思春期ニキビはどうしてできるのおすすめのスキンケアグッズ5選|ニキビット
ホーム >> ニキビコラム >> 思春期ニキビ >> 思春期ニキビはどうしてできるのおすすめのスキンケアグッズ5選
更新日 2018.8.10

思春期ニキビはどうしてできるのおすすめのスキンケアグッズ5選

“青春のシンボル”ともいわれる思春期ニキビ

周りの大人からすれば「思春期にニキビができるのは当たり前のこと」かもしれませんが、本人としては「当たり前のこと」と割り切れないくらい、ニキビのある肌はそれだけで大きなストレスになってしまいますよね。

ニキビがあるといろいろなことに積極的になれなかったり、外に出るのが嫌になってしまうものです。

思春期ニキビは一度治っても何度も繰り返してしまうことが多く、治りにくいものです。

しかし、治りにくいからと言ってあきらめる必要はありません。

10代は肌の保水力が高く、肌の生まれ変わりであるターンオーバー力も高いため、肌に合ったケアをすれば効果を実感しやすいと言えます。

本コラムでは思春期ニキビの改善のために毎日行ってほしい正しいケア方法と、おすすめのケアアイテムをご紹介します。

思春期ニキビとは

AGA_関係の画像

中高生の肌トラブルの第一位はずばり「ニキビ」ですね。

今まさに中高生でニキビに悩んでいるという方や、その親御さんなどは、「なんとかしてニキビを治したい」と強く思われることでしょう。

ニキビがあることで、せっかくの輝かしい青春時代を楽しめないなんて、もったいないですよね。

まずはなぜ思春期にニキビができてしまうのか、その原因について解説いたします。

思春期にニキビができる原因として、まず挙げられるのが「ホルモンバランスの変化」です。

男性、女性ともに、思春期と呼ばれる10代の初めころから体内で分泌されるホルモンの量が劇的に変化していきます。

ホルモンの分泌量の変化は、身体の成長に伴うとても重要なもので、大人になるために必要な過程といえます。

具体的にどのように体内のホルモン分泌量が変化するかですが、男性であれば男性ホルモンが、女性であれば女性ホルモンが、それぞれ増えていきます。

しかし、女性の場合は女性ホルモンが増えると同時に、男性ホルモンの分泌量も増えます。

男性ホルモンには、皮脂の分泌を盛んにさせる働きがあるといわれています。

思春期にニキビが多くできてしまうのには、男性ホルモンの分泌量が男女ともに増えてしまうことが原因の一つとして考えられています。

また、急激なホルモン分泌量の変化に伴い、身体への影響としてニキビが現れているということもあります。

人間の体は、常にホルモンの働きに大きな影響を受けています。

例えば、女性であれば毎月月経があるのも女性ホルモンの働きによるものです。

そのため、ホルモンの分泌量が大きく変化する思春期にはニキビができやすくなってしまうのです。

思春期ニキビができる原因の2つ目としては、「生活習慣」があります。

毎日の生活のなかで何気なく食べている食事の内容や、睡眠、起床などの生活リズムが原因となってニキビができやすい状態になっていることがあります。

まず、ニキビができやすくなる食事内容ですが、油脂類を多く含む食品をとってはいませんか。

油脂類を多く含む食品の例として挙げられるのは、スナックやチョコレート菓子、揚げ物やチーズなどがあります。

思春期の頃には身体を健やかに成長させるため、たくさんのエネルギーを必要とします。

そのため、思春期になるとおなかがすきやすく、「いくら食べてもおなかが減る」なんてこともあるかもしれません。

身体が自然とカロリーを必要とするため、ついつい油脂類を多く含む高カロリーな食品を多くとってしまうかもしれませんが、そうした食品を多くとることで、肌表面を守っている皮脂が過剰に分泌され、ニキビができやすくなってしまうのです。

次に、ニキビができやすくなる生活リズムについてですが、皆さんも夜更かしや、朝ギリギリまで寝ているなんていうことはありませんか?

思春期の頃は、身体が大きく成長する時期で、「成長ホルモン」の分泌が盛んになります。

この成長ホルモンは、夜寝ている時間帯に多く分泌され、身体の成長や健康管理に大きな役割を持っています。

また、成長ホルモンは肌をきれいにするために欠かせないものでもあり、皮脂の分泌量のコントロールや、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進する働きを持っています。

そのため、生活リズムが乱れてよい睡眠が得られないと、肌をきれいに保つ働きが弱くなってしまい、ニキビができやすくなってしまうのです。

乾燥

思春期ニキビの原因の3つ目は、「乾燥」です。

思春期には、それまでと違い、皮脂の分泌が多くなるため、「きれいにしよう」と思って、必要以上に洗顔をしすぎてしまうことがあります。

洗顔のし過ぎは、肌をきれいに保つために必要な水分や油分までを落としてしまい、肌が荒れてしまう原因になります。

10代や20代の初めは、肌の保水力が高く、本来はきれいな肌をしています。

しかし、「肌がべたつくから」「ニキビができるから」と思い、必要以上に洗顔をしてしまうことで、もともと持っていた肌の水分と油分のバランスが崩れてしまい、かえって皮脂の分泌が増えてしまうこともあります。

間違った洗顔を続けていると、ニキビが治りづらくなるだけでなく、「頬は乾燥するのにTゾーンやUゾーンだけ脂っぽい」といった「混合肌」の状態になり、肌質まで変わってしまうこともありますから、洗顔のし過ぎは肌によくありません

思春期ニキビは4つのタイプに分けられます。

それぞれのタイプのニキビを特徴ごとにまとめました。

それまでは何もなかったきれいな肌に、突然赤い点のようなものができてしまうことがあります。

この赤い点のようなものは「赤ニキビ」と呼ばれ、ニキビのタイプのうちの一つです。

ニキビができたことに気づくときは、こうした赤ニキビの状態になってからという方も多いのではないでしょうか。

赤ニキビは、毛穴に詰まった皮脂を栄養にしてアクネ菌が増殖し、毛穴の出口が炎症を起こして赤くなってしまった状態のニキビのことをいいます。

見た目の特長としては、初めは赤みが見られるだけですが、進行すると、赤みだけでなく、触ると少しポコッと膨らんでいることがあります。

これは、毛穴の炎症がさらに進んでしまった状態で、適切に対処しないとさらに悪化してしまうだけでなく、肌表面にでこぼこが残ってしまうことがあります。

ニキビのできはじめに見られることが多いのが、「白ニキビ」です。

最もポピュラーなニキビのタイプで、多くの方がこの白ニキビを経験したことがあるのではないでしょうか。

ニキビの初期段階であるため、きちんとケアをすれば、比較的早く治すことができるタイプのニキビです。

白ニキビの見た目の特徴は、白いポツっとした小さな点のようなものができます。

これは、毛穴にたまった皮脂や余分な角質などが肌表面に現れている状態です。

痛みやかゆみなどの症状はほとんどなく、かつ見た目も小さな白い点のようなものができるだけのため、ニキビができたことに気づかずに放置してしまうケースもあります。

白ニキビを放置すると、毛穴の周りが赤く炎症をおこし、毛穴自体が腫れているようにみえる赤ニキビの状態になったり、さらに悪化してしまうこともあります。

白ニキビを見つけたら、すぐに正しいケアですばやく治してしまいましょう。

赤く腫れた毛穴から、黄色いドロッとした液体が出てくることがあります。

このニキビの状態を「黄ニキビ」と呼び、赤ニキビが悪化してしまった状態です。

赤ニキビは、毛穴が炎症を起こしてしまった状態ですが、この炎症が治らずにさらに進行してしまうと、毛穴の中に黄色い膿がたまってしまうことがあり、これが黄ニキビとなります。

毛穴の炎症がかなり進行しているため、触ると痛みがあり、場合によってはかなり強い痛みを感じることもあるでしょう。

洗顔をするのも大変かもしれません。

また、黄ニキビは毛穴が赤く腫れて膿が出ている状態のため、見た目としてもかなり目立ってしまいます。

そして、毛穴の炎症が進行しているため、かなり治りにくいニキビともいえます。

黄ニキビはかなり目立ってしまうため、何とかして早く治そうとして、手で膿を出したくなってしまうかもしれませんが、これは絶対にやってはいけません

刺激を与えてしまうと、黄ニキビの炎症が鎮静化した後にニキビ跡として残ってしまったり、最悪、肌表面がでこぼこになるクレーター状態になってしまうこともあります。

かなり治りにくく、かつ何度も繰り返してしまうことが多いのが黄ニキビです。

根気強いケアを続けることが、完全に治すためにとても重要です。

毛穴の中に、小さな黒い点のようなものができることがあります。

これは「黒ニキビ」と呼ばれる状態で、白ニキビが進行したものです。

白ニキビと同様に、痛みやかゆみなどの症状がほとんど感じられないのですが、とにかく毛穴に黒い点ができるため、目立つ上に汚く見えてしまいます。

見た目の特徴としては、毛穴のまわりが少しポコッと膨らんでいて、鉛筆の芯のようなものが毛穴に詰まった状態です。

過剰に分泌された皮脂が毛穴の外に押し出されている状態が白ニキビでしたが、黒ニキビは、その毛穴の外に押し出された皮脂が空気に触れることで酸化し、黒ずんでしまったものです。

黒ニキビは、特に皮脂分泌の盛んなTゾーンやUゾーンにできることが多く、特に鼻を中心にできやすいです。

鼻の毛穴が黒ずんでいて、いわゆる「いちご鼻」の状態になっている場合、進行すると黒ニキビになってさらに毛穴の黒ずみが目立ってしまうこともあります。

思春期ニキビの正しいケア方法

AGA_セーターを着た女性の画像

>

思春期ニキビを治すために、まず実践していただきたいのが、「正しい洗顔方法を行う」ことです。

ニキビができてしまう原因である余分な皮脂をきれいに取り除くことで、毛穴に皮脂が詰まるのを防ぎ、かつ肌表面を清潔に保つことで、ニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖するのを防ぐことができます。

正しい洗顔が行えていないと、皮脂を十分に落とし切れていないだけでなく、逆に落としすぎてしまうこともあります。

ニキビを治すためには、肌の水分と皮脂のバランスを整えることが重要です

ニキビケアの中で最も大事なのが正しい洗顔ですので、ぜひこの機会に覚えて実践していただきたいと思います。

それでは、基本の正しい洗顔方法をご紹介します。

①手を洗う

「洗顔の前に手を洗うの」と驚かれるかもしれませんが、顔に触れる手が雑菌だらけでは、ニキビを悪化させる原因になってしまうことも。

洗顔の前には、まずハンドソープやせっけんできちんと手を洗いましょう。

②ぬるま湯で顔を洗う

洗顔料を使う前に、肌をしっかりと湿らせます。

ぬるま湯で顔を洗うことで肌が柔らかくなり、毛穴を開かせて、余分な汚れを落としやすくする効果があります。

ぬるま湯の温度についてですが、肌のタイプに合わせて変えることで、より洗顔の効果を高めることができます。

脂性肌油分が多い肌タイプ、乾燥肌かさつきが気になる肌タイプ、敏感肌肌荒れを起こしやすい肌タイプ、それぞれの肌タイプによっておすすめのぬるま湯の温度が異なって来ます。

自分がどの肌タイプなのか肌への刺激はどの程度がちょうどいいのか調べてみてくださいね。

③洗顔料を泡立てネットでしっかりと泡立てる

洗顔料は、しっかりとコシのある泡になるまでよく泡立てましょう

泡立てネットを水でよく濡らしてから洗顔料をネットにとる、またはせっけんをネットの中に入れ、よくなじませます。

せっけんの場合はネットから取り出し、ネットをよくもんで泡を立たせます。

しっかりとした泡が立っていないまま洗顔を行うと、肌の汚れがじゅうぶんに落とせないだけでなく、摩擦の原因にもなり、肌表面を傷つけてしまうことがありますから、洗顔料がしっかりと泡立たせるようにしましょう。

④皮脂が気になる部分から泡を乗せ、優しく洗う

洗顔料がしっかりと泡立ったら、いよいよ顔を洗います。

TゾーンやUゾーンなどの、皮脂分泌が盛んな部分から泡を乗せ、目の周りは避けるようにして洗います。

洗い方は、優しく泡を滑らせながら、円を描くようにくるくると洗います。

特に、皮脂が気になる小鼻のわきや、あごなどは小さく円を描くように洗いましょう。

⑤ぬるま湯で洗い流す

顔を洗い終わったら、ぬるま湯できちんと泡を落としていきます。

ニキビがあるときは、できるだけニキビに触れないように気を付けながら、ぬるま湯だけが顔にかかるイメージで洗い流しましょう。

洗い残しには十分に注意が必要です。

肌に泡が残っていると、それが刺激となり、ニキビができやすくなってしまいます。

そのため、必ずきちんと顔全体を鏡で確認しながら泡を洗い流してください。

⑥清潔なタオルで優しく水分を拭く

洗顔後は、必ずお洗濯後の清潔なタオルで拭くようにしましょう。

使用済みのタオルは避けてください。

使ったタオルには、目に見えない雑菌がおり、それを使うことでニキビの原因菌を増殖させてしまう可能性があります。

以上が、基本の正しい洗顔方法になります。

この方法で洗顔を続けていれば、肌を刺激から守りながら、しっかりと汚れを落とすことができます。

注意点としては、洗顔の回数は朝と晩の数回にとどめることです。

洗いすぎは肌に必要な水分と油分まで奪ってしまうことがあるため、避けてください。

特に毛穴の開きが気になるという場合には、⑤のぬるま湯でのすすぎの後に、冷たい水で洗い流すこともおすすめです。

毛穴がキュッと引き締まり、頬が赤くなる赤ら顔の改善にも効果的です。

洗顔できちんと汚れを落としたら、次はスキンケアでしっかりと保湿をしていきましょう。

洗顔後、タオルで水分を拭きとった後の肌に使うのは、化粧水です。

化粧水は、肌に潤いを与え、肌を清潔に保つ働きのあるものがおすすめです。

基本の化粧水のつけ方は、1円玉くらいの大きさの化粧水を掌にとり、両手になじませたら、優しく肌を押さえるように化粧水を塗っていきます。

特に毛穴が気になる方には、「ふき取り化粧水」もおすすめです。

コットンに化粧水を取り、毛穴が気になる部分を中心にコットンをやさしく滑らせていくことで、洗顔では落としきれなかった汚れを落とすことができます。

乾燥肌や敏感肌の方は、化粧水の後に乳液や保湿ジェルを塗ります。

乳液や保湿ジェルは、化粧水で潤った肌の水分を守るためにフタをする役割があります。

そのため、量は肌にやさしく伸ばせる程度の量にとどめ、塗りすぎないように注意しましょう。

乳液や保湿ジェルの塗り方は、おでこ、両頬、鼻、顎の5点に置き、顔の中心から外側に向かって優しく伸ばしていく方法か、掌によく伸ばしてから顔全体に優しく乗せていく方法がありますので、塗りやすいと思う方法で塗りましょう。

食生活と生活リズムを改善することで、思春期ニキビの改善や予防に大きく役立つことがあります。

ニキビの改善におすすめの食材と、質のよい睡眠について解説します。

ニキビの改善には、まず身体が健康であることが基本です。

そのため、単に「肌によい」食品を取ろうとするのではなく、肌によくて、かつ身体を健康に保つためにもよい食品を多くとるように心がけましょう。

おすすめは、健康と美容に効果的な、「ビタミンB群」「ビタミンC」です。

この二つの栄養素は、身体の新陳代謝を高めて健康を促進するとともに、肌のターンオーバーを高め、肌荒れを予防する働きがあります。

まずビタミンB群についてですが、特に「ビタミンB2」「ビタミンB6」がおすすめです。

ビタミンB2は、身体と肌の新陳代謝を促進し、皮脂の分泌を正常にコントロールする働きがあります。

ビタミンB6は、新陳代謝を助ける働きがあり、肌荒れの予防にも効果的です。

これらを多く含む食品は、レバーや緑黄色野菜、納豆や豚肉、卵、乳製品などが挙げられます。

次に、ビタミンCについてですが、ビタミンCは美肌に欠かせない栄養素と言われており、肌の保水力を高める「コラーゲン」の生成を助ける役割があります。

また、ニキビ跡が色素沈着するのを防ぐ働きもあり、ビタミンB群と合わせて積極的にとりたい栄養素です。

ビタミンCを多く含む食品には、赤・黄ピーマン、アセロラ、レモン、柿、キウイフルーツ、ブロッコリーなどがあります。

食生活の改善とともに行っていただきたいのが、「質の良い睡眠」をとることです。

先に、成長ホルモンの分泌がニキビと大きく関わっていることをお話ししましたが、質の良い睡眠をとることは、思春期ニキビの改善に大きく影響しています。

ただたくさん睡眠をとる、というだけでは、質の良い睡眠とは言えません。

肌をきれいにさせる成長ホルモンがたくさん分泌される時間帯にしっかりと睡眠をとることが、ニキビの改善と予防に役立ちます。

成長ホルモンが多く分泌される時間は、「22時から2時の間」といわれており、この4時間を「肌のゴールデンタイム」と呼ぶことがあります。

つまり、この4時間の間にしっかりと睡眠をとっていれば、ニキビを悪化させる要因を減らして、かつニキビの改善が期待できるということです。

22時から2時の間にしっかりとした睡眠をとるためには、21時くらいには布団に入り、寝る体制を整えることが必要になります。

また、寝すぎは身体の体内時計を狂わせてしまい、成長ホルモンが正常に分泌されるのを阻害してしまうおそれがあるため、寝すぎにも注意してください。

思春期ニキビにおすすめのスキンケアグッズ

AGA_白い服の女の人の画像

プロアクティブ

【有名人も多数愛用!】
★初回限定3000円オフ
★今だけ洗顔+ボディブラシプレゼント
60日間返金保証でリスクゼロ!

_

ニキビケア用のスキンケアアイテムとして、最も知名度が高いといえるのがプロアクティブではないでしょうか。

プロアクティブについて、テレビCMや雑誌広告などでよく見かけるという方も多いと思います。

プロアクティブは、ラインで使っていただくことで、効果を実感しやすくなるシリーズで、ライン使いをすればニキビの改善が大きく期待できるシリーズです。

プロアクティブは、もともとアメリカで販売されていたシリーズで、日本で販売されはじめてからは15年以上たっています。

その間、日本人の肌向けに改良を重ね、プロアクティブとしてシリーズをリニューアルして販売されており、日本での販売に歴史と実績があります。

ニキビの改善に効果的な成分がたっぷりと含まれており、特にニキビの原因菌の殺菌力に優れています。

繰り返してしまうニキビ肌は、こうしたニキビの原因菌を落とし切れていないためにニキビが何度もできてしまうのですが、プロアクティブの強い殺菌力なら、ニキビをもとから改善してくれる効果が期待できます。

殺菌力が強いということは、それだけ肌への刺激や負担が気になりますが、日本人の肌向けに改良されたプロアクティブは、殺菌力だけでなく、保湿成分にもこだわったつくりになっています。

合成成分ではなく、天然由来の保湿成分をふんだんに使用し、肌にやさしい処方になっていますので、乾燥肌の方や、肌荒れを起こしやすい敏感肌の方でも安心して使うことができます。

そしてなんといっても、「60日間返金保障」がついているため、もし「肌に合わなかった…」という時でも、商品を返品することが可能です。

60日間の間に、商品をすべて使い切ってしまっていても返金保障の対象になりますから、「じっくりと試してから判断したい」という方にもおすすめです。

・価格

シリーズ 3ステップセット4,900円税込み

キュレルは、日本人の「乾燥性敏感肌」向けに開発された、敏感肌用コスメブランドです。

「敏感肌用コスメと言えばキュレル」といわれるほど、現在では定着しており、敏感肌の方だけでなく、ニキビに悩む思春期世代からも大きな支持を得ています。

ニキビ用コスメと言えば、肌がかさついたり、ツッパリ感が気になる商品が多い中、キュレルはニキビケアに加えて、高い保湿力が大きな魅力です。

肌の乾燥もニキビの原因になることが多いため、肌をしっかりと保湿してくれるキュレルはニキビに悩む方にとって強い味方になります。

キュレル皮脂ケアシリーズは、泡洗顔料、化粧水、保湿ジェルの全部で3商品で、シンプルで使いやすいところも魅力です。

特に、泡で出てくるタイプの洗顔料は、泡立ての手間がなく、洗顔料の泡立てが苦手な方でも正しい洗顔ケアができるため、おすすめです。

また、乾燥性敏感肌向けに開発されたシリーズのため、「乾燥がちなのにニキビができる」「化粧品で肌が荒れてしまう」という方でも安心して使うことができます。

ニキビ用のコスメは、それだけだと肌の潤い感が足りないと感じる商品も多い中、乾燥肌にも対応したキュレルの皮脂トラブルケアシリーズは、多くの肌悩みに対応できる万能型コスメと言えます。

乾燥肌にも対応できるというと、「肌のべたつきが気になるんじゃ」「皮脂が余計に出てしまわないか」など不安に思われるかもしれませんが、キュレル皮脂トラブルケアシリーズは、3商品すべてに「皮脂対策」成分が配合されており、特に洗顔料は「皮脂融解成分」を配合しているため、余分な皮脂は落としながらもうるおいの守られた理想的な肌を目指すことができます。

・価格

泡洗顔料本体、化粧水150ml、保湿ジェル120ml

本来は、「大人ニキビ用コスメ」として発売されたオルビスクリアシリーズですが、ニキビ肌の改善力の高さに評価が集まり、思春期ニキビの改善にも高い効果を発揮するということで人気のあるニキビケアシリーズです。

オルビスクリアシリーズは、徹底した「オイルカット処方」のため、シリーズすべての商品において、一切油分を使用していません。

そのため、ニキビ肌に悩む方には気になるコスメの油分を全く気にしなくてよいというのは大きな魅力の一つと言えます。

また、「ニキビを繰り返さない肌づくり」をテーマにしており、ニキビから肌を守る、肌のバリア機能の向上を目指し、2015年にリニューアルされたのが今の商品です。

和漢植物エキスを配合し、肌をもとからニキビを繰り返さない状態への導いてくれます。

「ニキビが治ってもまたすぐに新しいニキビができてしまう…」と、繰り返すニキビに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

オルビスクリアシリーズは、そうした方の強い味方になってくれるコスメと言えます。

2015年の商品リニューアルで、オルビスクリアシリーズは大きく商品がグレードアップしました。

洗顔料は泡立ち力が大幅にアップし、ニキビができている時でも、肌へのあたりを気にせずに洗顔ができるようになりました、化粧水は、ニキビの改善に効果的な成分をより肌に届けるために、浸透力がアップしました。

保湿ジェルは、肌の潤い感をより長い時間実感できるようになり、乾燥が気になる方でも使いやすい商品へとリニューアルしています。

「100オイルカット」「保湿力アップ」というメリットが増し、肌への優しさはそのままにニキビ肌への配慮がアップしたオルビスクリアシリーズで、ニキビを繰り返さない肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

・価格

薬用クリアウォッシュ120 1,404円

薬用クリアローション180ml 1,620円

薬用クリアモイスチャー50 1,836円

通販コスメ大手のDHCから、思春期ニキビ対策用コスメとして販売されているのが「薬用アクネコントロールシリーズ」です。

「思春期ニキビ用」として販売されているため、シリーズ全4商品がすべて税込み1,080円以下で購入できるというプチプライスなのがありがたいです。

シリーズの全商品がリニューアルされ、よりパワーアップしたDHCの薬用アクネコントロールシリーズ。

思春期ニキビにうれしい機能と成分が満載の、いわゆる「高コスパ商品」と言えます。

DHC薬用アクネコントロールシリーズなら、基本のケアは、洗顔→化粧水の2ステップで完了してしまうという、手軽さも大きな魅力の一つです。

使用するアイテムが多いと、その分購入するためにコストがかかり、ケアの時の手間も時間もかかってしまうものですが、DHC薬用アクネコントロールなら、だれでも手軽に本格的なニキビケアができるシリーズになっています。

思春期ニキビの大きな原因に、「過剰な皮脂の分泌」が挙げられます。

DHC薬用アクネコントロールシリーズでは、そうした過剰に分泌された余分な皮脂をしっかりと確実に洗い落とすことと、ニキビの原因菌であるアクネ菌の殺菌を目的としているため、思春期ニキビの改善に効果的にアプローチしてくれます。

皮脂の洗浄力と、アクネ菌の殺菌力に優れているということは、「保湿力に欠けるのでは」と思われるかもしれませんが、DHC薬用アクネコントロールシリーズは、思春期ニキビの原因の一つが、乾燥による肌の抵抗力の低下と考えているため、肌の保湿にも力を入れた商品になっています。

また、できてしまったニキビに直接アプローチする「スポッツエッセンス」と、ニキビ跡を残さないために有効な「ホワイトニングジェル」の併用で、よりニキビの改善への効果が期待できます。

DHC薬用アクネコントロールシリーズは、思春期ニキビに悩む方に、ぜひシリーズで使用していただきたいコスメの一つです。

・価格

フレッシュフォーミングウォッシュ130 918円

フレッシュローション160ml 1,080円

スポッツエッセンス15 864円

ホワイトニングジェル30ml 918円

オードムーゲ薬量ローションは、大手コスメ口コミサイトのニキビケア部門で2年連続2位を獲得するほど、ニキビケア用の化粧水として、不動の地位を築いている「ふきとり化粧水」です。

ふき取り化粧水とは、洗顔後に化粧水をつける前に、肌に残った汚れや皮脂を落として化粧水の浸透をよくすることを目的とした、いわゆる「プレ化粧水」のような役割を持っています。

使用方法は、コットンにたっぷりととり、優しく肌の上を滑らせるようにしてふき取っていきます。

コットンパックや、手で直接つけてもうるおい感を強く実感できる化粧水です。

オードムーゲの歴史は長く、思春期世代のご両親にも、「オードムーゲを使ったことがある」という方がいるかもしれません。

もともとは医療用として販売されており、病気やけがのために入浴や洗顔ができない方が洗髪や入浴・洗顔の代わりに使うことを目的として作られた化粧水です。

そのため、殺菌力や余分な皮脂汚れを落とす力に特化しており、そうした部分がニキビケアにも効果的と評判になり、思春期ニキビに悩む方たちの間で人気を得ることとなったのです。

使用感はスーッとした感触で、汗をかく季節にもうれしい使用感です。

また、オードムーゲ薬用ローションは、「ふきとり化粧水」として販売されていますが、高い保湿力をもっていることも魅力の一つです。

夏場や、乾燥肌以外の方であれば、洗顔後はこれ一本で十分潤いを感じられるほどです。

・価格

薬用ローション160ml500ml

「コスパ最強化粧水」として大人気のハトムギ化粧水。

大手口コミ投稿サイトでは、ベストコスメアワードを受賞するほどの実力派です。

もはや、プチプラ化粧水の代表的商品となったハトムギ化粧水ですが、ニキビ肌の改善にも効果的という声が多く、かつ、なんといっても手ごろすぎるその価格から、思春期ニキビに悩む1020代の間で大人気となっている化粧水です。

いわゆる、「基本的な化粧水としての機能」だけでなく、ニキビ肌の改善への効果は、配合されている成分が裏付けています。

ハトムギ化粧水に使用されている「ハトムギエキス」は、良質なアミノ酸を多く含み、かつ新陳代謝を促進するといわれている「ゲルマニウム」を配合していることで、肌のターンオーバーや、炎症を抑える働きが期待できるということで、ニキビの改善を目的とする方にも満足いただける化粧水になっています。

手ごろな価格なのに、その実力派十分なハトムギ化粧水は、思春期ニキビ悩む1020代の方に、ぜひためしていただきたい化粧水です。

・価格

702円税込み

「オロナインH軟膏」は、思春期世代にとっては、あまりなじみがないかもしれません。

もしかすると、ご両親のどちらかが「オロナインを使っていた」という方がいらっしゃるかもしれません。

オロナインH軟膏は、1953年に初めて製造された、大塚製薬を代表する商品の一つでもあります。

オロナインH軟膏は、あかぎれや霜焼けなどに塗る軟膏として、昔から「家庭の常備薬」である、長年愛され続けています。

そのほか、ニキビ用の軟膏としても昔から人気が高く、今でも「ニキビができたらオロナインを塗る」という習慣を定着させています。

殺菌効果が高く、かつワセリン入りで肌をしっとりさせる効果があるため、乾燥から肌を守りながら、「短期間でニキビを治したい」という方におすすめです。

使用時の注意点としては、ニキビができた部分にのみ塗るようにし、綿棒やコットンなどに適量を取ってニキビに乗せるようにして塗りましょう。

オロナインH軟膏は高い殺菌効果を持っていますが、ステロイドを使用していないため、敏感肌の方や、長期的な使用時によるステロイドの副作用が心配な方も安心して使用していただけると思います。

・価格

チューブ11g、30gボトル,100gボトル,250gボトル,500gボトル

ニキビ用洗顔せっけんとしては、大手通販サイトで何度も1位を獲得しているのが「NonA.薬用ニキビ専用洗顔石鹸」です。

まず驚くのが、その泡立ちのよさで、キメこまかい泡がへることなく洗顔中も持続します。

泡の弾力も高いため、洗顔時にニキビの患部に直接手が触れることなく、優しく洗顔することが可能です。

あらゆる世代におけるニキビケア用洗顔せっけんとして大人気のNonA.薬用ニキビ専用洗顔石鹸ですが、特に、ニキビを繰り返しやすい思春期ニキビに悩む多くの方から高評価を得ている実力派のコスメです。

洗顔せっけんというと、洗浄力が強く、「肌が乾燥しがちになるのでは」というイメージを持たれるかもしれませんが、NonA.薬用ニキビ専用洗顔石鹸は、肌の潤いを守るヒアルロン酸を贅沢に配合しているため、普段から肌のかさつきが気になる方でも満足していただけるほどの高い洗浄力と保湿力を両立しています。

NonA.薬用ニキビ専用洗顔石鹸は、キメこまかい泡が最後までへたれることがなく、毛穴の奥にたまっている皮脂までをかき出しながら洗うことができるため、肌本来を美しく保ちながら、ニキビの原因である皮脂対策をしっかりと行えるということで、思春期ニキビ改善の強い味方になってくれるはずです。

単品100g価格2,940円

・価格

3個セット7,980円

まとめ

AGA_まとめの画像

思春期ニキビができる原因から、ニキビの種類、ニキビの予防方法やおすすめのケア用品までをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

思春期ニキビは、その多くが急激なホルモンバランスの変化によって生じる一時的なものではありますが、大事な青春時代を楽しめなくなる要因の一つになりうる、厄介な存在です。

しかし、適切なケア方法と、正しい生活習慣、そしてご自身の肌タイプやニキビの種類に合ったケア用品を使うことで、改善することができるものです。

この記事でご紹介した内容は、思春期ニキビについての基本的な事柄ばかりにはなります。

まずは、ニキビができる原因やニキビの種類について知っていただき、ニキビケアを実践していただく際に、お役に立てれば幸いでございます。

プロアクティブ

【有名人も多数愛用!】
★初回限定3000円オフ
★今だけ洗顔+ボディブラシプレゼント
60日間返金保証でリスクゼロ!

_