ホーム >> ニキビコラム >> ニキビ跡 >> ニキビ跡の色素沈着を治す方法は?
更新日 2018.8.10

ニキビ跡の色素沈着を治す方法は?

ニキビが治った後に紫色あるいは赤黒い色、シミのような茶色い色素が肌に沈着しているのを見たことはありませんか?

このようなニキビ跡 は痒みや痛みなどはあまりありませんが、色味が強いので目立ってしまいがちです。

しかし私達は手も足も出ない、ということはありません。

今回はニキビ跡の色素沈着の原因からカバー方法などをお話させていただきたいと思います。

ニキビ跡に色素沈着が起きる原因は?

まず色素沈着がみられるニキビ跡には2つのタイプに分けられます。

1つは紫色 もしくは赤黒くなる タイプです。

こちらのタイプは強く押すなどの刺激を加えますと、少なからず痛みを感じる のが特徴です。

このような色になる原因は、ニキビによってダメージを受けた肌の内部に血がにじみ出てしまっているからです。

痣をイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。

肌の内側に血がにじみ出てしまっているのはニキビの症状である炎症や化膿によって真皮の毛細血管が壊された ことが起因しています。

また内部の出血が見えやすい理由としましてはニキビの腫れで皮膚が薄くなっているからです。

もう1つは紫色もしくは赤黒い色をしたものが時間の経過によって茶色の斑点に変わったタイプです。

こちらの色素沈着は痛みがなく 、シミと呼ばれる老化現象の1つでもあります。

原因は紫色もしくは赤黒い色のニキビ跡の時点で紫外線などを多く浴びたことによりメラニン色素が沈着してしまったことが原因ではないかと考えられています。

ニキビによってダメージを受けている肌は弱く、紫外線などからその皮膚を守るためにメラニン色素を大量に放出します。

そして肌が生まれ変わるときにこのメラニン色素は本来ならば排出されるのですが、量が多い場合は肌の内部に残り定着してしまうそうです。

色素沈着は化粧品でカバーできる?

◇▲美白成分配合の基礎化粧品がおススメ!


ニキビ跡の色素沈着には美白成分が配合された基礎化粧品 が有効的です。

ニキビ跡の色素沈着は紫外線によってできるシミと同じ原理ですので、美白系化粧品でカバーすることができるのです。

メラニンの生成をブロックしてくれるビタミンCブライトニング効果 のある食部成分や、保湿成分 が含まれていたりする化粧品が良いでしょう。

他にも紫外線などの外的ストレスから肌を守ってくれるピクノジェノールR という成分が配合されている化粧品もニキビ跡に効果があると考えられています。

しかしこのようなセルフケアを行っていてもニキビ跡の色素沈着が改善しないようでしたら、皮膚科へ相談しに行きましょう。

プロアクティブ

【有名人も多数愛用!】
★初回限定3000円オフ
★今だけ洗顔+ボディブラシプレゼント
60日間返金保証でリスクゼロ!

_

色素沈着を治す薬は?

ニキビ跡の色素沈着に効くハイドロキノンという薬があります。

ハイドロキノンは別名『肌の漂白剤』ともいわれる薬ですが、スキンケアコスメにも一部配合されています。

ハイドロキノンはメラニンを作るメラノサイトという細胞を減らす作用があると考えられているからです。

たとえばアンプルールの美容液にはこのハイドロキノンとアルブチン・ビタミンC誘導体でニキビ跡の色素沈着のケアを行ってくれます。

またビーグレンというスキンケアアイテムは真皮まで達している色素沈着にも特許技術によってハイドロキノンが届くよう改良されているそうです。

またハイドロキノンはトレチノイン という薬と併用することで効果が高まるそうです。

トレチノインとはビタミンA誘導体で、毛穴の詰まりを防いだり皮脂腺を抑制したりする働きがあります。

色素沈着をレーザー治療などで改善

ニキビ跡の色素沈着がずっと残ってしまっている場合は肌の表面を削らない、IPLという光を皮膚に照射して治療する方法が適しています。

しかしニキビ跡のレーザーや光治療には保険が適用されない自由診療のためクリニックによって料金は様々です。

IPLは幅の広い波長帯の光で、赤みを改善してくれる他にも皮膚の代謝を改善してくれたり、コラーゲンを増やしてくれたりします。

こちらの光治療は治療中の痛みが少ないこと・治療後の皮膚の再生までの時間がほとんどないことが特徴的ですが、治療回数が必要となります。

こちらの治療はクリニックによって光治療・ライムライト・フォトフェイシャルなど使用する機器によって治療名が異なります。

他にもエルビウムヤグレーザーや炭酸ガスを用いて肌の表面を削る蒸散タイプの治療法や真皮層にレーザーを点状に照射するフラクショナルタイプの治療法があります。

フラクショナルタイプは蒸散タイプと違い、治療後に皮膚が再生するまでの時間が短くなっています。

ただし、どの治療も毎日のスキンケアが重要となってきますので、自分のライフスタイルに合った治療を選びましょう。

まとめ

ニキビ跡の色素沈着には様々な手法で改善できることが分かりました。

学校や仕事で忙しい人でもニキビ跡の色素沈着で悩まれていてもシミができる原理と同じなので、ドラッグソトアやインターネットで販売されている美白化粧品 や薬を使って手軽に自宅でケアをすることができます。

それでもニキビ跡の色素沈着がなかなか改善されないようでしたら、レーザー光治療などを受けてみられても良いかもしれません。

こちらの治療は保険が適用されない 自由診療となっていますので、金銭面や治療方法などで不安がある場合は納得がいくまで医師と相談するようにしましょう。

どうしても自分ではニキビの対策がわからない、自分に合った治療を受けたい、という方は、本サイトの病院検索からニキビ治療のプロを探すことをおススメします。

間違った方法で対処してしまうと、悪化する可能性があるため、まずは、病院を探すところから始めましょう。

病院検索はこちらから

湘南美容クリニック

【ニキビの根本解決で美しく】
*全国75院展開で通いやすい
*どんなニキビ・ニキビ跡も改善!
*丁寧な無料カウンセリングで最適な治療を!

_