ホーム >> ニキビコラム >> ニキビ薬 >> おでこにできるニキビの原因・理由を解説!おでこニキビの改善方法も!
更新日 2020.6.4

おでこにできるニキビの原因・理由を解説!おでこニキビの改善方法も!

ニキビができやすい体質の方でなくても、おでこにニキビができてしまった経験がある方は多いと思います。

おでこは皮脂の分泌が活発で、顔の中でも特に皮脂が出やすい部分のため、皮脂の分泌によるニキビができやすい場所といわれています。

大人ニキビの代表ともいえるおでこのニキビは、日頃のストレスや、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や栄養バランスの偏った食事が原因で起こることが多く、おでこは髪の毛の刺激を受けやすいため、前髪がおでこに触れることで刺激を感じることも、おでこにニキビができる原因の一つです。

また、シャンプーやリンスのすすぎ残しが原因でおでこが刺激され、ニキビのできやすい状態にもなりますので、日頃のケアが大切になります。

今回は、おでこにできるニキビのケア方法をいくつかご紹介します。

大人ニキビはおでこにできやすい

おでこにできる大人ニキビの原因は、内的要因と外的要因があります。

内的要因として代表的なものは、日頃の生活で受ける精神的なストレスや、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、内臓が弱っていることがあげられます。

内的要因の改善方法としては、ストレスを感じていることに気がついたら、ストレスをなるべく溜めないようにすることが大切です。

内臓が原因でニキビができてしまう場合には、食べたものがしっかりと消化されておらず、体外へスムーズに出すことができないことが原因として考えられるため、体の中の循環をよくすることが大切です。

医学的に、おでこにできるニキビは胃腸の不調が原因として考えられているため、おでこにニキビができたら、栄養バランスの良い食事を摂るよう心掛けましょう。

外的要因については、過剰な皮脂の分泌に加え、前髪が触れることによる刺激や、シャンプーやリンスのすすぎ残しによる影響が大きいといわれています。

思春期の10代はおでこや鼻にニキビができやすい

10代の中高生が抱える肌の悩みで最も多いのがニキビといわれています。

10代の頃もおでこや鼻の頭にニキビができますが、その原因は大人ニキビとは少し違い、思春期は皮脂が過剰に分泌されるため、皮脂腺の多いTゾーンにニキビができやすいという特徴があります。

また、成長と共にホルモンバランスが変化し、皮脂腺を刺激することで皮脂の分泌が活発になります。

変化したホルモンバランスに対して、ストレスや睡眠不足、偏った食習慣や紫外線の影響でニキビができやすくなり、ニキビの悪化につながります。

思春期のニキビは肌の新陳代謝が活発なため、軽度のニキビであれば自然に治ります。

しかし、ニキビの炎症がひどい場合にはクレーター肌になり、大人になっても治らない凹凸ができてしまう場合があるため、放っておかずしっかりとケアすることが大切です。

生理前のおでこにニキビ

女性の場合は特に、生理前におでこにニキビができやすい方が多いです。

生理前は肌が敏感になると共にホルモンバランスが乱れるため、身体の不調や頭痛、肌荒れなど普段とは違う体調変化に悩まされる方が多いと思います。

肌が敏感になることで、顔にかかる髪の毛の刺激に敏感に反応し、普段はできないのにニキビができてしまう場合があります。

生理中や生理後2週間は卵胞ホルモンが増え、肌の新陳代謝を高め、肌の調子がよくなりますが、生理が終わってからの2週間は、黄体ホルモンの影響で肌が乾燥しがちになり、ニキビや肌トラブルが増えます。

女性の場合は生理の前と後で肌質に変化が生まれるため、ニキビができやすくなりますので、生理前の肌荒れがひどい場合は、生理前と生理後で使用する化粧品やスキンケ用品を変えるなど、肌への負担をかけないようにすることも大切です。

おでこニキビの治す方法

おでこにできる大人ニキビは、ホルモンバランスや、ストレス、食習慣の乱れが原因で悪化してしまいます。

そのため、ニキビができてしまった際には、油分を控えめにした野菜中心の食生活を心がけ、睡眠を十分に取り、ストレスを抱え込まないようにすることが大切です。

基礎化粧品についても油分があまり含まれないものを選び、化粧水はビタミンC誘導体が含まれているもので、保湿力の高いものを選ぶようにしましょう。

化粧品についても、油分の多いリキッドファンデーションなどは使用を控え、パウダーファンデーションを薄く肌に乗せて使うことで、肌への刺激を抑え、ニキビへの影響を抑えられます。

プロアクティブ

【有名人も多数愛用!】
★初回限定3000円オフ
★今だけ洗顔+ボディブラシプレゼント
60日間返金保証でリスクゼロ!

_

まとめ

おでこにできるニキビは前髪で隠すことができるため、気にしない方もいますが、放っておくとニキビ跡が残ってしまい、ニキビの炎症が悪化してしまう場合があります。

特におでこは髪の毛が触れたり、紫外線を多く浴びるため、肌環境を整えるため日頃のスキンケアが大切となります。

特に夏場は毛穴が開きやすく、汗もかくため、皮脂の分泌が活発になりますので、肌の状態を清潔に保つように心がけましょう。

おでこにできるニキビが慢性化するような場合は、クリニックへのカウンセリングをオススメします。

どうしても自分ではニキビの対策がわからない、自分に合った治療を受けたい、という方は、本サイトの病院検索からニキビ治療のプロを探すことをおススメします。

間違った方法で対処してしまうと、悪化する可能性があるため、まずは、病院を探すところから始めましょう。

病院検索はこちらから

湘南美容クリニック

【ニキビの根本解決で美しく】
*全国75院展開で通いやすい
*どんなニキビ・ニキビ跡も改善!
*丁寧な無料カウンセリングで最適な治療を!

_