群をビタミン剤を摂取することによって、お肌のコンディションを整えるのは非常に効果的です。

皮膚科のクリニックで処方してもらうと健康保険の適用対象となるため市販のビタミン剤より安く買うことが出来ます。

まとめ

皮膚科のクリニックでニキビを治療するメリットや長野でおすすめの皮膚科のクリニック、そして具体的にどのような治療が行われるのか、どのような医薬品が処方されるのかを述べてきました。

ニキビは放って置いてしまうと炎症してお化粧をしたり髭を剃ったりするときに痛みを伴いますし、触れたことが原因でますます症状が悪化してしまう可能性があります。

自己流では治しきれない厄介なニキビを皮膚科のお医者さんの知恵を借りてしっかりと治しておきたいところです。