ホーム >> ニキビコラム >> 大人ニキビ >> ストレスが原因のニキビを予防する方法

ニキビコラム

更新日 2018.5.23
ストレスが原因のニキビを予防する方法

ニキビができてしまう原因は、色々あります。 その中でも、ストレスが原因でおきるニキビは、少なくはありません。 今回の記事は、ニキビとストレスの関係性について見ていきましょう。

 

ストレスで悩まれている方は、ニキビができてしまう前に改善していきましょう!

 

 

 ニキビとストレスの関係について

水の画像

 

 

なかなか治らないニキビに悩んでいる方はいませんか?食事やサプリに気を付ける、お医者さんの処方薬を付けてもなぜか治りにくいことがあります。

 

実はストレスによってニキビができることがあります。ニキビの原因がストレスの場合は、考えられるのは以下のような状態の時です。

 

  • 個人的な問題で、家族の介護や恋愛問題など自分一人だけで解決できない時。
  • 生活が不規則で睡眠が十分に取れない、夜型の生活になっている時。
  • 就職や引っ越しなどにより急激に環境が変わった時。

 

このような状態に陥った時に、心や脳が休息したくても疲労してしまいます。また不規則な生活は本来眠る時間に寝られないと体調不良につながります。また環境が変わると心の緊張を生み、ストレスにつながります

 

心や脳が疲労すると、疲労しているにも関わらずよく眠れないという方がいます。これはストレスで緊張状態が続いたために寝付けない、すぐ起きてしまうという状態です。そして慢性的な睡眠不足につながることもあります。

 

先程ご紹介したように心理的に悩みがある、急に環境が変化した方も高いストレスを感じます。 普段何気なく動かしている身体の動きをコントロールしてくれているのが自律神経です。

 

この自律神経には交感神経は副交感神経という2種類がありますが、リラックスしていると副交感神経が優位になります。

 

しかし先ほどのようにストレスがあると交感神経(つまり緊張状態)が常に優位な状態になります。何かのストレスを受けて優位の場合は、男性ホルモンが増加し皮脂の分泌を増やします

 

そして毛穴が詰まる、ニキビが発生しやすくなる、悪化しやすくなるという状態に陥ります。

 

もう少し詳しく解説すると交感神経が優位になると、アドレナリンやその前駆物質であるノルアドレナリンの量が増えて、男性ホルモンの一つであるテストステロンの分泌が促されます。

 

そしてアドレナリンには皮脂の分泌を増やす作用があり、同時にテストステロン(男性ホルモン)も皮脂の分泌を増加させます。

 

そして交感神経が優位になり、結果的に皮脂が過剰分泌されてしまいます。 例えば記者会見や何かしら緊張状態で話をしている方の中に「脂汗」をかいて説明しているシーンを思い出してみましょう。

 

これらは緊張によるストレスで顔の肌が脂っぽくなっていると考えてもよいでしょう。

 

ニキビができる物理的原因は、毛穴に皮脂や角質が詰まることで角栓を作ってしまい、面皰(めんぽう)と呼ばれる皮脂が外に出られない状態になります。

 

そこに皮脂が好きなニキビ菌が増殖し、赤い炎症や膿を持つ炎症を起こします。ストレスにより皮脂の分泌が増大し、皮脂が増えると毛穴に皮脂が詰まってニキビになる、ニキビができやすい環境になるということです。

 

ニキビはストレスホルモンが増加することで悪化します。このストレスホルモンはコレチゾールといい、ストレスによって分泌が増えます。このホルモンはストレスがあるとそれに対処するために視床下部からの命令により副腎皮質で分泌されるます。

 

このコルチゾールの役目は、血糖値を上昇させる、ストレスに対抗するためのエネルギーを確保したりします。この2つはストレスに対抗するために必要なものです。

 

ところがストレス状態が継続するようなら、このコルチゾールが過剰に作られて、血糖値が上昇し過ぎる、免疫力低下といった状態になることもあります。

 

コルチゾールはストレスに対抗するために必要ですが、増加することで男性ホルモンを刺激する作用があります。そしストレスによりアドレナリンも同じ視床下部からの命令により副腎皮質で作られます。

 

いずれも男性ホルモンの分泌量を増やします。コルチゾールやアドレナリンの分泌が増えると、男性ホルモンも増えて皮脂分泌も急激に増加します。これがニキビの原因の一つになります。

 

ストレスにより体内では色々なホルモンが分泌されて自律神経に作用を及ぼします。中でも睡眠不足、不眠という状態になる方もいます。これはストレスの影響で、長い間緊張状態にある場合、夜眠りになかなかつけない、眠ったとしても浅い、短い時間で起きてしまうといった睡眠に関する問題につながります。

 

もし睡眠が十分でない状態が続くと、ニキビの原因になることもあります。その理由は肌の修復や活性化に必要な睡眠は、寝てから4時間以内の間に最も活発になると言われています。この間に肌や骨(子供の場合)なら成長ホルモンが分泌される時間帯です。

 

入眠してから4時間程度が日は一番眠りが深いと言われて、この時に新陳代謝が活発になります。 良く言われるのが「良質の睡眠」と呼ばれるものですが、ストレスによって眠れない状態が続くと肌荒れにつながり、ニキビができやすい状態になります。そして肌だけでなく、胃腸の不調にもつながります。

 

中でも女性に多いと言われるのが便秘ですが、これも睡眠状態によって引き起こされると言われています。

 

腸は真夜中(12時前後と言われている)に活発になるといわれていますが、この時に交感神経優位だと腸の動きが活発になされずに便秘につながります。ストレスと腸は密接に関係しているということです。そして逆の方もいます。ストレスが原因で過敏性腸症候群という下痢になる方もいます。

 

このような場合も過度なストレスがかかることで起こると言われています。 最終的には便秘や下痢といった腸内環境の悪化が、肌代謝を衰えさせてニキビができやすい原因になります。

 

人間がストレスを受けて、コルチゾールが増える、アドレナリンが増えるといった体内の状態はある意味ストレスに抵抗しようとする本能のようなものです。そして人によっては精神的に不安定な状態に陥ることがあります。

 

それを解消しようと飲み過ぎや食べ過ぎになることもあります。このような方法は一見精神的に開放されそうですが、逆に悪化することもあります。

 

女性なら、ついスイーツを食べ過ぎるということもあるでしょう。男性でも暴飲暴食、たばこの本数が多い、お酒を飲み過ぎるといった行為に走りがちです。

 

精神的に開放されてすっきりしそうなこのような「~し過ぎ」という行為は体に活性酸素を発生させます。 この活性酸素は適量なら細胞保護の役目がありますが、増えすぎると細胞にダメージを与えます。

 

活性酸素は酸化力があり、その名の通り身体を錆びさせやすくする働きがあります。酸化してしまうと、細胞の老化は早まるので肌トラブルなどにつながります。

 

この活性酸素の原因は、激しい運動や強いストレス、紫外線、喫煙、暴飲暴食(生活の乱れ)と言われています。そして活性酸素が増加することでニキビが悪化する、肌荒れが起こるといったことにつながります

 

 ストレスでできるニキビを予防するには

帽子の男の画像

 

 

人間の身体はストレスを受けた時に抵抗しょうとする力があります。ただし一時的なら良いのですが、継続すると体調不良やニキビが悪化する原因になります。

そこでニキビを悪化させない、ニキビをできやすくする原因を作らせないためにも「自律神経」を整えることが重要です。もちろんストレスの根本的な原因を取り除く必要がありますが、まずは身近に対処できるところから始めてみるとよいでしょう。

 

女性の方の中には日焼けを考えてほとんど太陽の光を浴びないという方がいらっしゃいます。しかし太陽の光と自立神経には密接な関係があります。それは太陽の光を浴びると自立神経を正常にしてくれると言われています。

 

これは不眠の方にも同様ですが、太陽の光を浴びた14〜16時間ぐらい経過すると睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されます。

 

不思議な話ですが、太陽の光を浴びると脳の体内時計がリセットされて活動状態になります。夜になるとこのメラトニンが分泌されて、その作用で身体の体温が低下し、徐々に眠くなるという仕組みです。

 

特にメラトニンの分泌は21時から朝6時までに多く分泌されると言われています。太陽の光を浴びる時間帯は20分前後が良いと言われています。

 

例えばウォーキングやストレッチ、ヨガ、スイミングなどといった軽めの有酸素運動は副交感神経を優位にします。

 

適度に運動をしている、週に必ず一度はエクササイズやジムに通っているという方は少し注意が必要です。 それはジョギングや筋トレは実際に身体を目覚めさせる運動です。つまり交感神経を刺激する激しい運動になる部類です。

 

汗をかいてすっきりしたというご意見もあるかもしれませんが、実際には脳内では交感神経優位になっています。ここでは心地良い程度の運動が副交感神経にはよい運動です。

 

ストレスを感じるとこの時体内ではビタミンB群が大量に消費されています。特にビタミンB12という物質は神経などを正常に働かせるもので、ビタミンB1は精神の安定を保つ働きをしてくれます。このようなビタミンBが豊富に含まれる食品は納豆やみそ、レバー、チーズ、イワシ、サバなどになります。

 

ストレスホルモンの生成を促してくれるのがビタミンAです。このビタミンAを豊富に含む食品はレバーやニンジンです。ニンジンは特に炒めて良質の油と一緒に取ると吸収力がアップします。また脳の伝達物質の元となる亜鉛はなるべく摂るようにしましょう。例えば生ガキやレバー、牛肉に含まれています。

 

一方であまりお勧めしたくないのが、精製されてしまっている白米や白砂糖です。ただしあまり神経質になる必要はありません。必要な栄養素を取りながらバランスよく食事をするように心がけましょう。

 

きちんと精製されたアロマオイルには癒しの効果があります。実は森林浴はフィントチッド(植物香気成分)が含まれており、殺菌力を持つ揮発性の化学物質の一つです。

 

森林浴をすればストレスホルモンを減らすことができると言われています。 しかし簡単に森林浴ができないならアロマオイルを利用する方法もあります。

 

アロマオイルの芳香成分の一部にはフィントチッドが使われており、森林浴の代わりに手軽に利用できるものとして注目されています。アロマテラピーによってケアをすることも可能です。現在都市部にアロマテラピーのサロンがある理由は、「癒し」によってストレスを軽減する効果を目的にしたところが多いのはこのような理由からかもしれません。

 

コルチゾールはストレスホルモンとして知られていますが、ストレスが継続するとこのコレチゾールが多量に分泌されます。このコレチゾールが増えることは認知症やうつにつながるという研究も進んできました。 これらの心の病は実はストレス対策にも共通しています。

 

最近世界の有名経営者(成功者)にも「マインドフルネス」というストレス解消プログラムが注目されて取り入れられていると言われています。実際に大手企業では社員のストレス解消プログラムとして導入しているところもあります。ストレスを解消することがニキビケアにつながるので、積極的に取り入れたい手法です。

 

マインドフルネスは瞑想の一種です。お寺に行かないとできないというものではありません。ここでは1日15分程度でできる「マインドフルネス」の方法をご紹介します。

 

(1)背筋を伸ばして両肩の線をまっすぐにして座る、目を閉じる
座る時は背筋が伸びるスタイルなら正座でも椅子に座ってもどちらでもかまいません。楽にできる姿勢を選びましょう。

 

(2)呼吸はコントロールしなくてよい
よくヨガなどを経験している方だとここで呼吸法を入れたくなりますが、その必要はありません。呼吸をコントロールせず、あるがままにしていきます。また呼吸していくと膨らんだり縮んだりする感覚を追いかけるようにしていきましょう。

 

(3)雑念にとらわれない
瞑想をお寺でしたことがある方なら少しわかるでしょうが、雑念がどうしても沸いてきます。感情も同様です。それらを考えずに考えないことに戻りましょう。

 

(4)身体全体で呼吸することを意識する
先ほど(2)で呼吸する感覚を追いかけるとお伝えしましたが、身体全体で呼吸するような感じを意識します。吸った息が身体の隅々までいきわたる、抜けていくといった感じを続けます。

 

(5)自分の外の世界に感覚を広げていく
(4)ができるようになったら自分の身体の外の空間にも気を付けていきます。自分の外の空間の動き、温度、広さを意識して呼吸を一体化させます。

 

(6)瞑想を終了させる
ゆっくり目を開けて、現実に戻っていきます。

 

ストレスはうつ病や不眠に発展する怖いものです。そして一方ではニキビや便秘といった体調不良も招きます。ちょっとしたことで心を開放して治せるものなら良いのですが、ここでご紹介した方法は最新の認知療法として知られている瞑想方法の一種です。

 

書いてしまえば何のことは無いように感じますが、コツが必要になります。実際に大手企業などで実践する場合は多くの指標が用意されています。

 

このマインドフルネスが注目されるようになったのは、自分の感情や置かれた状況が客観視できるようになるということです。

 

つまり悲しみ、不安、怒り、嫉妬、恐怖、焦りといった負の精神を持つようになると、どうしても自分の状態を客観視することはできなくなります。

 

そのことは精神的問題だけでなく、実はストレスホルモンであるコルチゾールの増加に結びついている、ということが分かってきたということです。

 

そしてストレスから解放されれば記憶や免疫力もアップして、健康的な生活を送ることができるようになるということにつながります。 この方法は簡単そうですが、一度はプロの指導を受けてみるとよいでしょう。そのほうが早く習得することができます。

 

ストレスに苛まれている時は自分がいかに不幸か、いかに辛いかということに終始してしまいます。またそれを忘れようと暴飲暴食にのめりこんでしまいます。ところがこのようなマインドフルネスを習得していくと、気持ちが楽になるだけでなく視野が広がります

 

つまり今までは辛い、問題だと感じていたことが変化するようになります。価値観が多様化して、悩みだと思っていたことが大したことでないことに気が付いたりします。

 

状況が変わってない(物理的な状況)にも関わらず、以前と違う認識を感じるようになります。

 

悩みぬいた結果、どうしようもないと感じていたことも、打開策を考えたりすることが可能になるので現実が動き出します。昔の人が「考え方次第、気は病から」と言っていたのにもあながち嘘ではないのかもしれません。 もちろん心のケアをするのは簡単ではありません。長い間ストレスを感じていた方はそう簡単には解消しないかもしれません。しかしこのようなやり方でケアしていくことも可能です。ぜひ一度トライしてみてください。

 

 ストレスで起こるニキビを治したい

自宅の画像

 

 

ストレスが原因でできるニキビについて解説してきましたが、原因と自律神経、精神的ケアについてはわかりましたが、自宅で気軽にできる方法も一緒にご紹介しましょう。ここではその方法についてご紹介します。

 

熱いお風呂が好きな方は別として、ぬるめのお風呂にゆっくり入るようにしてみましょう。温度は38~42℃が適温と言われています。ストレスが原因でできるニキビの多くはアゴにできると言われています。また生理前の女性でもできる部分です。

 

生理前の女性は男性ホルモンの分泌が増えるので(そのため皮脂が出やすくなる)それが原因でニキビができることもあります。

 

熱いお湯につかると交感神経が優位になり、かえって興奮してしまいます。そこでぬるめのお風呂にゆっくり浸かるようにしましょう。ニキビができる箇所がおでこなら胃腸系、鼻なら肝臓、大腸、肺に不調があると言われています。ほおの場合は肝機能障害といわれており、できる箇所によっても元の原因が色々あるようです。

 

しかしこれらの多くがストレスから発生していることもあるので、なるべくリラックスしていきましょう。お気に入りのアロマオイルを一緒に使うのも効果的です。

 

またデトックス効果があるバスソルトを入れて入浴するのもお勧めです。塩浴という飽和食塩水を作って直接塗り、流すという方法もありますが、肌にトラブルがある時はあまりお勧めできません。できれば入浴用のバスソルトを利用したほうが良いでしょう。

 

最近はスマホやPCの動画によりストレッチを紹介しています。ストレッチポールやヨガマットを使った簡単なストレッチを紹介しています。

 

実はお友達とカラオケに行ってみる、大騒ぎして発散できる程度ならまだ軽いものです。 ところがそれは他人が介在している場合であり、いつも一緒に行ってくれる訳ではありません。

 

そこで自宅でするなら先ほどのお風呂と一緒に軽いストレッチをしてみましょう。ここで頑張り屋さんだと「呼吸法が違う」とか「インストラクターのやっている通りにできない」といった新たなストレスを生んでしまう方がいますが、要は気持ちがよければ良しとしてください。それには理由があります。

 

痛気持ちいいという言葉がありますが、ストレスを感じると身体の筋肉が緊張で自然に凝り固まってしまいます。そこでインストラクターのやっているストレッチを見ながら、緊張している部分をほぐしてあげてください。深呼吸してガチガチになった筋肉をほぐしていきます。

 

すると今までストレスで固まっていた身体が少しほぐれて血流が良くなり、身体だけでなく精神的にも楽になる瞬間が訪れます。 最近街の中にストレッチ専門のスクールやジムが登場していますが、実はそうしたストレス解消に使う方も増えています。

 

ストレッチとストレス解消は関係ないと思っている人が多いようですが、実は違います。その証拠にストレスを感じた身体はとても緊張しています。軽く身体を動かして精神を休憩させてあげること、これが毎日できるストレス解消法です。

 

前段でご紹介した方法はセルフコントロールです。誰もがこのような方法で治せるならお医者さんは必要ありません。苦しいなら専門医に相談するのもよい方法です。もちろんアロマテラピーに行く、鍼灸師や整体師にお願いするという方法もあります。 しかし専門医なら色々なタイプの治療をしてくれます。

 

クリニックでは赤や白い状態になるなり化膿が著しい状態になる場合は抗生物質が含まれた外用薬などを処方してくれます。状態が重症化してしまった方は経口摂取できる薬や抗生物質を注射してくれます。

 

もちろんクリニックではニキビができないような生活スタイルや解消方法を指導してくれることがありますが、美容皮膚科や皮膚科で治療される場合は対症療法(症状に応じて処置する治療のこと)なので、根本的な問題に対応してる訳ではありません。

 

もちろん人によってはホルモンバランスの乱れ(これも結局ストレスが原因という方もいます)なら低用量ピルを処方してくれることもあります。

 

ニキビ治療を美容皮膚科で治療しても治らないという方の場合は、意外と精神科や診療内科で治ることもあります。最近はセラピーのように精神科でも軽い治療を行うところも多く、以前のような完全に精神的に辛いというイメージは無くなりました。

 

どの方でも寝られない、ストレスを感じているなら気軽に相談できる科目です。 この診療内科や精神科で処方される薬が特別、ということではありません。実はこれこそがストレスニキビ解消の方法の一つと言われていますが、診療中にドクターに話を聞いてもらうことでニキビが解消したという話もあります。

 

ニキビ自体はアクネ菌が増えることで起こるのですが、この菌が過剰に増えなければ良い訳です。ところが異常に増えるのはアクネ菌が好きな皮脂です。皮脂が過剰に分泌して、肌の代謝が衰え、毛穴が詰まりやすくなった結果です。皮脂は過度な緊張やストレスによって増加します

 

またクリニックの心理カウンセラーというプロの方に悩みを聞いてもらう、そして適切な処置や方法を指導してもらうだけで治る方もいます。探すと精神的な面をサポートしてる治療をメインにしてくださるクリニックも沢山あります。遠慮しないで心の悩みを解消するために通ってみるのも手です。

 

精神科や診療内科意外でも臨床心理士が開業しているカウンセリングもあります。このような場所では臨床心理士による専門的なカウンセリングを受けることが可能です。

 

実はどんな些細なことでも相談できるという部分にメリットがあります。 精神科や診療内科が悪いというのではなく、違うアプローチで悩みを解消することが可能な施設です。

 

最近では現代に悩める人が多くなり、このような臨床心理士のオフィスが増えてきました。海外では自分の悩み相談になるセラピーに通っている方が多くいます。特に米国などは何か困ったことがあればセラピーに通うのは常識の一つになっています。

 

特別な悩みがない方でも、未来志向になりたいといった理由で通う方もいます。

 

日本では精神的に病んだ場合に通うようなよくないイメージがありますが、むしろ諸外国はそのような考えはありません。 最近では日本でもこのようなセラピーが増えてきた理由は疲れている、ストレスを感じている方が非常に多いということなのではないでしょうか。

 

このような場所で本格的にストレスを解消する相談、そもそもストレスが発生した原因を探り一緒に治していくことも良い方法です。1人で悩まず、よりよい方向に導いてくれます。

 

コスメや化粧品もニキビが発生してるならなるべく専用の製品を使うことが良いでしょう。しかし普段と違う化粧品でないことでかえって悪化してしまったということもあります。そこでコスメや化粧品を使う場合の注意点について解説します。

 

ニキビ用のコスメや化粧品が沢山でいます。しかし多くは若い方用のニキビケア製品なので、ストレスによるニキビに対しては根本的な治療にならないこともあります。またニキビによってメイクをしないという方法はかえってストレスを生むここともあります。

 

大人の女性ならメイクしたいと思うのが普通です。もちろん上から塗り重ねて隠すという方法にするとかえって悪化することもあります。

 

そこでおすすめなのはなるべくオイルフリーの化粧品を使用すること、できれば大人ニキビ用というスキンケア製品があるのでそれを使ってみましょう。

 

またきちんと間違っていない方法でケアできていれば多少のメイクは可能です。またメイク道具も清潔を心がけてください。

 

メイク道具によってもニキビが悪化することがあります。スポンジ類は100円の使い捨て、小道具の綿棒やコットンを多用して、なるべく次回に使うものは同じ面を避けるようにしてみましょう。

 

メイクをすることはニキビを悪化させそうですが、しないことでストレスを感じるなら、ケアしながらメイクをしたほうが良いでしょう。

 

その結果心理的な負担が軽減される場合もあります。また最近ではニキビケアしながらメイクできる化粧品も沢山販売されています。それらを利用するのも良い方法です。工夫次第で快適にメイクを楽しむことが可能です。

 

ストレスを感じると無意識に行う行為があります。それは顔を引っ掻くことやニキビを潰すという行為です。巷では潰すためのキットがあるようですがあまりお勧めしません

 

小さいニキビを普段から潰していくと徐々に悪化して治りにくくなります。また無意識に同じ箇所をいじる、頬杖をついて触る癖があるといった場合も注意が必要です。

 

ストレスが生じると同じ場所を触ることもあり、その箇所に汚れや皮脂がついて炎症になることがあります。 そしてお風呂でシャンプーした時も少し気を付けてあげましょう。

 

お風呂で洗う順番は頭、顔、身体の順です。そうすれば顔についたシャンプーやリンス、トリートメントを落とすことが可能です。

 

意外とシャンプーやリンス、スタイリング剤(ムースやディップ)などが肌について炎症になることもあります。

 

そして意外と盲点なのがです。寝ている時間は7時間から8時間としても、肌を直接枕に付けている場合もあります。枕に髪の毛の整髪料がついていることもあるでしょうが、気になるようなら枕の上にタオルなどでカバーして常に清潔にしておくことを心がけましょう。

 

ニキビができやすい肌は脂っぽいと勘違いしている方がいます。実はストレスを感じると肌の水分が減ります。つまり水分を保つために必要だとされているヒアルロン酸やコラーゲン生成が抑えられるようになります。この結果、肌はどんどん乾いて乾燥してきます

 

この事実を知らない方が多いようですが、乾燥すると逆に肌は肌を潤そうとします。そして皮脂が過剰に分泌されます。

 

乾燥した状態が続くと角質がはがれやすくなり、毛穴も詰まりやすくなります。そしてニキビができて場合によっては増えます。

 

このように精神的なことはとても肌に影響します。仕事や家事、人間関係、子育てなど色々なことでストレスを抱え込んでしまうと皮脂の量が増えるということです。肌の潤いはストレスを感じている時ほど必要です。乾燥しないように注意しましょう。

 

女性なら愚痴を言い合うお友達というのが一人はいるはずです。仲良しの友達に仕事や子育てのことを愚痴ってみましょう。その方とお互い心配事が話せる中なら、なるべく小出しにして溜めないように話してみましょう。

 

聞くほうもしんどいかもしれませんが、お互いに何かあったら聞いてあげるという関係にしておくと良いでしょう。

 

女性なら好きなだけケーキバイキングを楽しみながら話してみることです。 この「話す」という行為はストレスを発散することができる方法です。不安を感じている時、孤独や圧迫を感じている時、話すことでストレスホルモンが減少すると言われています。

 

そして話すことで今まで気が付かなかった解決法も気が付いたりします。自分だけでは解決できない時は話すことで思いつかなった解決策も手に入れることが可能になります。昔から女性がおしゃべり好きなのはこのようなストレス発散という意味もあるのかもしれません。

 

 

上手にケアしているつもりでも跡になってしまう場合もあります。この跡になるのは4つのタイプがあり、治っても赤みが残るタイプ、紫や茶色といった色素沈着を起こしてシミになるタイプ、肌表面が凹凸になりクレーターのようになるタイプ、皮膚が固く盛り上がりしこりのようになるタイプです。

 

しこりが最も状態が悪化した場合に起こります。実はクレーターやしこりは自己メンテで治すことは不可能です。赤みやシミならビタミンC誘導体が配合されている化粧水などを使うことで徐々に薄くしていくことが可能です。

 

またクリニックでもこのような状態を治療する塗り薬(ダラシンT、アクアチムという名前で処方されます)があり、炎症を抑えてくれます。

 

色素沈着の場合も同様で市販されている化粧水やクリームよりも濃度が濃いビタミンC誘導体やグリコール酸などが配合された薬を出してくれます。 凹凸が残ってしまった、盛り上がってしまったという跡には美容皮膚科や美容クリニックでピーリングや光レーザーの治療があります。

 

ピーリングはケミカルピーリングで1回1万円程度から施術を受けられます。ピーリングは古い角質をとる方法です。光レーザー治療はレーザーを当てることで自己修復する力を生み出すと同時に殺菌してくれます。重い跡にも有効だと言われていますが、クリニックによっては治療の後、肌が復活するまで数日かかることもあります。

 

ストレスによるニキビには自律神経の乱れで男性ホルモンが増えること、ストレスホルモンが原因であることがわかりました。

 

それらが起こる理由はストレスによって身体が抵抗しているから過剰にホルモンが増えるというメカニズムです。 現代人はストレスと戦いながら生活を送っていると言えます。多くは職場・勉強・個人的な生活…。

 

人によって色々な理由がありストレスと付き合わなくてはなりません。しかしこのストレス解消は実は一生を通して対峙する問題です。上手に解消すればニキビだけでなく、今後あるかもしれない大病を予防することにもつながります。

 

精神的に不安定になると睡眠不足や腸内環境が悪化することもあります。これもニキビの原因です。

 

そこで取り入れたいのがここでご紹介した自律神経を整える方法です。セロトニンを増やすために太陽の光を浴びる、軽めの運動をする、食生活に気を付けてみる、香りの効果を生かすなど色々な方法をご紹介しています。 当事者は辛いでしょうが、少しずつでも日常に取り入れてストレス解消してみましょう。

 

精神的ケアもチャレンジして、なるべく内側と外側両方のアプローチをしてみてください。

 

プロアクティブの画像

プロアクティブ

【有名人も多数愛用!】

★初回限定3000円オフ

★今だけ洗顔+ボディブラシプレゼント

60日間返金保証でリスクゼロ!

公式サイトを見る→