ホーム >> ニキビコラム >> ニキビ薬 >> 大人ニキビを予防する方法を紹介!ニキビ治療を考えている人は必見
更新日 2020.6.4

大人ニキビを予防する方法を紹介!ニキビ治療を考えている人は必見

ニキビと言えば思春期特有の悩みで、大人になるともうニキビが出来ることはなくなると誤解している方は意外と多いです。

みなさんは「大人ニキビ」というニキビをご存知でしょうか?実は思春期ニキビよりもはるかにやっかいなのがこの「大人ニキビ」であり、早い段階で治療しておかないと、醜く跡が残り美しい肌を保つことが難しくなります。

今回は、「ニキビ治療方の決定版!これで大人ニキビを完全予防!」というテーマでお話ししていきたいと思います。

正しくニキビを理解し、正しい知識をもって大人ニキビを予防・撃退してしまいましょう。

それでははじめていきたいと思います。

ニキビの種類について

AGA_顔の画像

ニキビを大きく分類すると2種類あり、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の2つに分類されます。

思春期ニキビというのは、中学生・高校生といった思春期と言われる時期に多くの人が経験していると思いますが、ホルモンのバランスの崩れが起こす毛穴につまったアクネ菌が繁殖することで出来るニキビを指します。

主にTゾーンと呼ばれる額・鼻・頬の部位に出来るものが多く、油分を多く含んでいます。

 

もうひとつは大人ニキビ。

成人を迎えてからのニキビは、20代以降のニキビを指し、Uゾーンと呼ばれる耳下・顎・口周りに出来るニキビのことです。

男性ホルモン優位のニキビと表現されることもあります。

男女問わず、加齢と共に体内の酵素が減少するために、代謝が下がっていくのですが、代謝が下がることにより、血流も悪くなるため、結果として乾燥肌を引き起こし、乾燥した肌の角質が、毛穴に詰まり汚れがたまり大人ニキビが出来ます。

乾燥肌がきっかけとなり、肌のバリア機能が低下すると、大人ニキビは再発を繰り返し、手がつけられなくなります。

ニキビは状態も1種類ではありません。

いくつあるかご存知でしょうか?あまり知られてはいないのですが、ニキビの状態は実は「5種類」もあるんです。

状態は色で区別されるのが一般的なのですが・・・

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 黄ニキビ
  • 紫ニキビ

の5種類存在しており・・・白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ→紫ニキビという流れで状態は悪化していきます。

大人ニキビの治療方法について

大人ニキビ治療は、段階によって異なりますが、大人ニキビは基本的に男性ホルモンが優位になってしまい出来るニキビなので、女性ホルモン優位になるよう導いてあげることが大人ニキビ予防策、治療法となります。

具体的にどうするのかというと、洗顔と保湿を心がけ、男性ホルモン優位にならないような生活習慣を定着させることです。

たとえば、衛生的な生活や、バランスの良い食生活、十分な睡眠などがこれに該当します。

ニキビの状態によっても対処法は異なってきますので、下でさらに詳しく、それぞれのニキビの治療方をみていきましょう。

AGA_白い花の画像

白ニキビを作る前段階としては、角質の乾燥により、肌のバリア機能が低下してしまい、毛穴が収縮してしまってい、白ニキビに至ります。

普段から肌の乾燥と保湿を習慣化することで予防することが可能になります。

ただ、この段階は、目視できないものも多く、白ニキビが出来てはじめて気づくというパターンが多いです。

白ニキビはニキビの中では最初のステージなので、一番軽い状態に該当します。

炎症も起きておらず、潰して毛穴の皮脂を取り除けば治ることもあります。

皮膚科でも、同様の方法で治療するところもあります。

白ニキビは、ニキビの状態としては非常に軽いものになりますが、再発を繰り返したり、大量数の白ニキビが出来てしまう場合は、スキンケア習慣自体を見直す必要が出てきます。

予防策としては、ホルモンバランスを整える生活を心がけ、治療方法としては、皮膚科にて面法圧出(ニキビの内部にある膿や皮脂を取り除く方法)による治療が有効です。

白ニキビの段階で上記の対策を講じれば、跡が残ったりすることもなく、すぐに治療することが可能です。

AGA_チェスの画像

小さいホクロのようにポツポツと出てくる黒ニキビ。

潰そうとすると激痛が走るし、目立つから醜い、、、どうにかセルフケア出来ないのでしょうか。

毛穴につまった皮脂が空気中の酸素に触れ酸化し変色し、黒く見えるのが黒ニキビの正体なのですが、白ニキビ同様炎症は起きておらず、毛穴内で菌が繁殖し、やがては炎症が起きてしまう炎症予備軍です。

黒ニキビが悪化するとやがては赤ニキビになります。

黒ニキビは自分で治すことは可能です。

黒ニキビの根治方法は、やはり白ニキビと同様で、スキンケアに対する習慣の改善です。

洗顔と保湿がニキビケアの基本とされているのですが、これらを生活習慣に取り入れることで、赤ニキビに発展するのを防ぐことが出来ます。

医療機関では、白ニキビと同じ面法圧出で治療するところが多いと思います。

あまりに黒ニキビの量が多い場合や、治療しても治療しても再発する・・・という場合は、根治を目指すため「ホルモン治療」を検討されてみるとよいと思います。

既出ですが、大人ニキビとは、ホルモンのバランスが男性ホルモン優位になることで発症するニキビなので、ホルモン治療によって、女性ホルモン優位に導いてあげることができれば、黒ニキビの段階であっても、さほど恐ることはありません。

確かに見た目はお世辞にも綺麗な状態とは言えませんが、見た目ほど状態は深刻ではありません。

早い段階で早期治療を行うことができれば、問題にはならないと思います。

ただ、黒ニキビの段階だと、セルフケアにも限界がありますので、医療機関を受診した方が確実ではあります。

セルフケアで出来ることは、とにかく衛生的な肌の状態を保つことに留意し、生活習慣の中にスキンケアを取り入れます。

こまめに洗顔し、洗顔後は乾燥肌を避けるために、保湿を忘れないようにしましょう。

病院での治療は、一般的に毛穴の詰まりを取り除く治療を行います。

ニキビにオロナインが効果があると言われています。

実際にオロナインの効能、効果の欄には、にきびに効くと書いてあります。

ただし、ネットの情報などを見るとオロナインは炎症が起きていないニキビには効果が薄く、自己判断での対処は黒ニキビが悪化するおそれもあるので、注意が必要と書いてあったり、オロナインは消毒薬なのでニキビには推奨できないとするところもあるため、ご自身での判断が難しければ病院に相談をするのがよいでしょう。

まずは皮膚科を受診して、医師の指示に従いましょう。

自己判断は判断を間違うと危険なので、医師に聞く方が確実です。

大人ニキビは生活習慣の改善で、予防できますので、再発防止につとめ、ホルモンバランスの崩れを見直します。

可能な生活の見直し方法を下記にリストしますので参考にされてください。

  • 睡眠不足
  • 食生活の改善(偏った食事は避けバランスの良い食事と食事時間を心がける)
  • 運動不足

などを改善すると、ホルモンのバランスも整い出し、肌のターンオーバーサイクルを回復させることが出来、黒ニキビの予防も可能となります。

黒ニキビをはじめとする大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れで起きていることが多いので、生活習慣をみなおしにつとめましょう。

AGA_イチゴの画像

赤ニキビの正式名称は、赤色丘疹と言います。

ニキビがこの段階に入ると、著しい腫れが見られ、ダニに刺されたようにぷっくりと膨れ上がります。

黒ニキビが悪化するとこの状態になるのですが、赤ニキビになると、かなりの痛みや腫れを伴うので、セルフケアや、自然治癒は考えず、できるだけ早く医療機関を受診することをおすすめします。

赤ニキビは、毛穴に皮脂が蓄積され、アクネ菌がその皮脂を食べどんどん増殖していき赤ニキビとして悪さをしている状態なので、正しい対処をしなければ、次のステージである黄ニキビへと状態は悪化してしまうだけです。

赤ニキビとは、言い換えるなら皮膚炎と同じような状態なので、皮膚の炎症を止めなければ、根治または状態が改善されることはありません。

アクネ菌がリパーゼと呼ばれる酵素を使って、皮脂に含有される脂肪分を分解します。

皮脂の脂肪分は分解されると、遊離脂肪酸(脂肪細胞内に蓄積された中性脂肪が分解されて、血中に流れ出したもので、グリセロールと共に血液中に放出される)となり、この遊離脂肪酸が炎症を促し、、、

サイトカイン(タンパク質の一種で、免疫や炎症に関連している)

好中球走化性因子(好中球とは、白血球の一種とされ、<走化性(そうかせい、英:chemotaxis)とは、生物体(単一の細胞や多細胞の生物体を問わず、細胞や細菌など)の周囲に存在する特定の化学物質の濃度勾配に対して方向性を持った行動を起こす現象のことであり、化学走性(かがくそうせい)ともいう。

この現象はたとえば細菌がブドウ糖のような栄養分子の濃度勾配のもっとも大きな方向に向かって移動するために、あるいはフェノールのような毒性物質から逃げるために重要である。

という物質を作りだしニキビが真っ赤に腫れてしまうという現象が起こります。

赤ニキビの段階になるとセルフケアでの治療は出来ません。

自分で潰したりすると、跡が残り消えなくなるので、潰してはいけません。

治療法に関しては、ホルモン治療を主とし、中期的な治療が必要となってきますので、白ニキビや黒ニキビのようにすぐに治るというのは考えない方が良いと思います。

塗り薬も、ステロイドや抗生物質を使用し炎症をおさえる段階に入ってくるので、腰を据えて、これを機会にスキンケアを根っこから改善するよう努めましょう。

そうしなければ、この赤ニキビが仮に治ったとしても、また再発して悩みます。

同じことの繰り返しとなってしまうので、問題の原因は、根こそぎ摘み取るようにしましょう。

AGA_ズッキーニの画像

黄ニキビとは、赤ニキビの腫れの段階が悪化して、膿んでしまい黄色く変色したニキビの状態を指します。

化膿ニキビとしても知られています。

このステージまで状態がひどくなると、かなり綺麗に治すのも難しくなってきます。

症状を緩和する対症療法で、ニキビの進行を防ぎ、ホルモン治療とステロイド剤や抗生物質を使って長期的なスパンで治療していきます。

ニキビが膿んでしまう理由ですが、赤ニキビが炎症を起こした状態で、毛穴に収まり切らなくなると、膿が他の組織にまでもれだしてしまいます。

真皮層と呼ばれる表皮の奥まで炎症が達してしまっているため、跡を残さず綺麗に治すというわけにはいきません。

クレーターや凹凸、色素沈着といったさまざまな爪痕を残す辛い結果となります。

女性の場合でも、化粧で隠すのは難しいレベルです。

黄ニキビは激しい痛みを伴います。

菌が繁殖し更に状態が悪化(炎症の拡大)してしまう恐れがあるので、手で触れてはいけません。

黄ニキビの段階に達するまでニキビを放置していると、セルフケアでどうこうできるレベルではないので、すぐに医療機関を受診されることをおすすめします。

膿がひどい場合は、内服抗生物質でもより強力なものを使用することになります。

たとえば・・・

  • エリスロマイシン
  • テトラサイクリン
  • ミノサイクリン

炎症の状態にもよりますが、ステロイド剤を注射し、炎症をおさえることもあります。

他に炎症をおさえる手段として、医療機関が行ってくれる治療が・・・

  • LEDダイオード療法
  • ロングパルスYAGレーザー
  • アレキサンドライトレーザー

などがあります。

美容皮膚科で使用されている実績のあるレーザー機器を使用しますので、レーザー治療といっても、特に不安がる必要はありません。

もし懸念点があるのであれば、事前に担当の医師に相談し、カウンセリングを受けてから、治療という形をとりましょう。

黄色くなる段階まで大人ニキビが進んでしまうと、長期スパンでの治療となるのは否定できません。

そのため、医療機関によっては漢方薬の服用をすすめるところなどもあり、漢方は身体への負担も非常に少ないため、即効性を求めないのであれば、漢方薬でのニキビ治療という選択肢もありだと思います。

ホルモン治療は、黄ニキビにも有効な治療方なので、医師と相談の上、もっとも適した治療方を取り入れ対処していくと良いでしょう。

紫ニキビが、ニキビの最終ステージ。

最悪の状態です。

ここまで放置する人は、あまりいないと思いますが、炎症が最悪化しているため、血がたまり膿が生じ、ジュクジュクして腫れ上がっているため、見た目もすごく、絶対にセルフケアしようなどと考えてはいけないレベルの究極の状態です。

痛みも激しいですし、血も出ますから、これを放置出来る人はいないと思いますが。

この段階の治療となると、治療というよりも切開手術で、中にたまった内容物を除去しなければいけないので、根気と時間、体力も必要になってきます。

治療法もいろいろ試さないといけなくなってくるので、ホルモン治療や漢方薬、塗布薬などを使って、長い期間をかけて治療していく必要が出てきます。

紫ニキビの状態まで放置してしまうと、ほぼ確実に瘢痕(ニキビ跡)としてデコボコした状態が残ってしまい、女性の場合でも化粧では隠せないほどの凹凸状態になってしまいます。

ニキビ跡は絶対に治らないというわけではなく、長期的に治療を続ければ少しずつ改善されてはいきますが、完全に元通りとなるのは難しいと思います。

半額キャンペーン中!「ラ・ミューテ」でニキビケア

3>

【大人ニキビを治したい女性へ】

今だけ★半額★でお試し可能! ラ・ミューテは、女性ホルモンに着目した高級ローズ化粧品。

大人ニキビ、肌荒れ、乾燥が気になる方にご好評頂いています。

詳しくは左の画像からご覧ください。

ラ・ミューテPC公式サイト

ニキビ治療の間違った認識(都市伝説?)について

AGA_伝説の画像

ニキビ対策として洗顔していれば治るまたは予防出来ると思い込んでいる人は非常に多いです。

おそらくは、思春期ニキビができていた時期に、周囲もみんな汗をかいたら洗顔してということをしていたためだと思われますが、正しく行わなければ、洗顔しても悪化するケースがあるので注意が必要です。

洗顔の正しい手順としては以下のようなものが理想的です。

※以下の洗顔の仕方はあくまで毛穴のケアとして位置付けてください。

ニキビが治るというわけではないとご理解ください。

1:蒸しタオルなどで数分顔を蒸らす(洗顔前)

この下準備を行うことで、顔の毛穴が開き洗顔する際に毛穴の汚れを取り除き安くなります。

あまり暑すぎるのは火傷の原因や肌を痛める危険性があるのでいけませんが、適温で、顔を蒸らします。

蒸しタオルの作り方ですが、水で濡らしたタオルをレンジで1分ほど加熱する(ワット数が電子レンジによって異なるので、加熱する時間は、タオルの温度を見ながら調整してください。

火傷の原因となります)

2:専用の洗顔フォームで顔を洗う

蒸しタオルで毛穴が開いたら、ニキビ用の洗顔フォームなどを使って、毛穴から汚れを取り除きます。

この時に注意してもらいたいのが、あまりゴシゴシ洗わないことです。

体を洗うタオルなどもそうなのですが、繊維が荒い=ゴシゴシ洗えるので汚れが落ちると誤解している人が非常に多いです。

力任せに洗うのは、肌を傷つけるだけなので、優しくマッサージをするように顔を洗っていきます。

コツとしては、指や手のひらでこするのではなく、泡立てた洗顔フォームの泡を手で押しながら「泡で洗う」ようにすると良いです。

たまに爪を立てて洗う人もいますが、論外です。

絶対にやってはいけません。

ニキビが悪化するだけです。

3:洗い方の正しい順番

洗顔をする際に注意しておきたいのが、洗う箇所の順番です。

感覚としては、皮膚の厚い部位から洗っていき、徐々に弱い部分へ移行していく形で洗っていくのが理想的です。

Tゾーンなどの部位は皮膚もあつく皮脂も多いため、最初に洗っておき、その後に頬や目の周りなどを洗うようにします。

あとは全体的に洗い、洗い終えたらなるべく早く洗い流しましょう。

泡をつけたまま長時間放置しておくのは不衛生なのでニキビには悪影響です。

それと、すすぎ残しのないように、綺麗に洗い落とすことが基本となります。

ぬるま湯で洗い流すのが理想です。

4:綺麗に水分を拭き取る

最後はきれいなタオルで、顔に残った水分をすべて除去して洗顔終了です。

水分をタオルで拭き取る際も、ゴシゴシと拭き取るのではなく、優しく水分を拭い去るような感じで肌を傷つけないようにしてください。

ぬるま湯で洗い流したり、肌を傷つけないように洗顔する理由として、皮膚を保護するバリアを傷つけてしまう恐れがあるためです。

バリアが剥がれると、肌はアクネ菌や細菌をはねのける力がなく、菌が繁殖しやすい状態になり、当然ニキビもできやすくなってしまいます。

せっかく洗顔しても方法が間違っていれば、ニキビはよくなるどころか悪化することだってあるわけです。

正しい手順と知識をもって、洗顔を行うことが日々のニキビ予防につながるということですね。

結論は、洗顔をしていればニキビは治るというわけではありません。

正しい手順と方法で行えば、ニキビ予防とニキビの治療につながります。

AGA_化粧品の画像

これも間違いです。

よく、汗をかいたらすぐに洗顔するという人がいますが、これは最低限必要な皮脂のバリアまで除去してしまう恐れがあるので、逆に乾燥肌を引き起こしてしまいます。

結果としてニキビができやすい状態が出来上がりますので、洗顔の回数は1日朝晩の2回くらいにしておき、保湿することも忘れずに洗顔は行いましょう。

あぶらとり紙なども同様で、過剰に皮脂を取り除くことはNGです。

適度な顔の油分は、皮膚を保護するために必要なものなので、どうしても気になる場合は、ティッシュなどで優しく拭き取るくらいにしておきましょう。

AGA_チョコレートの画像

これも間違った都市伝説です。

どういった経緯でそのような都市伝説がうまれてしまったのかはわかりませんが、ピーナッツやチョコレートを食べるとニキビが出来るという事実はありませんし、未だ立証されていないので、根拠もありません。

アーモンドなどもニキビの原因とはなりません。

ただ、どんな食べ物でもそうなのですが、食べ過ぎるのはよくありません。

偏食は、身体へ負担がかかるため、体が弱り免疫力や抵抗力が落ちている時に、間違った洗顔などをしてしまえば、当然ニキビはできやすくなるでしょう。

しかしながら、これは食品のせいではなく、片寄った生活習慣に問題があるので、改めるべきはそこであり、チョコレートやアーモンドではありません。

AGA_はてなの画像

これはケースバイケースです。

ニキビの段階によります。

医療機関によっては、面法圧出という方法で、皮脂を毛穴から押し出すように取り除きますし、白ニキビの段階であれば炎症も起きていないので、潰しても良いという話も聞きます。

しかしながら、どれも自己診断での判断はニキビの状態を悪化させる恐れがあるので、よくありません。

特に黄ニキビはニキビが膿んでしまっていて危険な状態なので、専門家の指示を仰いでおくほうが無難だと言えるでしょう。

専門家の意見を参考にできるならばそのほうが安心してニキビのケアをできますからね。

白ニキビ前の段階であれば、上記で挙げた正しい洗顔と、生活習慣を行っていればニキビになる可能性は低くなりますし、予防も可能です。

しかしながら、特に赤ニキビ以降になると自分で対処するのには限界を感じるはずです。

それならば最初から病院で早期治療を行ってもらう方が確実です。

日本のニキビで悩んでいる人の受診率は、世界的に見ても非常に低く、ニキビに対しての意識も低いと考えられます。

女性などは特に、ニキビを放置すると、色素沈着やクレーターの原因にもなり、美容の面から見ても、望ましくない結果をもたらしますので、早期治療をおすすめします。

※<>内「走化性の定義」は、wikipediaより抜粋

URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%B0%E5%8C%96%E6%80%A7

プロアクティブ

【有名人も多数愛用!】
★初回限定3000円オフ
★今だけ洗顔+ボディブラシプレゼント
60日間返金保証でリスクゼロ!

_