ホーム >> ニキビコラム >> 思春期ニキビ >> 【重要】鼻にできるニキビの原因と治療法について紹介!
更新日 2020.6.4

【重要】鼻にできるニキビの原因と治療法について紹介!

思春期の時期には、鼻の頭にニキビができると「両想いになれる」とも言われ、喜んでいましたが、大人ニキビは見た目の印象はいいものではなく、 今の生活習慣や健康管理と結びつけて評価されてしまいます。

 

鼻の頭にできたニキビは、顔のニキビの中でも特に目立つため、お化粧をしても隠すことが難しく、余計に目立ってしまいます。

おでこから鼻にかけてのTゾーンは、顔の中でも特に皮脂の量が多く、皮脂がたまりやすいため、ニキビができやすい場所といわれています。

 

特に鼻は皮脂がたまりやすいため、浮いてきた皮脂のテカりが気になり、女性の場合だとファンデーションを厚く塗りがちです。

皮脂の分泌が活発で、ニキビができやすい鼻のケア方法と、ニキビの予防・改善方法についてご紹介します。

 

 

鼻にニキビができる原因

鼻はもともと分泌される皮脂の量が多いため、毛穴の詰まりや細菌の感染、紫外線の刺激によりニキビができやすい場所です。

皮脂の分泌量が多いことからテカりやすいため、女性はこまめにお化粧直しをする箇所でもあります。

特に鼻の頭はファンデーションが皮脂により浮いてしまうため、更にファンデーションを重ね塗りすることで毛穴が詰まり、ニキビの原因となってしまうことが多いです。

鼻炎などの関係で鼻を頻繁にこする癖のある方は、手についた菌が鼻に付着し、そこからニキビができる場合もあります。

また、鼻は顔の中でも高い位置にあり、皮脂によって紫外線の影響を受けやすいところなので、皮脂が酸化し毛穴が詰まりやすく、ニキビが出やすくなります。

なるべく紫外線を浴びないようにし、日焼け止めクリームなどを小まめに塗るなど、紫外線対策が大切です。

鼻にニキビができてしまう原因は他にもありますが、まずはなるべく毛穴に皮脂が詰まらないようにし 、スキンケアにより清潔な状態を保つことが大切です。

鼻のニキビはなかなか治らない?

鼻は皮脂が過剰に分泌されるためなかなか治りづらく、時には痛みを伴うなど繰り返してニキビのできやすい場所です。

「私は乾燥肌だから大丈夫」と思われている方でも、鼻の皮脂量は他と比べても多いため、しっかりとケアする必要があります。

鼻のニキビは鏡で見たときにも目立ち、違和感から手で触ってしまいがちですが手には雑菌がたくさん付着しているため、ニキビに触ることでその雑菌がニキビの炎症を悪化させます。

鼻のニキビは触ると余計に大きくなりやすく、痛みを伴う場合も多いので、なるべく触らないように気をつけ、ニキビを早く改善できるようにしましょう。

プロアクティブ

【有名人も多数愛用!】
★初回限定3000円オフ
★今だけ洗顔+ボディブラシプレゼント
60日間返金保証でリスクゼロ!

_

鼻のニキビの意味は両想い

思春期の頃、ニキビができた方はニキビ占いをされた方もいるのではないでしょうか。

鼻のニキビは両思いニキビといわれ、好きな人と両思いになれる、恋人との仲がより深まるといわれています。

他にも鼻にできたニキビは金運が上昇し、エネルギーが満ちているサインともいわれることもあります。

鼻以外の場所では、あごにできるニキビは想われニキビと呼ばれ、誰かが自分のことを想っているといわれており、おでこにできるニキビは自分が誰かを想っているときにできるニキビで、片思いニキビともいわれています。

また、おでこの真ん中にできたニキビは、目上の人から引き立てられるという意味があるそうで、仕事やプライベートでもステップアップのチャンスがあるかもしれません。

一見憂鬱になってしまいがちなニキビですが、ニキビ占いを見てみると、少し気持ちが明るくなるかもしれません。

ニキビができてしまっても、マイナスに考えるとストレスに感じてしまうので、コツコツと今できるニキビ対策をおこなっていくことが大切です。

鼻にできたニキビのケア方法

鼻のニキビはしっかりとケアをしなければニキビ跡が残ってしまうため、ニキビ跡が残らないようスキンケアをおこないましょう。

鼻のニキビは陥没や毛穴の拡大、イチゴ鼻になってしまう可能性が高く、触れたり刺激を与えないよう気をつけましょう。

鼻にできたニキビのケア方法として、洗顔時は強くこするのではなく、細かい泡を立て、手を触れないよう泡を転がすようにやさしく洗うのがポイントです。

また、ニキビの原因は角質層が乾燥することで、角栓が詰まり起こることが多いため、角質層の保湿ケアも大切です。

まとめ

鼻ニキビは皮脂の過剰分泌と毛穴詰まり、雑菌が原因なので、日頃から皮脂が詰まらないようにスキンケアを丁寧におこないましょう。

また、手には雑菌が多くついていますので、手で触らないようにすることも大切です。

鼻ニキビはニキビ跡になりやすく、ニキビ跡になると目立ちやすくなるため、早めにケアをおこない、ニキビ跡が残らなイトの病院検索からニキビ治療のプロを探すことをおススメします。

間違った方法で対処してしまうと、悪化する可能性があるため、まずは、病いように気をつけましょう。

ニキビの痛みが強く、炎症範囲が広がりなかなか改善がみられないときには、クリニックへのカウンセリングをオススメします。

どうしても自分ではニキビの対策がわからない、自分に合った治療を受けたい、という方は、クリニックを探すところから始めましょう。

病院検索はこちらから

湘南美容クリニック

【ニキビの根本解決で美しく】
*全国75院展開で通いやすい
*どんなニキビ・ニキビ跡も改善!
*丁寧な無料カウンセリングで最適な治療を!

_